転職アドバイザー縁 ゆ か り 転職Q&A
転職についてのあらゆる疑問やお悩みを解決します。
転職活動の情報収集の際にぜひご利用ください。
フリーワード検索
Q

「完全実力主義」において、何が評価の対象なのか面接時に尋ねても良いもの?

私の前職は事務職でしたが、年齢順の給与体系に納得できませんでした。最近は、「完全実力主義」をうたう会社も少なくないように思われ、実現できるのであれば、私もそういう会社で働きたいと思います。 ただ、実際に事務職で勤務している者として感じますが、評価するのが難しいはずです。ですから、その会社で事務職では何を評価されるのかを、聞いても問題ないでしょうか?このような質問は嫌な印象を与えてしまいますかね。
(R.Nさん)
A
「完全実力主義」はその評価内容が各社によって定まっていますので、なかなか細部に渡る内容を事前に把握することは難しいかもしれないですね。

とは言え、質問することは全く問題ありませんよ。R.Nさんがそのような社風の中、上を目指して仕事に取り組みたいという姿勢を伝えていただければ、質問することで良い印象を抱いていただくことができると思います。 ただ、明確な回答を得ることは難しいのではないかと思われます。人事評価制度を社外の人間に公開していない企業もありますので、詳細についてはどうしても述べることができないケースが多いからです。

ですから、評価のポイントを推測できるような質問を投げかけてみてはいかがでしょうか?例えば「事務職の社員には、どのような仕事の成果を期待していますか?」「御社において事務職に求めることは何でしょうか?」などの質問であれば、回答していただくことができると思いますし、評価において少なからず参考にされている指標が分かりますよね。

このように工夫しながら、可能な限り企業の情報を引き出し、R.Nさんの基準に当てはまる企業であるかどうかをチェックしてみてください。
(担当:中臣)