転職アドバイザー縁 ゆ か り 転職Q&A
転職についてのあらゆる疑問やお悩みを解決します。
転職活動の情報収集の際にぜひご利用ください。
フリーワード検索
Q

「現職でそんなに活躍しているのに、辞める必要があるのですか?」と面接で言われてしまいました。。

先日の面接で、現職での実績をアピールしていたところ、「現職でそんなに活躍しているのに、辞める必要があるのですか?」と言われてしまいました。

現職で出来ることは全てやり切ったと思っていて、他社で自分の力を試してみたいと考えている旨を伝えたのですが、イマイチ反応が良くなく、結果も不採用でした。自分では、実績も素直な気持ちも、しっかりと伝えたはずと思っているのですが。。

こういった質問には、どのように回答するのがベストなのでしょうか?
(S.Kさん)
A
「現職でそんなに活躍しているのに、辞める必要があるのですか?」を別の表現で言い換えると「転職理由は何ですか?」になります。

S.Kさんが答えた「現職で出来ることは全てやり切ったと思っていて、他社で自分の力を試してみたい」という転職理由では、面接官を納得させることができなかった状況です。より説得力のある転職理由を伝えられるように準備しましょう。

現在、転職活動をしているということは、現職に何らかの不足や壁を感じているからではないでしょうか。たとえば「マネジメントに挑戦してみたいと考えているのに、若手にはその機会が与えられない」のようなことです。

現職について振り返り、「自分が描いているキャリアを実現するために、現職でどんなことが障壁になっているのか。それを解決するために、今回の転職活動ではどのような仕事や職場を探しているのか」といった所を整理なさってみてください。

なお、実績のアピールは、面接で欠かせないものですが、伝え方に工夫が必要です。

面接官が知りたいのは「S.Kさんが自社にマッチするか」という点。実績だけのアピールでは「S.Kさんが前職で活躍してきた」という漠然としたイメージは伝わりますが、肝心の「マッチするかどうか」という部分までは伝わらないものです。ひょっとしたら、今回の面接では、この部分がネックになっていたのかもしれません。

実績を伝える際には、「その実績を出すにあたり、どんなスキルを身につけたのか。それらを活かして、転職後はどのように活躍したいと考えているのか」という所まで伝えられると良いですよ。「S.Kさんが自社で働く姿」を面接官がイメージしやすいように工夫してくださいね。

以上、ご参考にしていただけると幸いです。これからの面接もがんばってください!
(担当:河瀬/エン転職事務局)