COBOLからPepperまで、35歳定年説を超えてコードを書き続ける20年選手の「こだわらないキャリアパス」

プログラマ・エンジニアとして働いていたら一度は耳にするであろう「35歳定年説」。そんな中、自身でコードを書き一線で活躍している先輩エンジニアに、長年エンジニアの仕事を続けてきて考えていることや、心がけなどを語ってもらいました。