失敗しないための転職ノウハウ 縁 ゆかりの転職講座
失敗しない転職活動のために抑えておきたいポイントを、
縁ゆかりと一緒にチェックしていきましょう!
内定後/円満退社のコツ

退職日に忘れずにやること

退職日は、やることが沢山!?

いよいよ退職の日。引継ぎは無事終わりましたか?最後の挨拶コメントは考えてありますか?机を片付けながら感慨に浸っている頃かもしれません。しかし、その感慨。少し早いかもしれません。何故なら退職日には、忘れてはいけない大事な業務があるためです。その一つは、会社から預かった備品の返却です。昨日まで自分のモノのように扱っていたとしても、会社の備品・所有物であればきちんと返却しなくてはなりません。また、逆に会社から取得する書類もあり。転職先で必要になるものですから、忘れずに受け取りましょう。それさえ済めば一安心。最後に、お世話になった方々へお礼を伝え、円満な退社をしましょう。

会社に返却するモノ、受け取るモノは何?

【会社に返却するモノ】

●健康保険被保険者証
在籍中の会社で加入していた健康保険。退職と同時に脱退の手続きが行われます。そのため、無効となる保険証は会社に返却します。

●社員証・IDカード(身分証)・社章
社員であることを証明する身分証明書類は、全て退職時に返却します。

●通勤定期券
通勤するために必要な定期券ですので、原則として返却します。

●制服、作業着
貸与を受けている制服・物があれば返却します。クリーニングに出してから返却するのがマナーです。

●名刺
自分の名刺を返却します。また、クライアントなど業務を通じて受け取った名刺は、原則的には会社の所有物となります。全て返却しましょう。

●会社で購入した書籍・資料、事務用品など
会社の経費で購入したものは、たとえペン一本でも全て会社の所有物。書籍・資料なども自費で買わず、会社で購入したものは持ちままにせず、返却します。

●ノートパソコン・携帯電話、業務用機器
会社から貸与されたパソコンはもちろん、営業用の携帯電話、その他タブレットなどの業務用機器はもちろん返しましょう。保存されている企画書や資料、データやプログラム等、業務上の資料や書類、作成物は、自分自身で制作したものでも原則が会社の資産です。自分で消去せず、一式全てを返します。

【会社から受け取るモノノ】

●雇用保険被保険者証
転職先企業での雇用保険の手続の際に必要となります。会社が保管している場合は退職時に在籍中の企業から、必ず受け取りましょう。

●源泉徴収票
所得税の年末調整に必要となります。転職先で年末調整できるよう、在籍中の人事・総務(給与)担当者から退職時までの「源泉徴収票」をもらう必要があります。

●年金手帳
厚生年金保険に加入していることを証明する手帳です。会社が保管している場合は必ず受け取りましょう。

お世話になった方々へお礼を伝えましょう。
お別れ

【挨拶メール】

上司・同僚・社内でお世話になった方。取引先のお客様や、一緒に仕事をした社外の方へ退職の挨拶メールを送る場合、最終出社日の退社1,2時間前を目処に送信しましょう。メールの内容は定型の挨拶文で大丈夫ですが、社内向けと社外向けで内容を変更したり、時間が許せば1通1通、お世話になった時のことを思い出し、お礼をしたためましょう。そして、退職後もつながりを持ちたい場合には、メール文面の最後に連絡先を記載しておきます。新しい職場に移った後に連絡が来る場合があります。

【挨拶状】

特に社外でお世話になった方には挨拶状を出しましょう。これまでの感謝の気持ちを伝えることが第一。その葉書1枚が送られることで、将来何らかの縁に繋がり、またお世話になることもあるかもしれません。1~2週間前から用意し、退職日前後に投函しましょう。

【社内への挨拶】

出社最終日の朝礼や終礼時、所属する部署の方々の前で退職の挨拶をする際は、明るく前向きに話をしましょう。退職理由は伝える必要がなく、ここでも「一身上の都合での退職」と言えば大丈夫です。これまでお世話になったことへのお礼と、今後の活躍を祈る旨を伝えましょう。部署一人ひとりの席を回って、お菓子などを配りながら挨拶をする人もおり、お礼の伝え方は人それぞれ。お菓子よりも気持ちが大事です。


お礼の挨拶に必要なのは少しの心配り。きちんとしたか、しなかったかで退職するあなたへの印象は大きく変わります。立つ鳥後を濁さず。イメージを悪くせず、円満に退職しましょう!

縁ゆかりの「ココがポイント!」
ゆかり
  • ◆ 会社に返却するモノ、取得するモノは忘れずに。
  • ◆ 退職の挨拶は心を込めて。
  • ◆ 退職日の印象が悪化しないよう、円満な退社を心がけましょう。

退職の日は、やるべき業務や挨拶回りでバタバタするものです。余裕を持って、心からのお礼を伝えるためにも、やることや時間配分を明確にイメージしておきましょう!これまでのお仕事、お疲れ様でした。

ページトップ
S