転職大辞典
転職活動を有利に進めるためのノウハウが満載!履歴書・職務経歴書に使えるネタ、
自己PRのヒント、ビジネスマナーなど、仕事にまつわる様々なノウハウについて解説します。
2016/11/26 公開

年功序列の意味とは?|知っておきたいビジネス用語


ビジネスにおける年功序列の意味は、勤続年数や年齢に応じて昇格や昇給を行うことです。日本独自の雇用形態実力主義や成果主義の対局をいく制度ですが、現在これを見直す企業が増えています。

■いい意味での年功序列とは

高度成長期における日本では終身雇用が基本で、企業に長く勤めた分、それに応じた昇格や昇給が望めました。その結果、雇用も安定していました。いい意味で年功序列が機能していたのです。

しかし平成不況に陥ってからは、実力主義や成果主義が重視され、企業に長くいれば偉くなれるという年功序列も神話と化しつつあります。

■年功序列の背景の意味

年功序列では、企業に入社して年を重ねるにつれ、仕事のノウハウや知識を蓄積することから、昇格、昇給を認めるという背景があります。また、若い時は給与に対して生産能力が上回り、年齢が増すと、逆に生産能力を給与が上回ります。

結果として若い時に生産性が上回っていた頃の分の給与を年をとってから受け取るという意味で、年功序列が採用されていました。

■年功序列廃止の意味とデメリット

年功序列が廃止されると、実力主義や成果主義に切り替わり、結果を残したものが高給を得るという、一見メリットしかないように思えますが、デメリットもあります。

それまで安い給料で成果を上げてきた中高年層が、若手と同じ働きをしなければ高給が保障されないということです。企業側からすると年功序列の廃止は良い意味で機能しますが、中高年の労働者のサイドから見ればこれまでの努力が実らなくなるというデメリットもあるのです。

■年功序列廃止が意味するもの

成果主義は能力のある若手の士気を高め、生産性を高めるのに役立ちます。年功序列の廃止はそうした意味ではメリットしか感じられませんが、将来に安定した給料を得られるという安定性を阻害するものでもあるのです。

written by

関連するキーワード