転職大辞典
転職活動を有利に進めるためのノウハウが満載!履歴書・職務経歴書に使えるネタ、
自己PRのヒント、ビジネスマナーなど、仕事にまつわる様々なノウハウについて解説します。
2016/11/26 公開

単身赴任って何だろう?|知っておきたいビジネス用語

単身赴任とは何か?単身赴任するにあたって注意することや準備することは?単身赴任期間を有意義に過ごすために、知っておくと便利な情報をお伝えします。是非、参考にしてくださいね。

■単身赴任に対する心構えって何でしょう

単身赴任とは、会社の辞令に従い、妻と子供を残して、一人暮らしを余儀なくされることです。日本では、数十万人の人が単身赴任を命じられています。大きな企業であれば、拠点も多いので、単身赴任を命じられることも多くなるでしょう。

異動を命じられた場合、会社で、マンションやアパートを用意してくれる場合もありますが、すべての会社でそうとは言えません。いざ、単身赴任を命じられた時に慌てないように普段から、ある程度の貯金をしておくようにしましょう。

また、単身赴任の異動日までに、会社内で引き継ぎ業務などもあり、引っ越し準備に十分な時間をかけられません。夫婦が協力しあって、スムーズに準備を進めましょう。

■単身赴任すると、生活費はどれくらいかかる?

単身赴任をするにあたっては、引っ越し準備金や、単身赴任手当、家賃などが会社から付与されることが多いです。単身赴任の生活費は、家賃を除いて、食費、雑費、光熱費を合計すると平均で約5万円と言われています。

一番の出費は、食費です。一般的に単身赴任者が1ヶ月にかける食事の費用は、2万円~3万円と言われています。毎日、外食ならとても楽ですが、これではお財布がもちません。

しかし自炊したからと言って、一人分では食材が余ってしまい必ず節約になるとも限らないのです。そんな時の心強い見方が、お弁当屋さんやコンビニです。特にコンビニでは、最近は少量パックの惣菜に力を入れていますので、なかなか便利です。

■単身赴任の時に必要な手続きは?

単身赴任で引っ越す際にいくつか必要な手続きがあります。
●転出届(市町村役場、区役所)
●転入届(転出した日から2週間以内に引っ越し先の市町村役場、区役所)
●銀行、クレジットカードの住所変更
●水道、ガス、電気の開始手続き(ガスの開栓には立ち合いが必要です。あらかじめ、利用開始日を連絡しておきましょう)
●インターネットや郵便物の転送手続きなど

引っ越してから、「しまった!」とならないように注意しましょう。

■単身赴任をするときの注意点は?

単身赴任となると、今まで、妻に任せっきりだった体調管理を自分でしなくてはなりません。監視する人がいないと、生活がついつい乱れがちになります。

お子様や奥様と離れた寂しさから、ついお酒を飲みすぎてしまったり、忙しさから外食が続いてしまったりして栄養バランスを崩してしまいがちです。また、しばしば寂しさから、浮気に走り家族崩壊などという危険もあります。

今は、Skypeやlineなど無料で会話を楽しむことが出来ますので、上手に利用して、家族とこまめに連絡を取り合いましょう。また、普段から趣味を持つようにしておくことをお勧めします。

■単身赴任を有意義に過ごしましょう

悪いイメージばかりの単身赴任ですが、単身赴任によって、自分の時間を取れるようになったり、家族の大切さを再確認できたという人も多いです。家族力を合わせて上手に乗り切りましょう。

written by