転職大辞典
転職活動を有利に進めるためのノウハウが満載!履歴書・職務経歴書に使えるネタ、
自己PRのヒント、ビジネスマナーなど、仕事にまつわる様々なノウハウについて解説します。
2016/11/26 公開

履歴書で「得意な科目」はどう書く?|履歴書作成ガイド


履歴書によっては「得意な科目」を書く欄がありますが、その意味を考えたことはありますか?この欄を有効に活かすためのポイントや考え方などをご紹介。これから履歴書を書くという方は、ぜひ参考にしてください。

■履歴書に得意な科目がある理由は?

履歴書には学歴や職歴を書く欄とは別に、得意な科目を記入できる欄があります。得意な科目を記入できる欄があるのは、学歴だけでは把握できない学力面での「長所」を伝えるためです。

せっかくその長所を相手に伝えられる欄ですので、自分自身が得意科目だと思える科目は積極的に記入するようにしましょう。

■履歴書に得意な科目を書く場合のポイントは?

履歴書に得意な科目を書く場合のポイントは、できるだけ志望企業・職種に関わりが深いと考えられる科目を優先的に書くということです。たとえば、化学メーカーであれば化学や物理、金融機関であれば数学や経済などが考えられます。狙いは、採用担当者に活躍できるイメージを与えること。そのためにも、科目は絞ったほうがよいといえるでしょう。

■履歴書に書けるような得意な科目がない場合は?

得意な科目がないという場合も、なるべく記入するようにしたいです。記入しないことで、採用担当者に「入社意欲が高くないのでは?」という印象を与えてしまう可能性があるからです。体育でも美術でも構わないので、本当に得意科目と呼べるものがないか粘り強く考えてみてください。


    以上が、履歴書における「得意な科目」の書き方についての解説です。面接で得意科目について質問される場合があるので、その科目を得意とする理由やエピソードを明確に答えられるよう準備しておくことも大切。せひ参考にしてください。

    written by

    関連するキーワード