【最新版】エン転職の会員データはコチラ!公式サイトが徹底解説

データイメージ


  • エン転職には、どれくらい会員がいるの?
  • エン転職に掲載すると、どんな人に見てもらえるの?
  • エン転職の会員の特徴は?
  • エン転職って、採用しやすいの?

 

この記事では、上記の疑問にお答えします。採用活動を行なう上で見逃せないポイントが、転職サイトを利用している会員の数。『エン転職』は、テレビCMやSNSなどの大規模プロモーションで、会員数が900万人を突破しています。

 

その中でも、具体的にどれくらい・どんな会員がいるか、エン転職の強みや採用成功につながる理由などを詳しくまとめました。採用を検討されている方、『エン転職』へ求人掲載をご検討されている方は、ぜひ本記事をお役立てください。

 

CHECK!

本記事では、エン転職会員の年齢構成や経験職種などのデータを公開しておりますが、募集するエリアによって、エリア内で登録している会員数は大きく異なります。「貴社が募集を行なうエリアに、求める経験・年齢層の求職者が何人いるか?」を以下から検索できますので、ぜひお試しください。

 

 

また、これから採用計画を考える際には、下記の資料をご参考にしてください。

何から手を付けるべきか、もう迷わない!採用やることリスト

 

 

エン転職の会員データ

世の中の急速な雇用環境の変化を受けて、求職者の動きは活発化しています。エン転職の会員数は、900万人超(2021年4月時点)。

 

日本全国でTVCMや交通広告による大規模なプロモーションを展開しているほか、LINEやYouTubeなど、若手求職者の目に留まりやすい媒体の活用、さまざまなオンラインプロモーションなどにより、これまで以上に多様な会員の獲得に成功しています。

 

エン転職の会員の増加数

エン転職の会員数



エン転職の会員数は、1ヶ月に約7万人のペースで増加中。およそ1分に1人が新しく会員登録をしていることになります。業界屈指の会員獲得率を誇り、フレッシュでアクティブな求職者が多く集まるサイトです。今この瞬間にも、新たな仕事・会社を求めてエン転職に登録しているユーザーがいます。

 

以下で、より詳細なエン転職の会員データを見ていきましょう。

 

エン転職の会員の年齢構成

エン転職の会員比率

 

・20歳以下 :7.6%

・21~25歳 :29.7%

・26~30歳 :21.2%

・31~35歳 :13.6%

・36~40歳 :8.6%

・41~45歳 :7.5%

・46~50歳 :6.1%

・51歳以上 :5.9%


エン転職は、会員全体の70%以上が34歳以下の若手層。20代に絞っても50%以上と、若手会員比率が主要転職サイトの中でもNo.1。会社の次世代を担う若手採用に強い転職サイトと言えます。

 

 

LINEやYouTubeなど若手層に向けたプロモーションや、『モデルプレス』『ハフィントンポスト』などとの独占提携。Google・Yahoo!・Facebook・Instagram・Twitter・SmartNewsなどへの露出により、若手層を中心とした新たなユーザーの獲得に成功しました。

 

若手といっても年齢は34歳以下と幅広いので、「第二新卒」などのフレッシュな人材から、「即戦力」として活躍が期待できる経験豊富な人材まで、採用できる人材は多岐にわたります。若手採用は、年齢が若い分、将来にわたって長く活躍する可能性があるだけでなく、新たな職場にも適応しやすいというメリットもあります。

 

エン転職の会員の男女比

エン転職会員 男女比


会員の男女比は、男性が48.4%、女性が51.6%という構成。男女両方に均等にアプローチすることができます。

 

女性採用を検討しているのであれば、ユーザーの声から生まれたエン転職の姉妹サイト『エン転職WOMAN』の活用も有効です。エン転職WOMANは、女性に特化した転職サイト。会員数は450万人と、女性向け転職サイトの中では圧倒的。女性ならではの働き方で検索ができ、女性の応募を集めやすいつくりに。企業の女性採用を支援しています。

 

エン転職に求人を掲載すると、エン転職WOMANにも同時掲載します。追加費用は一切いただきません。エン転職への掲載費用だけで、エン転職とエン転職WOMAN、2つの求人媒体に掲載できます。その分、採用成功確率をグッと高めることが可能です。

 

エン転職の料金について知りたい方は、こちらの記事も合わせてご覧ください。

 

employment.en-japan.com

 

エン転職の会員の学歴

エン転職会員 学歴


会員の学歴は、大学卒が最も多く、38.1%。次いで高校卒が34.9%、専門学校卒が17.2%と続きます。20代が会員の過半数を占めるエン転職では、大学を卒業して数年働いた後、転職を検討する「第二新卒」も多くいます。自分らしく働ける新しい道を探す若い世代のキャリア支援も、エン転職の役割の一つです。


エン転職の会員の経験職種

エン転職会員 経験職種


続いては、エン転職に登録している会員の経験職種についてご説明します。

 

会員の中で最も多くの人が経験しているのが、販売・サービス系(ファッション、フード、小売)。アパレルブランドの販売職や、飲食店のホールスタッフなどが含まれます。

 

次いで多いのは、企画・事務・管理系。一般事務・営業事務や、総務・経理・人事などのバックオフィス業務、商品企画・販促企画、通関士や貿易事務といった仕事が該当します。

 

エン転職の会員は900万人ですので、営業(14.2%)であれば約127万人の経験者が登録している計算です。さまざまな人材が集まっているから、若手×経験者の採用にも自信があります。

 

エン転職の会員の経験業種

エン転職会員 経験業種


次に、会員が過去に在籍した企業・法人の「業種」についてご説明します。

 

最も多いのが、サービス(飲食・人材・医療・レジャー他)。全体の3割を占めています。一般に接客・サービス業と呼ばれる仕事のほか、人材サービス、教育、冠婚葬祭などの企業もこの中には含まれます。次いで多いのは、流通・小売。百貨店やスーパーなどを始めとした、モノを売る会社です。

この項目は「業種経験」となりますので、サービス系の業界で働いている人の中にも、人事や総務といったバックオフィス業務、法人取引の営業担当など、さまざまな職種経験を持つ人がいます。

 

CHECK!

