×
私服面接のマナーをご紹介します。応募企業から「私服で面接にお越しください」という連絡をもらって、ドキッとしたアナタ。どんな私服なら無難?そもそも本当に私服で行っていいの?……など、不安に思うことがたくさんあるのではないでしょうか。そこで今回は、参考となるコーディネートを画像付きで紹介します。
2018/05/21

私服面接のマナーとは?|参考コーディネート(画像あり)をご紹介

私服面接のマナーとは?|参考コーディネート(画像あり)をご紹介

応募した企業からの「面接には私服でお越しください」という連絡。正直、困ったという方は多いもの。「本当にスーツで行かなくていいの?」「どんな私服ならOKなの?」……など、いろいろ迷ってしまいますよね。

人は見た目が9割という言葉があるように、面接官の第一印象を良くするためには、身だしなみはとても大事です。だからこそ、私服で行なわれる面接は、しっかりポイントを抑えることで、有利になるチャンスがあります。是非、好印象な「私服」のポイントを理解して、面接に臨んでください。

1. 強制?任意?服装指定の見極め方法

「私服でお越しください」と「服装自由」の違いとは?

「私服でお越しください」「服装自由です」「あなたらしい服装」……など、同じ「私服面接」と一言にいっても、表記の違いで企業の意図がわかります。

私服が必須の場合

  • 私服
  • あなたらしい服装
  • カジュアルな服装

上記のような表記なら、私服でいくことをオススメします。とはいえ、「私服=普段着」ではないので、注意が必要です。就職活動における私服というのは、だいたいオフィスカジュアルを指していると認識しておきましょう。では、具体的にどんな服装でいけばいいのでしょう?詳細は、後ほどご紹介します。

スーツ着用OKな場合

  • 私服可
  • 服装自由

就活イベントや会社説明会などでは、このような表記の場合が多いです。カッチリとした場ではなく、あくまで説明を受ける場であることを強調させたい、という企業の意図があります。実際のところ私服でいく人は少数派になるケースが多く、スーツで行くことが無難かもしれません。もちろん、私服でも合否には、影響ありません。

2. 私服面接のマナーとは?

なぜ「私服面接」をするの?

「スーツなら迷わないのに……」と思ってしまう私服での面接。いったいなぜ採用担当者は私服での面接を行なうのでしょうか。その理由をご説明していきます。

「自由な社風をアピールしたいから」

IT業界やクリエイティブ業界をはじめとした企業は、内勤の仕事が多いことから、普段から私服勤務の場合が多いです。こうした自由な社風をアピールするために、私服面接をする場合があります。

「リラックスして望んでほしいから」

選考を進むかどうか判断するための会社説明会を設けている会社があります。その際には、まずは気軽に話を聞いてみてほしい、という考えから、私服OKとしている企業が多いようです。同様に、面接においても、リラックスして面接に望んでほしいという配慮があります。

「服装も見極めの判断材料だから」

ファッションセンスが仕事上で必要なアパレル企業の場合、服装も見極め材料になります。その他にも、明らかに社風と異なるタイプの服装の際には「会社には合わないかも……」と、判断されてしまう可能性があるので、注意しましょう。

「NG」な服装、「Good」な服装

NGな服装のポイント

ダメージジーンズ

普段着ではオシャレなダメージジーンズは、私服面接では、だらしない印象をもたれてしまいます。また、すそを引きずってしまってすれているものや、汚れが目立つものなどは、同様に清潔感がないと思われてしまいます。

パーカー

カジュアルスタイルの代表ともいえる、パーカースタイル。「ゼッタイにダメ」という服装ではないのですが、避けたほうが無難でしょう。

露出が多いもの

特に女性の場合は、胸元が大きく開いている服やミニスカートは、好印象ではありません。オシャレを意識するよりも、清潔感などを意識して洋服選びをしてみましょう。

 

OKな服装のポイント

  • シャツ
  • ジャケット
  • ブラウス
  • カーディガン
  • パンプス ……など

これらは男女共に、面接官に与える印象が良いでしょう。また、派手な柄物よりも、シンプルなコーディネートがオススメです。最後に、この服装でオフィスに行ったとき違和感がないか想像し、セルフチェックをしてみてください。

3. 具体的にどんな服装をしたらいいの?

コーディネート例をご紹介

これまで私服面接のマナーなどを紹介してきましたが、ここでは具体的なコーディネート例を画像付で紹介していきます。是非参考にしてみてください。

男性編

ジャケットを着た男性

ジャケットを着た男性2

ポイント

ジャケットにシャツを合わせると、スーツではなくても、フォーマルな印象を出せます。また、パンツもだぼっとした服装よりも、すっきりとした服装でGood。はずさないコーディネートとして覚えていきましょう。

女性編

シャツ・スカートスタイルの女性

ポイント

スカートは膝丈がベスト。椅子に座ったときに、気にならない程度の長さがよいでしょう。またカラフルな色合いでも、シンプルなトップスを合わせることで、女性らしいさわやかさを演出できます。

ジャケットスタイルの女性

ポイント

男性のファッションと同様に、ジャケットを羽織ることで、普段の洋服がオフィススタイルになります。ジャケットと合わせると、スタイリッシュにきまりますね。足元はスニーカーよりも、パンプスが良いでしょう。

 

いかがでしたか。ポイントを抑えれば、私服面接はもう怖くありません。私服面接で、面接官に好印象を与えてみましょう。

 

 

関連する記事
2018/08/22
面接の自己紹介のポイント(好印象を与える回答例付き)

無事書類選考を通過し、いよいよ面接へ。「自己紹介は何を話せばいいの?」と不安に感じる方も多…

2018/08/21
面接でスグ使える!志望動機の回答例・NG例 │よくある質問20パターン

どんな企業の面接でも、必ず聞かれる志望動機。とはいえ、はじめての転職活動であれば、志望動機…

2018/07/26
知っておきたい面接時の服装・髪型(スーツやメイク)のマナー

「人は見た目が9割」。そんな言葉を聞いたことはありますか?特に短い時間で行なわれる採用面接…

2018/06/04
面接のお礼状は書くべき?|お礼状の書き方やポイントを解説(例文あり!)

あなたは転職面接の後にお礼状を書いたことがありますか?「意中の会社で、面接でも手応えがあっ…

2018/04/11
面接で失敗しない“短所”の答え方|短所を聞かれた際のNG回答例、GOOD回答例

あなたの短所を教えてください―――。面接でこんな質問を受け、しどろもどろになってしまった人…

2018/04/06
筆記用具は面接の必需品?|今すぐ揃えたい「面接に必要な筆記用具集」

スマホのメモ機能やカレンダー機能を活用されている方が増える一方で、筆記用具を持ち歩く方は年…

2018/03/26
面接で不採用になりやすいNG言動|知っているだけで面接通過に繋がるポイント

書類選考を通過し、いよいよ面接当日。準備万端でのぞみ、話も盛り上がったのに、なぜか結果は不…

2018/03/16
面接中は笑顔が良い?真剣な顔が良い?|面接時の笑顔の程度、理想のタイミングを解説!

面接中は、誰もが緊張して笑顔がなくなりがちです。 ただ、表情が固くなると、あなた本来の魅力…

2017/11/24
面接での逆質問の仕方(何か質問はありますか?は恐くない!好印象な事例)

「弊社について何か質問はありますか?」 そんな面接官からの問いに、上手く答えられなかった……

2017/11/09
面接日程調整メールへの返信マナー(例文・文面付き)

書類選考に通過したのはいいものの、企業からの面接日程の打診メールに「どう返信しようか…」と…