転職アドバイザー縁 ゆ か り 転職Q&A
転職についてのあらゆる疑問やお悩みを解決します。
転職活動の情報収集の際にぜひご利用ください。
フリーワード検索
Q

面接で、やる気を見せても、控えめにしても不採用。なぜ?

なかなか転職活動が上手く進まず苦労しています。最終面接まで進むことはあるのですが、積極的過ぎるという理由で落とされてしまうことがあります。自分のアピールしたり、やる気をみせるのは悪いのでしょうか?それを反省し、逆に控えめにしてもやはり落ちてしまいます。自分ではもうどうしたら良いか分からなくなってしまいました。
(R.Yさん)
A
多くの面接官は「入社後に他の社員と協力して業務を行なってくれる人物かどうか」という点を見ています。

たとえば、面接官の話を聞かずに自分の主張ばかりをしたり、逆に自分の意見をしっかり言わなかったりすると、マイナスの印象になってしまいます。また、R.Yさんがアピールしている内容が、応募先企業で求めているものでない場合にも、なかなか採用まで結びつかないと思います。

焦る気持ちがあると思いますが、もう一度、初心に戻って考えてみてください。面接で伝えなければいけないことは単純ですし、それをしっかり応募先企業に伝えられれば採用となり得ます。

たとえば、「なぜ転職するのか」「転職後に何をやりたいのか」「応募先企業では現在持っているスキルのどの部分を活かせるのか」などがはっきりすると、まず面接でもきちんと受け答えできます。それと合わせ、面接の応答についても見直してみてください。面接官の問われていることについて明確に回答する、話をする時は相手の顔を見る、コミュニケーションということを忘れず、独り善がりな内容にしないなど、気を付ける点は様々なものがあると思います。

発言する内容とあわせて、発言する際の態度・姿勢に関しても見直し、より企業に良い印象を与えられるように改善してみてください。
(担当:小澤/エン転職事務局)