システムエンジニア ★年間休日125日/定着率97.9%/有休取得率80%以上
株式会社オー・エム・ケー
株式会社オー・エム・ケー
募集職種
システムエンジニア ★年間休日125日/定着率97.9%/有休取得率80%以上
転職者インタビュー詳細

働き方も、雰囲気も、いい意味でIT企業っぽくないです。

ITソリューション部 システムエンジニア
大野 信一

千葉県出身の49歳。前職では、新卒で入社した建築系のIT企業に約20年勤務。設計から構築までできるCADを使った仕事やプログラミングに大きなやりがいを感じていたという。しかし40歳を過ぎて管理職の仕事が増え始める。もっとエンジニアとして現場で活躍したいとの理由から、オー・エム・ケーに入社。現在は入社7年目で、鉄道系のソフトウェア開発に携わっている。休日はイカ・フグを釣りに千葉へ。高校生と中学生の子供2人がいる。

前職
設計業界
CADオペレーター(建築)、製図
転職後
ソフトウェア・情報処理業界
システムエンジニア(制御・組み込み系)

動画でcheck!インタビューの様子

オー・エム・ケーのちょっと変わった雰囲気とは…?
エンジニアとして最前線で働きたいと考えていた大野さん。最終的にオー・エム・ケーへの入社を後押ししたのは、面接時に感じた”社風”だったそう。大野さんのお人柄も伝わる動画なので、ぜひご覧ください!

転職理由と、この会社に決めた理由

前職では、建築系のIT企業に20年以上勤めていました。会社の規模も大きく、CADやプログラミングの仕事も楽しかったのですが、40歳を過ぎて管理職のような仕事が増えてきて。私はどちらかというとソフトウェアを作る現場での仕事が好きだったので、「エンジニアとして最前線で働きたい」との思いから、転職活動を始めました。

転職活動で重視していたのは「会社の規模」ですかね。自分の意見を言うのに、大きな会社だとなかなか通らなかったりするので。オー・エム・ケーでは50人程度と私にとってピッタリでした。また、面接の時にお会いした代表の浦壁さん、役員の高橋さんの人柄も良くて。オー・エム・ケーのトップは気の置けないというか、かしこまってない仲の良さがあります。エンジニアでそういった雰囲気って珍しいんですよ。仕事をするうえで楽しく働きたい、なんでも意見できる環境がいいと思っていたので、入社を決めました。

仕事の感想と、入社してよかった点

転職者インタビューイメージ1
入社して良かった点は、とにかく働きやすいことですね。前職では、終電で帰宅、急遽休日出勤、なんてこともよくありました。それに比べれば、完全週休2日制で、有休も取りやすい。当社では、単発で有休を取る方もいれば、まとめて取って長期休暇にする方もいます。ちなみに私は後者です。GWやお盆、年末年始と合わせて取っていずれも10連休にしました。

仕事のやりがいは日々感じています。私が担当している案件は鉄道系のシステムなんですが、実際自分が作ったものを通勤するのに毎日使っていますし、自分だけではなく、日本のほとんどの人が使っています。社会を支えているんだという実感がありますね。

もう一つは、プロジェクトを完遂した時の達成感ですね。1つの案件に約1年かけるので、一緒に働いていたメンバーとは仲間になります。終わると「よくここまでたどり着いたね」と肩を組み合って、喜びを共有しあう瞬間は嬉しい瞬間です。

中途入社だから分かる社風・カルチャー

当社の方針は「ムリな仕事はさせない」ってこと。本当に社員想いの会社で、私も実際に、プロジェクトから社員を撤退させているところを何回も見ました。会社としては「仕事を引き受けてムリをさせるくらいなら、断った方がいい」って考えなんです。断ったことで、売上は減りますけど、無理をさせて社員が会社をやめてしまったら、それが一番もったいない。だからもし、自分の担当した案件で残業が増えるようだったら、すぐに相談することができます。

また、「言いたいことは率直に言う」という風土が根付いているので、仕事以外でも社員の仲が良いです。毎年みんなで海外に社員旅行に行きますし、同じ案件を担当している同僚とはよく飲みに行きます。帰属意識も高くて、役員の高橋さんは週に1~2回も派遣先に来てくれるんですよ。年齢とか経歴とか、関係なしによく面倒を見てくれる会社です。
個人名の表記について
企業に1週間だけあなたのパーソナルシートが公開されます。企業から、応募のお願いや、レジュメ入力リクエストが届く可能性があります。
エン転職は、世界一 信頼性の高い求人情報を目指しています。
エン転職は、求人企業が発信する情報にエン転職取材担当、君塚の取材によるコメントを加え、さらに元社員や現社員からのクチコミ情報など多角的な情報を収集し、より信頼性の高い求人情報を提供しています。
もし、求人情報の掲載内容と事実に相違があった場合はエン転職事務局までご連絡下さい。調査の上、対応いたします。入社後に判明した相違点についても、情報をお寄せください。