転職アドバイザー縁 ゆ か り 転職Q&A
転職についてのあらゆる疑問やお悩みを解決します。
転職活動の情報収集の際にぜひご利用ください。
フリーワード検索
Q

面接で「あなたにとって仕事とは何ですか?」と聞かれて困った

今回の面接で「あなたにとって仕事とは何ですか?」と聞かれました。まったく想定していなかったので、答えに詰まってしまいました。どんな風に答えたら良かったのでしょうか?
(R.Oさん)
A
「仕事に対する考え方やビジョン」を伝えられると良いですね。

なぜなら、企業は、応募者の「仕事に対する考え方やビジョン」が自社の「理念やビジョン」とマッチしているかを確認し、その応募者が長く活躍してくれるかを見極めたいと考えているためです。

たとえば「仕事を通して社会にどのような貢献をしようとしているのか」といった「社会貢献」の点から話をしてみてはいかがでしょうか。「私にとって仕事は、地域社会の発展を支える手段の一つです」「私にとって仕事は、自身のスキルを活かして、多くの人に"安心・安全"な生活をもたらすことだと考えています」など、具体的な話をするのがポイントです。「社会貢献」の話であれば、入社後の話に繋げやすく、志望度の高さもアピールできますよ。

以下に、話を組み立てる際の流れをご紹介します。「あなたにとって仕事とは何ですか?」は割と多くの企業で聞かれる質問ですから、企業研究(どんな事業により、どのように社会に役立っているのか)と合わせて、事前に回答内容を検討しておくことをオススメします。

---------------
[1]「私にとって仕事とは○○○○です」
→「あなたにとって仕事とは何ですか?」に対して、まずは簡潔に回答しましょう。

[2]「なぜなら○○○○○○」
→[1]のように答えた理由を伝えましょう。なぜそのような考えに至ったのか、具体的なエピソードを交えて簡潔にまとめてみてください。説得力のある話になります。

[3]「御社の○○○○に携わることで○○○○」
→入社後のビジョンを伝えましょう。[1]で答えた考え方を元に、その企業でどのように仕事に取り組み、どういった活躍をしたいのかを具体的に伝えましょう。志望度の高さのアピールにもつながります。
---------------

以上、ご参考になる部分がありましたら幸いです。転職活動、頑張っていきましょう!
(担当:河瀬/エン転職事務局)