転職アドバイザー縁 ゆ か り 転職Q&A
転職についてのあらゆる疑問やお悩みを解決します。
転職活動の情報収集の際にぜひご利用ください。
フリーワード検索
Q

「仕事の失敗談」面接でのベストな答え方は?

先日の面接で、「これまでに仕事で、大きな失敗をしたことはありますか?」と聞かれて困ってしまいました。正直なところをいえば、仕事の失敗はたくさんあります。影響力が大きいミスをしてしまったこともありますし。ですが、そのまま正直に答えてしまうと、面接官にマイナスな印象を与えてしまうのではないかと不安に思い、正直に伝えることができませんでした。面接官の意図はなになのでしょうか。今後、このような質問を受けた場合、どのように回答すればよいのか…アドバイスをお願いします。
(K.Oさん)
A
面接官が本当に知りたいのは、「どんな失敗をする人か」ではありません。

K.Oさんがお考えの通り、失敗を正直に告白するだけでは、マイナスな印象だけが残ってしまいそうですよね。ただ、面接官も単に「どんな失敗をする人か」を知りたいワケではないと思います。

企業にとって面接は、あなたの人となりを知る場。自社に合う人材かの判断材料を得る場です。ですから、失敗体験を通じて面接官が知りたいのは、「失敗にいかに対応し、挽回するか」「失敗から謙虚に学び、的確に教訓を得られるか」。どのように回答するのかは、その観点から、「失敗と挽回」の体験を振り返って、言語化してみることをおすすめします。

また、マイナスを印象を与えたくないからと、「特にありません」と答えるのはNG。仕事にミスはつきものですし、難易度が高ければ高いほどそのリスクも大きくなります。「簡単な仕事しか任されていないのだろうか」「失敗から何も学んでいないのではないか」と…懸念されてしまう可能性もあります。

失敗の経験は正直に、そして今に活きている教訓も忘れずに伝えていきましょう。きっとK.Oさんの仕事に対する姿勢が伝わるはずです!
(担当:石田/エン転職事務局)