転職アドバイザー縁 ゆ か り 転職Q&A
転職についてのあらゆる疑問やお悩みを解決します。
転職活動の情報収集の際にぜひご利用ください。
フリーワード検索
Q

時短勤務。仕事に育児に疲れています…。

育休を経て、去年の4月に復帰をしました。時短勤務・正社員で、9時~17時で働いています。以前より勤務時間が短くなったとはいえ、やることは盛りだくさん。育児と家事と仕事に追われる毎日で、だんだんと疲れてきてしまいました。。何のために働いているんだろう、と考えてしまい続けるのが難しいと感じています。

とはいえ、仕事は好きです。子供に手がかからなくなった頃にまた働き始めようと思っていますが、一度辞めてしまうと復帰が難しいのかなとも思っています。ここで辞めてしまうのは良くないでしょうか。
(J.Nさん)
A
将来的に必ずしも復帰できないということはありません。ですが、希望通りの条件での復帰は、一般的には難しいとされています。仕事内容や希望条件を変えるなど、折り合いをつける必要が出てくる可能性が高いです。J.Nさんはせっかく「好き」な仕事をしているのですから、ここで辞めてしまわないほうが良いと思いますよ。

かく言う私にも子供がいて、時短勤務をしています。ちょうど1年前には、毎日仕事を辞めることばかり考えていました。時間に追われてばかりの毎日に疲弊して、育児・家事・仕事のどれかを切り捨てるならば仕事しかない・・と思いつめていたのです。なので、J.Nさんのお気持ちは痛いほどよく分かります。

1年たった今、私にとって、育児・家事・仕事はいずれもなくてはならないものになっています。状況が変わるきっかけは、「ワークライフシナジー」という言葉との出会いでした。ご存知かもしれませんが、「ワークライフシナジー」とは、仕事と私生活の両立とその相乗効果により充実した人生を送ることができる、という考え方に基づく言葉です。仕事で身につけたスキルや経験は、私生活に活きてくる。その反対も然りであるということですね。

私の場合、たとえば、子供を持つ親ならではの観点から企画立案を行ない、社内で高い評価を得たことがありました。また、後輩育成の経験が育児に活きている部分もあります。一つひとつのエピソードは小さなものなので大袈裟に思われるかもしれません。考えや見方を変えれば全てうまくいく・・・というほど簡単なものではないとも思います。ですが、育児・家事・仕事の相乗効果が感じられて、両立している自分や現状を好ましく捉えられるようになったことは事実です。いつしか「仕事を辞めてしまいたい」との気持ちは消えていきました。

「ワークライフシナジー」を元に、J.Nさんだったらどんな相乗効果を生み出せそうでしょうか?仕事から私生活に、私生活から仕事に。それぞれのケースを考えてみることで、変化が起きるかもしれません。ぜひ試してみてください。
(担当:河瀬/エン転職事務局)