×
求人原稿などに書かれていることも多くなった「離職率」ですが、その計算方法は意外と知られていません。離職率の計算方法や定義ですが、じつは企業によってまちまち。たとえば、面接で離職率について質問する時にも役立つ、計算方法についてお伝えします。

記事の概要を見る

求人原稿などに書かれていることも多くなった「離職率」ですが、その計算方法は意外と知られていません。離職率の計算方法や定義ですが、じつは企業によってまちまち。たとえば、面接で離職率について質問する時にも役立つ、計算方法についてお伝えします。
2014/11/28

離職率の計算方法

離職率の計算方法

求人原稿などに書かれることも多くなった「離職率」ですが、その計算方法は意外と知られていません。じつは企業によってまちまち。たとえば、面接で「離職率を企業側に質問する時のポイント」も踏まえてお伝えします。

◇離職率の計算方法|各企業における定義と計算方法を把握する。

離職率ですが、じつは法律などで定められた定義・計算はありません。そのため、企業によっても定義・計算方法はまちまち。多いケースを見ていきましょう。

離職率の計算方法は、企業によってまちまち

ケースA

「起算日(年度初め)から1年間の離職者数÷起算日における在籍者数×100」

・100名の企業で、起算日までに年間10名が退職。在籍者数が90名となった場合(その間に新たに採用した人数は除く)
10名÷90名×100=離職率約11%

ケースB

「新卒社員が3年以内に離職した割合」

・100名の企業で、10名の新卒社員を採用。3年以内に5名が退職した場合
5名÷10名=離職率50%

ケースC

「過去5年をさかのぼり、中途社員が1年以内に離職した割合」

・100名の企業で、2009年から2014年まで毎年2名ずつ計10名を採用。そのうち5名が1年以内に離職した場合
5名÷10名=離職率50%

※離職率とは「一定期間を定め、その期間内にどれだけの社員が離職したか?」を示した率。その“一定期間”にも規定はなく、企業によってさまざまな基準で計算されています。極端な例で言えば、3ヶ月間で計算することも可能。ですので、離職率0%を謳っている企業があったとしても、どのくらいの期間、どのような定義で計算したかがポイントになります。

◇離職率を計算するときのポイント。

「離職率」は、企業によって定義・計算方法が異なるものです。重要なのは、基準が曖昧な離職率を把握することではなく、「自分にとって働きやすい環境があるか?」という部分。たとえば、事前に社内を見学させてもらったり、現在働いている社員の方に話を聞いたり、社風や制度など含めて、マッチするかどうか慎重な見極めが重要と言えます。

※厚生労働省では「雇用動向調査結果の概況」にて、「年初の常用労働者数に対する離職者数の割合」として離職率を発表しています。

▼平成25年上半期の常用労働者の動き
離職者408万人÷常用労働者4593万人×100=約8.9%

https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/doukou/14-1/kekka.html

関連する記事
2017/11/16
資格があれば、転職も安心!転職のプロがおすすめする資格一覧

いつか転職するかもしれない。そのときに、確実なスキルの証明書となるのが「資格」です。漠然と…

2015/07/09
賞与の計算方法って?

賞与が支給されたときにビックリしたことのある方は少なくありません。事前に上司から提示されて…

2015/07/08
給与所得控除って何だろう?

給与所得控除という言葉を耳にしたことはあるでしょうか?なんとなく聞いたことはあるかもしれま…

2015/07/07
ボーナスにかかる税金と計算方法

ビジネスマンにとってのやる気の源泉の一つであるボーナス。ただ、なかなか知られていないのがボ…

2015/06/01
公益法人って一体何?

新聞やテレビで目にする「公益法人」とはどのような団体でしょうか。もし志望する職種の求人を見…

2015/05/01
出戻り社員の実態

「転職してみたものの、やっぱり元の会社がの方が良かった」。そう感じてしまうことはあると思い…

2014/11/12
最低賃金とは?

転職活動を始めるにあたり知っておきたい知識の一つ。それが、最低賃金についてです。TVのニュ…

2014/11/07
広報ってどんな仕事内容なの?

世の中の様々な職種の仕事内容に迫る、お仕事ガイドの第7弾。今回ピックアップするのは、広報の…

2014/11/05
限定正社員ってどんな働き方?

2013年、アベノミクスの成長戦略の一つとして盛り込まれた『限定正社員』という働き方。導入…

2014/07/16
第二新卒・既卒って何?

  第二新卒(者)、既卒(者)という言葉が、転職市場において定着しました。企業が…