×
コアタイムという言葉の意味を解説するページです。求人情報内の勤務時間欄がフレックスタイム制の場合に見かけることの多いコアタイムという用語。どういう意味なのかご存知ですか?こちらでコアタイムの意味、チェック時の注意点を解説します。
2016/11/26

コアタイムってどういう意味?

コアタイムってどういう意味?

 

コアタイムという言葉を見聞きしたことはありますか?求人情報の働き方として「フレックスタイム」と記載している企業も増えてきました。コアタイムとは何か、どういう働き方なのかなどを解説していきます。

■コアタイムを理解するにはまずフレックスタイムを知りましょう

多くの企業では勤務時間が「9時から17時」などと決められていますが、社員が自由に勤務時間を選択できるのがフレックスタイム制です。フレックスタイム制とは、1日の出・退勤時刻を従業員が自由に設定できる制度です。所定労働時間(一定の期間の中で働く時間)を決めておき、その範囲内であれば、何時に出勤しても、何時に帰っても問題ありません。

労働者がその生活と業務の調和を図りながら、効率的に働くことができ、労働時間を短縮しようとするものです。

■コアタイムの意味と目的は?

フレックスタイム制の勤務において、この時間だけは必ず勤務していなくてはいけないという時間がコアタイムです。つまり、「必ず勤務すべき時間帯(コアタイム)」と「その時間帯の中であればいつ出勤および退勤してもよい時間帯(フレキシブルタイム)」とに分けられているのが特徴です。

■コアタイムを設定するときの注意点は?

コアタイムを設ける目的は、共同で作業する時間の確保やミーティング時間など企業によって様々です。例えば1日の中間、13時から15時をコアタイムに設定すれば、朝早くから働いて早く終業したい人も、逆に午後から深夜にかけて働きたい人それぞれの希望を取り入れることのできる時間帯になります。

一方で朝の9時からコアタイムを設定すると結果的にフレックスにした意味がなく、朝早くから全員が集まる必要性が出てきますので、時間設定は注意が必要です。

■コアタイムはフレックス制の労働時間で全員が集まる時間帯

労働者全員が好きな時間に出勤し帰宅すると、部門内の連携や上司との報連相に支障をきたします。フレックスタイムの中でも同じ時間に顔を合わせて情報の共有などを行うことを目的としてコアタイムがあります。

関連する記事
2016/11/26
パワーエレクトロニクスとは?

パワーエレクトロニクスについて解説するページです。これからを注目されているパワーエレクトロ…

2016/11/26
ディスクロージャーって何?

「ディスクロージャー」と聞くと映画のタイトルを想いうかべる人も多いでしょう。ここではビジネ…

2016/11/26
シフト制ってどんな働き方?

  シフト制とは、働く時間が8時間に限られず、労働時間帯も一定ではない働き方のこ…

2014/12/24
割増賃金とは?

割増賃金とは、従業員が時間外労働(残業)・休日労働・深夜労働を行なった場合に、企業が支払わ…

2014/12/22
DTPとは

DTPという言葉を聞いたことはありますか?印刷や出版、そしてIT業界で広く使われるようにな…

2014/12/10
日給月給制の意味

「日給月給制(にっきゅうげっきゅうせい)」という言葉をご存知ですか?求人情報の給与欄で目に…

2014/11/18
スタートアップって何だ?

突然ですが、スタートアップという言葉を聞いたことはありますか?ざっくり言うと、創業間もない…

2014/11/11
中小企業の定義と就職・転職するメリット

仕事探しをするうえで、大きな判断材料になりうる会社の規模や知名度。「せっかくなら、規模が大…

2014/07/26
公務員へ転職する方法「民間企業から公務員へ」

人気職種のひとつである公務員。しかし、転職しようと思っても「何をしたらいいのかわからない」…

2014/06/24
ブラック企業の見分け方

第30回(2013年)の流行語大賞においても、ベスト10入りした「ブラック企業」という言葉…