転職アドバイザー縁 ゆ か り 転職Q&A
転職についてのあらゆる疑問やお悩みを解決します。
転職活動の情報収集の際にぜひご利用ください。
フリーワード検索
Q

現在の会社を退職の申し入れと同時に辞めた場合、トラブルに発展することもありますか?

ひとつご相談ですが、現職の会社を、「今日で辞めます」と伝え、そのまま退職した場合、裁判沙汰になったり、賠償金を払えといったことになったりするのでしょうか? 現在転職活動を進めていて、内定をいただけそうですが、すぐにでも入社してほしい雰囲気を感じています。そのため、きちんと引継ぎをするなど、奇麗事を言っていられない状況なのですが。
(Y.Oさん)
A
Y.Oさんがご心配されている点について結論を申し上げますと、Y.Oさんが企業に「損害」をもたらした場合には、企業側から訴えられたり、賠償金を請求されるケースも十分考えられます。 また、退職に関しては、法律上で「退職日の2週間前に退職の意思表示をすること」が条件とされています。退職日の当日にその旨を伝えても、実際に退職するまでには最低でも2週間掛かるということですね。

そのため、突然退職を申し出て、引継ぎなどを全く行わずに当日退職された場合、業務を凍結させたことを理由に、訴えられる可能性もないとはいえません。 訴えられないまでも、法律および就業規定を遵守しなかったという理由で、会社がY.Oさんを懲戒解雇扱いにする可能性もあります。懲戒解雇は、転職活動の場などでも、Y.Oさんの評価を下げることになりますから、避けたいところです。

内定が出そうで焦っているお気持ちは分かりますが、転職先の企業も、引継ぎをしっかりと行い、しがらみのない状態で入社してほしいと考えているものです。 退職の際は上司の方に前もって意志を伝え、引継ぎをしっかり行うとともに、内定を得た時には、入社日に関して事情をお伝えし、相談することをおすすめいたします。
(担当:荒田)