【採用事例】採用数が3倍以上に!成功の鍵は正直・詳細な仕事情報

 

  • 入社後の早期離職が多い…。
  • 仕事理解の浅い人からの応募が多い…。
  • 仕事内容が特殊で応募が集まりづらい…。

 

そんなお悩みを抱える企業にぜひ参考にしていただきたい事例です。今回ご紹介させていただくのは「清掃スタッフ」の募集ですが、職種問わず採用に活かせるノウハウがつまっています。

 

せっかく入社した人が「こんなの聞いていない」「思っていたよりキツかった」といったコメントを残し、去っていったという同社。どんな同社がいかにして入社後の早期離職を防止し、年間採用数を3倍にしたのか?ぜひご参考ください。

 

 

募集情報

  • 募集職種:清掃スタッフ
  • 業種  :清掃維持事業、トンネル内設備維持事業
  • 設立  :1990年11月
  • 社員数 :49名
  • 資本金 :2000万円

社員イメージ

今回ご紹介させていただく株式会社飛和興業様の清掃スタッフが手掛けるのは、道路や建物、河川などの清掃事業です。都や区から依頼を受けて、街のあらゆる場所の美化に貢献しています。

採用上の課題

仕事イメージ


採用上の課題は「入社後の早期離職」。せっかく入社した人が「こんなの聞いていない」「思っていたよりキツかった」といったコメントを残し、辞めていくという事態が生じていました。 

早期離職の原因は、「入社後に清掃スタッフに抱くイメージとのギャップが発生しやすい」ことにあります。

 

入社後に清掃スタッフに抱くイメージとのギャップが発生しやすい

清掃スタッフというと、皆様はどのような仕事をイメージされるでしょうか?日々の掃除の延長線上のような仕事をイメージされる方も多いかと思います。しかし、同社はそのイメージとはまったく異なる仕事です。

 

上記の写真のように、特殊な重機に乗り込み、操縦席でレバーを操作しながら清掃を行なうことも。業界内ではあまり情報開示をしないという風潮があり、会社ホームページも持っていなかったそうです。

 

そのため、面接時の簡易説明だけでは、認識の相違によるミスマッチが起こりやすくなっていました。エン転職以外の求人媒体を使って応募を募るも応募者が集まらず、せっかく入社した人も清掃スタッフに抱くイメージとのギャップから退職が多発していました。

 

採用成功のポイント

仕事イメージ2


「認識の相違をいかに減らすか?」が今回の採用における最大のポイント。そのために、同社は以下のような取り組みを行いました。 

①求人で正直・詳細に仕事情報を開示

②動画を活用して面接でさらなる仕事理解を促進

 

求人で正直・詳細に仕事情報を開示

早期離職を防ぐために、たとえ応募数が減少しても、しっかりと定着・活躍する人材を採用したいと決意。エン転職を活用して、正直・詳細な求人を作成しました。

 

以下から、実際にエン転職に掲載された同社の求人原稿をご覧いただけます。

employment.en-japan.com

 

いかがでしょうか?一風変わった清掃スタッフであることが伝わりやすくなっています。特に注目していただきたいのは、「仕事の厳しさ」の項目。入社後の早期離職が多いことを踏まえ、仕事の魅力的な側面だけでなく、8行にもわたり仕事の厳しい側面も伝えています。

 

動画を活用して面接でさらなる仕事理解を促進

面接では求人原稿をプリントアウトして用意。それを活用しながら面接官が詳細を説明していくことにより、理解促進にも成功したようです。さらに、面接では事前に撮影した「仕事風景の動画」を活用。より具体的に仕事をイメージできるようにしました。

 

結果

  • 選考中の辞退が減少
  • 年間の採用数が3名から10名に

あらかじめ良い点・厳しい点を読んで応募する方が増えたことで、選考中の辞退が減少。年間採用数は3倍以上になりました。過去には、応募者側が「分からないことが分からない」状態になっており、面接中に応募者からの質問はほとんど無かったそうです。しかしながら現在では、応募者からの質問が多くなり、面接の場で相互理解を深められるようになったそうです。

 

 

採用担当者の声

担当者の声


数ある媒体の中で、エン・ジャパンを利用しようと思った経緯には、「丁寧な取材や掲載後のフォローに魅力を感じた」と話す、採用担当の宮坂さん。最初のうちは「載せる情報量が多く、面倒にも感じていた」と正直なコメントもいただきました。 

しかし、「面接は1日で終わるけれど、その後、毎日過ごすことになるのは現場。リアルな雰囲気を伝えなければならない」と思い、正直・詳細な情報を伝える努力をすることを決めたそうです。 

入社者の声

嬉しいことに、今回の求人で入社された社員の方からは

「筋肉痛にはなったけれど、事前に仕事のイメージがついていたので、ギャップは感じていません」。

といったお話を聞くことができました。求人で、具体的にどういうことをやるのか、どういう感じで毎日を過ごすのかといったイメージが湧きやすかったそうです

まとめ

求人広告は、「仕事の広告」です。だからこそ「仕事内容」の書き方が、応募数を大きく左右します。

ただやみくもに仕事内容を羅列すればいいというわけではなく、「その仕事やってみたい!」「この仕事なら自分にもできそう」と思ってもらえるよう、表現することが重要です。自社の求人をより魅力的に見せたい場合は、エン転職にご相談ください。特殊な仕事でも、求人専門のプロのコピーライターが分かりやすく、魅力的な求人を作成します。

採用でお悩みの際は、以下のお問い合わせフォームからお気軽にエン転職にご相談いただけますと幸いです。

 

 
コピーライターが伝える効果的なスカウトメールの作り方はコチラ↓↓

資料プレゼント|コピーライター直伝!スカウトメールの作り方