ぼくらの履歴書 Powered by エン転職

トップランナーの履歴書から「仕事人生」を深掘り!

ぼくらの履歴書

世界で初めて、シルク・ドゥ・ソレイユでヨーヨーを回した。ヨーヨーを“職業“にしたBLACKの履歴書

ヨーヨーを“職業”に。日本はもとより、海外でもその存在を知られるプロヨーヨーパフォーマーのBLACKさんが、「どん底だった」という会社員時代を経て、「ヨーヨーのプロ」という未知の仕事を定義してきた過程を履歴書とともに語ります。

くまモンが黒いのにもワケがある。凄腕クリエイティブディレクターのアウトプット術|水野学の履歴書

誰もが知る熊本県のPRキャラクター「くまモン」や、徹底してその世界観を貫く「中川政七商店」。それらのデザインやブランディングを手がけたのがgood design company代表の水野学さんです。独自の切り口からブランドの世界観を描き出す“クリエイティブディ…

海洋堂・宮脇修一センムの履歴書|フィギュアに尽くした50余年。いま「敗北感しかない」と語る理由

フィギュアというホビー商品をいち早く打ち出し、日本はもとより海外からも高く評価される造形集団、海洋堂の宮脇修一さんの履歴書を深掘りします。チョコエッグやアクションフィギュアなど、多くのヒット商品を世に送り出してきたキャリアの根底にあるのは…

消臭力のCMが歌う理由「僕たちの広告だから、僕たちのやりたいように」|マーケター・鹿毛康司の履歴書

「消臭力」をはじめとするエステーの人気CMをいくつも手がけ、前職の雪印時代には集団食中毒事件や牛肉偽装事件からの信頼回復に奔走した経験を持つ、マーケター・鹿毛康司さんの履歴書を深堀りします。企業やブランドの本質と向き合い、慣習や前例を打ち破…

『シャナ』『とある』『俺妹』他、累計8000万部売った男の"ズラす"ヒット術|編集者・三木一馬の履歴書

『灼眼のシャナ』『とある魔術の禁書目録』シリーズなど、ライトノベルの大手レーベル「電撃文庫」から編集者として数々のヒット作品を送り出し、2016年に独立して株式会社ストレートエッジを立ち上げた三木一馬さんの履歴書を深堀りします。作家のことを第…

そして『バイオハザード』は生まれた。会社に放置された男のゲーム開発道|三上真司の履歴書

カプコン時代に『バイオハザード』や『逆転裁判』シリーズなど数々の大ヒットゲームを世に送り出し、現在もTango Gameworks代表として意欲作を発表し続ける三上真司さんの履歴書を深堀りします。『バイオハザード』を生み出した若手時代の経験や、クリエイタ…

漁師、水産官僚、そして「魚の伝道師」に。大切なことは、現場にある|魚食普及活動家・上田勝彦の履歴書

全国の漁業、水産関係者から厚い信頼を受ける、「魚の伝道師」こと、上田勝彦さんの履歴を振り返ってもらいました。漁師、水産庁官僚といった、異色のキャリア。軋轢にも折れず、徹底的に現場に向き合ってきた上田さんが大事にしてきたものを聞きました。

その計画に、前例なし。「はやぶさ」が地球に帰還するまで|プロマネ・川口淳一郎の履歴書

小惑星からのサンプルリターンで世界初の快挙を成し遂げた、小惑星探査機「はやぶさ」。プロジェクトマネージャを務めた川口淳一郎さんの履歴書を深堀りします。東京大学大学院在学中から宇宙科学研究所(当時)のプロジェクトに携わり、宇宙開発先進国と日…

サイバーセキュリティ専門家・名和利男の履歴書|決して逃げない。彼がサイバー攻撃と戦う理由

サイバーセキュリティの専門家、名和利男さんの履歴書をご本人の言葉とともに深堀りします。ハードな日々を送った自衛隊時代。サイバーセキュリティに関わるなかで直面した、残酷な現実。ときに自身の限界を感じながらも、それでも、折れることなくサイバー…

佐久間宣行の履歴書|「お笑いでは結果を残せないかも」悩み続けた先に『ゴッドタン』があった

『ゴッドタン』『あちこちオードリー』など人気お笑いバラエティ番組のプロデューサーを務める、テレビ東京・佐久間宣行さんの履歴書を深堀りします。「ずっと、自信がなかった。でもその自信のない性格が、僕をここまで連れてきてくれたように思います」。…

再生医療の希望、世界初のミニ肝臓は「きたない研究」といわれた先に|武部貴則の履歴書

再生医療研究者、武部貴則さんの履歴書を深堀りします。24歳で、再生医療の希望の種となる、ミニ肝臓の基となる技術を確立。26歳で科学誌『ネイチャー』に論文を発表し、その後、史上最年少で東京医科歯科大学と横浜市立大学の教授に就任するなど、圧倒的な…

逮捕、無罪判決、そして厚生労働事務次官へ。彼女が続けた地道な歩み|村木厚子の履歴書

厚生労働省の官僚として、女性政策や障害者政策に携わり続けた村木厚子さんの履歴書を深堀りします。育児とハードな仕事の狭間での葛藤。予期せぬ逮捕と、やがて手にした無罪判決。そして、事務次官へ。激動と呼べる半生を村木さんが振り返ります。