募集するエリアによって、エリア内の会員数は大きく異なります。「貴社が募集を行なうエリアに、求める経験・年齢層の求職者が何人いるか?」を以下から無料で検索できますので、ぜひお試しください。

 

 

エン転職会員の特徴

ここまで、エン転職の会員の特徴を、さまざまな面からご覧いただきました。改めてまとめますと、エン転職は

 

・若手会員比率は業界No.1!

・会員数900万人を突破!

・月7万人のペースで会員が増加中!

 

スマホから見やすいサイト設計や、さまざまなメディアを活用した独自のオンラインプロモーションにより、34歳以下の若手層が、会員全体の72.1%。貴社の未来を担うフレッシュな人材の採用をお考えなら、会員数が豊富でしっかり「出会える」エン転職が断然オススメです。

 

CHECK!

採用をご検討される際は、ぜひエン転職にご相談ください。ご相談は無料となりますので、まずはお気軽にご連絡ください。今抱えている疑問点・不安点、すべて解消した上でエン転職を活用いただくか否かをご判断いただけますと幸いです。

 

 

データで比較!エン転職と主要転職サイトの会員数・掲載件数

エン転職と主要転職サイトの比較画像


採用活動で重要なのは、当然「掲載後にしっかり応募を集められるかどうか」。会員数が多くても、掲載されている求人数も同様に多ければ、応募の奪い合いが発生してしまいます。

 

その点、エン転職は「会員数と掲載件数のバランス」が優れているのもポイント。上図の通り、主要転職サイトと比較しても「求人1案件当たりの会員数」は約2271件と、桁違いに多いのです。

 

つまり、求人が埋もれにくく、応募効果も見込みやすいということ。会員数や若手比率だけでなく、「掲載件数(ライバルとなる他社求人の数)が少ない」というのも、エン転職で応募が集まりやすい理由の一つです。

 

会員データ以外に、エン転職掲載にあたって知っておくべきこと

エン転職への掲載にあたり、もう一つ知っておいていただきたいのが、『LINEキャリア』への同時掲載です。8200万人ものユーザーを持ち、若手を中心に日常的なコミュニケーションツールとして浸透しているLINEアプリ。

 

そのアプリ上から手軽にアクセスでき、転職活動のすべてをLINE上で行なえる転職サイトが『LINEキャリア』です。エン転職に求人を掲載すると、自動で『LINEキャリア』にも同時掲載することが可能。これは、エン・ジャパンの独占サービスです。

 

エン転職に掲載するとLINEキャリアに同時掲載

エン転職に求人を掲載すると、LINEキャリアに求人が自動的に掲載されます。この際、追加料金・追加対応は一切発生しません。エン転職の掲載料金だけで『エン転職』『LINEキャリア』の2つの媒体に同時に掲載することが可能。

 

女性採用を行なう場合は、エン転職WOMANにも掲載されるので、3つの媒体に掲載されることになります。求人の露出量が増え得る分、採用決定率を高めることができるのです。

 

エン転職とLINEキャリアの合計会員数は1100万人超

LINEキャリアと合わせた会員数


もはや説明不要のコミュニケーションツールであり、生活インフラとしての機能も満たす『LINE』。そのユーザーに向けて、仕事との出会いを創出するために生まれたのが『LINEキャリア』です。

 

エン転職とLINEキャリアの合計会員数は1123万人以上と、実は業界No.1の会員数(自社調べ)。エン転職に登録していない人材にも、一気に露出を増やせるツールです。

 

LINEキャリア会員データの特徴

LINEアプリは、20代の96.3%、30代の90.3%が利用しているツール。LINEキャリアもメインユーザーは20代・30代の若手層です。若手会員比率No.1のエン転職との相性はバッチリ。さらに、LINEキャリアは日本全国にユーザーが多いのが特徴。転職サイトがなかなか身近でない地方エリアの若手層にもアプローチできます。

 

主要都市での採用に強みを持つ『エン転職』と、地方のユーザーが利用しやすい『LINEキャリア』の連携で、日本全国で採用活動がしやすくなりました。

 

まとめ

ここまで解説してきたように、『エン転職』の最大の特徴は、34歳以下の若手に強いこと。『LINEキャリア』との同時掲載により会員数は業界No.1で、案件とのバランスもいいから、応募が集まりやすいサイトです。

 

日本全国、さまざまな業種・職種の経験を持つ900万人のユーザーが、自分にぴったりの仕事との出会いを待ちわびています。少しでもご興味をお持ちいただけましたら、まずはお気軽にお問い合わせください。採用したい職種やエリア、人数などに合わせて、担当がより詳しい掲載プランをご提案いたします。

 

 
コピーライターが伝える効果的なスカウトメールの作り方はコチラ↓↓

資料プレゼント|コピーライター直伝!スカウトメールの作り方