転職大辞典
転職活動を有利に進めるためのノウハウが満載!履歴書・職務経歴書に使えるネタ、
自己PRのヒント、ビジネスマナーなど、仕事にまつわる様々なノウハウについて解説します。
2016/11/26 公開

プランナーってどんな仕事なの?|お仕事ガイド


プランナーとは日本語で「企画者」の意味ですが、業界等でその役割や定義付けは異なります。プランナーと呼ばれる職業にはどのようなものがあるか、ご紹介致します。

■「プランナー=広告プランナー」ではありません

実は「プランナー」という呼称だけでは、何のプランナーなのか曖昧なところがあります。後程ご紹介しますが、webプランナーも、商品企画プランナーもプランナーの一種だからです。

その上で、「プランナー」とだけ呼称される場合が比較的多いのが「広告プランナー」です。広告代理店が広告プランナーを募集する際、広告という表現を省略して使用することがあるためです。

但し、正確には広告プランナーであって、プランナーとして限定される職種は基本的にないと理解して貰って構いません。

■プランナーの種類

プランナーには実にたくさんの種類があります。例えば次のようなものが挙げられます。
●webプランナー
●広告プランナー
●ウエディングプランナー
●政策プランナー

他には「ファイナンシャルプランナー」や「インテリアプランナー」の他、「商品企画プランナー」や「観光プランナー」といった資格名称となっているプランナーもあります。

■プランナーとは専門性を活かして企画立案する職業

例えばwebプランナーはwebサイトに関する専門的な知識が背景として必要だといえますし、ウエディングプランナーは結婚式に関する専門知識や、更にはホテルや式場といった業界との人脈等も必要となります。

つまり、専門性を有する人材がその分野で企画立案を行うのが「プランナー」という職業だと整理できます。

■何のプランナーになりたいのかが大切

ただ単にプランナーになりたいと考えても雲を掴むような話になってしまいます。従って、プランナーになりたいと考える場合はどのような専門分野を目指すのか、それを見定めることが先決と考えてください。

written by

関連するキーワード