200を超える失敗の向こうに|G-SHOCK開発者・伊部菊雄の履歴書

世界中で累計1億本以上を売り上げる「G-SHOCK」の開発者・伊部菊雄さんの履歴書を深掘りします。「時計はデリケートな精密機器」という常識を覆し、過酷な状況下でも壊れない、丈夫な時計として開発された「G-SHOCK」。この時計は伊部さんが書いた、たった1…

どん底のベイスターズを5年で黒字化。「物議を醸して新たな空気をつくる」仕事術|池田純の履歴書

年間約25億円の赤字を抱えていた横浜DeNAベイスターズを、わずか5年で黒字化に導いた池田純さんの履歴書を深掘りします。住友商事、博報堂を経て独立。「マーケティングはやり尽くした」と語る池田さんの、スポーツビジネスの根幹を変えた「空気を作る」手法…

是枝裕和の履歴書|「役に立たないAD」が映像の世界で生き、カンヌの頂に登りつめるまで

『万引き家族』『誰も知らない』などの作品で知られる映画監督・是枝裕和さんの履歴書を深掘りします。人間の心の機微を丁寧に描いた作品で、世界中の映画ファンを魅了してきた是枝さん。そんな是枝さんの仕事人生を彩ってきたのは、数えきれない出会いと別…

企画書は、作らない。『水曜どうでしょう』的仕事術|"藤やん"の履歴書

人気番組『水曜どうでしょう』のチーフディレクターとして知られる藤村忠寿さんの履歴書を深堀りします。ローカル番組らしからぬ型破りな制作手法やプロモーション、そして独特のユルさで人気を集めた『水曜どうでしょう』。あの世界観は、「ラクをするため…

そして獺祭が生まれた - 無名の酒蔵が純米大吟醸で世界を驚かせるまで|旭酒造 桜井博志の履歴書

銘酒、獺祭を生み出す旭酒造の会長、桜井博志さんの履歴書を深堀りします。一度は飛び出した実家の酒蔵に社長として戻り、傾きかけた事業の再建に奮闘し、やがて獺祭は生まれました。いまでは世界中のファンに愛される、純米大吟醸酒誕生の裏には、どのよう…

佐渡島庸平の履歴書|「お荷物の新入社員」から抜け出すために、ある編集者がやったこと

出版不況が叫ばれ始めた2000年代に『ドラゴン桜』『宇宙兄弟』など大ヒットマンガを世に送り出し、現在はクリエイターエージェンシー「コルク」を経営する編集者・佐渡島庸平さんの履歴書を深掘りします。ふだんは「過去をまったく振り返らない」という佐渡…

星野佳路の履歴書|星野リゾートが「ボロボロの宿」だった頃。お金はない、人も採れない、ビジョンはある

「教科書には出てこない課題が山積みだった」。自らのキャリアをそう振り返ったのは、星野リゾート代表の星野佳路さん。「リゾート再生請負人」とも呼ばれ、その経営手腕が大きく評価されてきた星野さんですが、これまでのキャリアは試行錯誤の連続でした。…

型破り出版社「Discover 21」が、逆風からベストセラーを生み出すまで|干場弓子の履歴書

出版社と書店を結ぶ「出版取次」を介さず、全国5000店舗の書店と直取引する、新発想の営業・販促スタイルを武器に成長してきた出版社、ディスカヴァー・トゥエンティワン。設立に携わり、創業35周年を前に取締役社長を退いた干場弓子さんの履歴書を深掘りし…

梅原大吾の履歴書|「ただのゲーム好きのガキ」が、世界中でビーストと呼ばれるようになるまで

「世界で最も長く賞金を稼いでいるプロゲーマー」としてギネスブックに認定され、「格闘ゲーム界のカリスマ」として活躍を続ける「ウメハラ」こと梅原大吾さんの履歴書を深掘りします。

真鍋大度の履歴書|前人未到の場所こそ、リスクが少ない

真鍋大度さん(ライゾマティクス)の履歴書を深掘りします。サラリーマン時代のエピソードから、Perfumeのコンサートや五輪セレモニーの舞台裏まで、つねに新しい道を切り拓きつづけるスタークリエイターの仕事観に迫りました。

ミクシィ創業者の回顧録「アイデアがあるなら具現化しない理由はない」 - ミクシィ笠原健治の履歴書

笠原健治さん(株式会社ミクシィ取締役会長)の履歴書を深掘りします。学生時代に立ち上げた「Find Job!」から、ゼロ年代の象徴ともなったSNS「mixi」、そして「モンスト」「みてね」まで、ヒットサービスの裏側を探ります。履歴書から見えた栄光と挫折とは?

上場を目指すも「こんなんやってられん」と社長を辞めた|さくらインターネット田中邦裕の履歴書

田中邦裕さん(さくらインターネット代表)の履歴書を深掘りインタビューしました。 18歳でレンタルサーバービジネスを立ち上げた田中邦裕さん。社長一時辞任、会社の債務超過といったピンチを経て、見えてきたものとは。履歴書をもとに、これまでのキャリア…

けんすうの履歴書|サービスを作って、作って、作って、古川健介が追い続ける「成果」

「けんすう」こと古川健介さんの履歴書を、深掘りインタビュー。学生時代、リクルート、nanapi、新サービス「アル」にいたるまで、サービスづくりに没頭してきたキャリアを、けんすうさんが振り返ります。履歴書から見える、けんすうさんの考える「成果」と…