転職大辞典
転職活動を有利に進めるためのノウハウが満載!履歴書・職務経歴書に使えるネタ、
自己PRのヒント、ビジネスマナーなど、仕事にまつわる様々なノウハウについて解説します。
2016/11/26 公開

自己分析って何すればいい?|転職活動の基礎知識


自己分析のやり方は決してひとつではありませんが、その中でオススメできる自己分析方法や留意点についてご紹介します。

■自己分析とはなぜ必要なのか

自己分析とはそもそも何でしょうか。自己分析とは、できるだけ客観的に自分という人間の特徴や考えを整理することといえます。では何故自己分析が必要なのでしょうか。

人間は感情の生き物であり、自己愛から自分で自分を考える場合にはつい感情に流されたり、都合良く解釈したりする傾向があるからです。従って、客観的な基準や評価視点を参考として冷静に自己分析を行う機会が必要になってくるといえます。

■自己分析の基本的な方法例

自己分析のやり方には様々な方法がありますので、必ずこうしなければならないと堅く考える必要はありませんが、オススメできる方法のひとつをご紹介します。

それは「can」「want」「must」の3視点を冷静に考え、書き出してみるということです。「can」は「出来ること」、「want」とは「したいこと」、「must」は「自分がやるべきこと」という意味です。

これらを書き出すことで、より冷静に自分の考えをまとめることができます。

■自己分析は転職活動に直結する

ご紹介した自己分析の方法は、そのまま転職活動に役立てることができます。できることが整理されれば、志望している企業の中で貢献出来そうな役割を見出しやすくなりますし、やりたいことの整理は志望動機を考える上で大いに役立ちます。

■自己分析結果は何度も読み返してみよう

自己分析を実施した場合、大切なことは一度で終わらせずに繰り返し結果を読み返してみることです。そうすることで自己分析結果はより客観的になり、また内容を深めることができます。

written by

関連するキーワード