転職アドバイザー縁 ゆ か り 転職Q&A
転職についてのあらゆる疑問やお悩みを解決します。
転職活動の情報収集の際にぜひご利用ください。
フリーワード検索
Q

面接で「最後に一言ありますか?」には、どう答える?

面接で「こちらからは以上です。最後に一言ありますか?」と言われました。とっさのことで何も浮かばずに「特にありません」と回答してしまいました。その後さらっと面接は終わってしまったのですが、これで良かったのかなとモヤモヤしています。「最後に一言ありますか?」への回答は何が正解だったのでしょうか。
(K.Rさん)
A
自身の「魅力や熱意」を伝える回答ができると良いですよ。

多くの企業が、企業側からの質問をメインに面接を進めます。ただ、それだけでは応募者の魅力や熱意を探りきれない可能性があるため、「最後に一言ありますか?」と問いかけることで、応募者側から自由にアピールできる機会を提供しているのです。

貴重なチャンスですので、この質問を有効に活用したいところです。「特にありません」と回答してしまうと熱意が伝わらない恐れもありますから、次回は具体的な回答ができると良いですね。

オススメなのは、その日の面接でアピール不足だった点を補う話をすること。たとえば以下のようなイメージです。

-------
▼自身の「強み」
→その会社で活かせる「強み」のうち、面接中にうまくアピールできなかったものがあれば、ここで伝えましょう。「強み」を活かして、その会社にどんな貢献ができるのかを説明してください。

▼企業への「志望動機」
→面接中に「志望動機」をうまく伝えられなかったのであれば、「繰り返しになりますが」と前置きした上で改めて伝えるのも一案。面接を通して志望度が増した場合は、「本日○○や○○のお話をお聞きし、御社で働きたい気持ちがますます高まりました」などと付け加えると良いですよ。
--------

せっかくの機会ではありますが、ここで長々と話をしてしまうのは考えもの。あくまでも「一言」なので手短に話をまとめましょう。もし本日の面接のように頭が真っ白になってしまったら、面接のお礼を丁寧に伝えてくださいね。K.Rさんの礼儀正しさが面接官の印象に残るはずです。

なお、「最後に一言ありますか?」は必ずしも毎回聞かれる質問ではありません。この質問がなかったとしても十分なアピールができるように意識しつつ、もし実際に質問された場合には落ち着いて話ができるよう、いくつかのパターンを想定して準備しておきましょう。

以上ご参考になる部分がありましたら幸いです。
(担当:河瀬/エン転職事務局)