転職アドバイザー縁 ゆ か り 転職Q&A
転職についてのあらゆる疑問やお悩みを解決します。
転職活動の情報収集の際にぜひご利用ください。
フリーワード検索
Q

米国公認会計士か税理士の資格、転職ではどちらが有利?

今まで経理・財務職に携ってきましたが、今後よりレベルの高い位置で仕事を行なえるよう、転職を考えています。 少しでも転職を有利にすべく、「米国公認会計士」か「税理士」のどちらかの資格を取得しようと思っています。どちらの資格のほうがより有利になるか、教えてください。
(R.Kさん)
A
米国公認会計士も税理士も、転職市場においては一定の評価を得ています。経理実務をお持ちの方ならば、プラスの評価を得られます。

ただ、米国公認会計士に関しては、米国での資格となりますので、日本企業よりも、比較的外資系の企業の方が評価が高くなる傾向があります。資格を有していることにより、基礎的な英語力があるということもアピールできますので、英語力を求められる企業に対しては効果的だと思います。

なお、転職市場において一番重視されるのは、実務においてどのようなスキルを積んできたのかという点です。そのため、資格に重点を置いてアピールするのではなく、ご自身の経歴をいかにアピールすれば良いか、という視点で転職活動を行なうことをおすすめします。
(担当:榎本/エン転職事務局)