転職アドバイザー縁 ゆ か り 転職Q&A
転職についてのあらゆる疑問やお悩みを解決します。
転職活動の情報収集の際にぜひご利用ください。
フリーワード検索
Q

2つの職種へ転職を希望。その場合、どのように自己PRを作成すれば良い?

転職活動を続けているのですが、どうしても希望職種を絞り込むことができません。今までは、営業職にて3年間の経験を積んできました。今後このまま営業として勤めるか、それとも以前から希望している販売職へ転職するか、迷っています。 ですので、その2つの職種への応募をしているのですが、自己PRをどう記すべきかが悩みどころです。どちらの職種に提出しても問題ないものと考えると、どうしても、特徴のない自己PRになってしまいます。この点解決策などがありましたら、ぜひアドバイスをください!
(C.Mさん)
A
自己PRのまとめ方に悩んでいらっしゃるということですね。良い点に気付いていらっしゃると思いますよ。

C.Mさんがおっしゃるように、特徴のない自己PRでは意味がないですよね。2つの職種への転職をお考えなのですから、思い切って2つの自己PRを用意されてはいかがですか?応募職種によって差し替えながら利用すると良いと思いますよ。 まとめる際に注意していただきたいことは、今までの実務経験の中で“今後に活かせるスキル”をアピールする必要があるということです。つまり、同じ営業職の経験であっても、営業に進む場合と販売の場合では、アピールする内容も変わってくるということですね。

営業職へ進むのであれば、当然C.Mさんがどのような実績を残したのかが一番大切な部分です。どのような営業活動を行ない、どのような提案を行なったことにより、どのような実績や成果を残したのか、数字を加えながら具体的に記してください。 販売職の場合は、商品をどのように販売すれば良いのかを考える必要がありますので、営業経験の中で企画に関する部分をアピールすると良いですね。

また、不特定多数のお客様が相手となりますので、個々の状況に応じて短時間で提案するスキルが必要となります。コミュニケーション能力だけでなく、プレゼンのスキルを絡めながらアピールしてみてはいかがでしょうか。 このように、ぜひそれぞれの希望職種に必要とされるスキルを明確にした上で、その点をアピールできると良いですね。また、職種のことだけでなく、「この企業だから応募した」ということも加え、より充実した内容に仕上げてください。 C.Mさんの転職のご成功を心よりお祈りしております。
(担当:荒田)