×
自己資本比率について解説するページです。そもそも自己資本比率とは何を示す数値なのか、それによって何がわかるのか、などをご紹介。企業の力を正しく読み解きたいという方は、ぜひ自己資本比率についての知識を身につけましょう。
2016/11/26

自己資本比率って何?

自己資本比率って何?

自己資本比率とは会社の総資本における自社資本の割合を言います。それに対して他人資本は返済が求められる資本で、自己資本は株主の株式とこれから生み出す利益を含めたもので、総資本は総資産と同額になります。

自己資本比率どれくらいが理想的?

自己資本比率の計算式は((総資本-他人資本)÷総資産)×100となります。銀行などでは8%ぐらいで安定した企業として認められますが、一般企業ではもっと厳しく40%以上が安定した企業、70%で理想的な企業と考えられています。

自己資本比率の高い企業は、資金繰りが上手くいっているとみなされ信用もされます。そのため銀行などが貸し渋りをしないためさらに資金繰りが良くなっていく傾向にあります。

自己資本比率だけで企業を判断できるの?

自己資本比率で会社の将来性のすべてが分かるわけではありません。ただ安定した企業の目安として自己資本比率は役立ちます。例えば同じインターネット業界でもミクシィの自己資本比率は84.5%(2014年3月期)ですが、この自己資本比率の高さはインターネット事業が多数の商材を買わなくて良いことに起因します。

同じインターネット業界でも企業買収などを行っている楽天は11.5%(2014年12月期)です。だからと言って楽天の企業としての価値が低いという事はありません。

手堅く行くか、冒険するかといった違いが出ているのです。但しそうしたアグレッシブな企業活動を行っていないのに自己資本比率が低い企業は実際に安定性がない企業なので注意が必要です。

自己資本比率と併せてみたい売上高経常利益率

自己資本比率以外に会社の状態を見る指標となるのが売上高経常利益率です。計算式は経常利益÷純利益×100となります。0%以下が赤字で、3%前後が普通となっています。

この数字は経営成績を見るのに用いられますが、自己資本比率は長期の会社の経営状態を判断することができます。自己資本比率とあわせて就職、転職の判断材料にしたい大切な指標です。

会社の安定を割り出す指標自己資本比率

会社の自己資本比率を割り出せば、その会社の経営状態がざっくりとではありますがわかります。10%以下は危険信号ですが、中小企業であれば20%で黒字企業とみなされます。転職、就職の際はよく調べましょう。

関連する記事
2016/11/26
当期純利益って何?

当期純利益とは、1事業期間に企業が稼いだ純利益から法人税や住民税といった税金を差し引いたも…

2016/11/26
バランスシートって何?

バランスシートとは貸借対照表とも呼ばれ、企業の決算期など、ある時点での資産状況を表すシート…

2016/11/26
営業利益って何?

ニュースや新聞でも目にすることが多い営業利益という言葉ですが、どういう意味なのかよくわから…

2016/11/26
貸借対照表って何?

バランスシート(B/S)とも呼ばれる貸借対照表はどういう表なのでしょうか。貸借対照表の数字…

2016/11/26
損益計算書って何?

財務諸表の1つ、損益計算書(P/L)とはどういう表なのでしょうか。損益計算書とはどういうデ…

2016/11/26
関連会社ってどんな会社?

  A社がB社に対して人事、経営、財務に関して決定権を持ち、B社の株を20%以上…

2015/04/27
株式会社とは、一体どんな企業?

普通に生活していれば当たり前のように耳に入ってくる「株式会社」という言葉。ですが、正しい意…

2014/10/24
経常利益とは?

会社概要や決算書などで目にする機会の多い経常利益という言葉。利益について書かれた項目である…

2014/10/23
資本金って何?

資本金とは、その会社の株主が事業を円滑に進められるように出資した金額(株式の総金額)のこと…

2014/06/24
ブラック企業の見分け方

第30回(2013年)の流行語大賞においても、ベスト10入りした「ブラック企業」という言葉…