ロゴマークの圧着スタッフ ★創業60年|スポーツ選手のユニフォームや帽子などへマークを付ける会社です
小西マーク株式会社 東京支店
小西マーク株式会社 東京支店
募集職種
ロゴマークの圧着スタッフ ★創業60年|スポーツ選手のユニフォームや帽子などへマークを付ける会社です
転職者インタビュー詳細

スポーツ好きだからこそ、楽しんだっていいと思います。

圧着スタッフ
戸田 裕一郎

1988年生まれ、31歳。28歳の時に前職のスポーツ用品ショップから転職し、入社して3年目を迎えた。高校時代の部活ではラグビー部に所属。社会人になってからフルマラソンをはじめ、2012年の東京マラソンでは2時間58分を記録するなど根っからのスポーツ好きである。最近の趣味はライブに行くこと。スポーツはほどほどに楽しんでいる。

前職
繊維・服飾雑貨・皮革製品業界
店長・店長候補(アパレル・ファッション)
転職後
繊維・服飾雑貨・皮革製品業界
技能工・作業員(生産・製造・加工・溶接)

転職理由と、この会社に決めた理由

前職は、ユニフォームなどを販売しているスポーツショップの店長代理として、10年勤めていました。高校を卒業してからずっと勤務をしていたのですが、退職する2年ほど前に店舗異動があったんです。「2年経てば元の店舗に戻す」と聞いていたので異動を了承したのですが、結局2年経っても元の店舗には戻れなくて…。このままここで勤め続けるよりも、この機会に転職しようと思い転職活動を始めました。

会社選びは、接客はもう充分経験したと思っていたので、もともと好きだった『スポーツ』というワードで接客以外の求人を探していました。そうしたら、たまたま当社を見つけたんです。

面接は、部長と一対一で行ないましたね。僕の志望動機を真面目に聞いてくれましたし、前職での境遇などを肯定的に受け入れてくれたのが嬉しかったです。人間性をきっちりと見てくれている感じがしたので、そのまま入社を決めました。

仕事の感想と、入社してよかった点

転職者インタビューイメージ1
入社して直後は、こなす仕事の量が思ったより多いと思いましたね。「名前がズレていないか」とか「番号の位置がおかしくないか」とか、意外とユニフォーム1着の圧着に時間がかかるんです。でも、前職で似た経験があったのと先輩のサポートがあったので、1ヶ月もすればそこそこできるようになりましたね。圧着だけでなく、伝票の見方から加工するまでの流れも説明してもらいましたし、放ったらかしということもなかったので安心できました。

あと入社して良かった点は、土日休みでプライベートの予定が決められることですね。変形労働時間とはいえ、閑散期は17時に帰宅できますし、繁忙期でも遅くとも必ず21時には帰れるので、そういった管理はしっかりしていて良いと思います。あと20代~30代前半が多くて、馴染みやすいですね(笑)個性はバラバラですがユーモアある方もいて、気楽に過ごせています。

中途入社だから分かる社風・カルチャー

作業を行なうスタッフとはいえ、各工程・各部署との繋がりが重要だということが、この会社ならではだと思います。前職は「売上が1番大事」「粗利をもっと増やせ」なんて、殺伐としていたのでその違いには驚きました。一応、1ヶ月の製作目標もあるのですが「納期に間に合わせるため、みんなで協力しよう」「他の部署とも連携しよう」という雰囲気です。おかげさまで、コミュニケーションも盛んですよ。

あとは、スポーツ好きな人が多いことですね。僕もそうですが、みんな何かしらスポーツに興味がある。スポーツ好きな人は、仕事以外でも楽しめる環境ですね。それに僕たちの仕事は、日本代表として活躍するトッププレーヤーのユニフォームも手がけるので、テレビやスタジアムで自分が圧着したユニフォームを着ている選手を見たときは、グッときますよ。新しく入ってくれる方も、一緒に好きなスポーツチームの話で盛り上がれるといいですよね!
個人名の表記について
企業に1週間だけあなたのパーソナルシートが公開されます。企業から、応募のお願いや、レジュメ入力リクエストが届く可能性があります。
エン転職は、世界一 信頼性の高い求人情報を目指しています。
エン転職は、求人企業が発信する情報にエン転職取材担当、谷口の取材によるコメントを加え、さらに元社員や現社員からのクチコミ情報など多角的な情報を収集し、より信頼性の高い求人情報を提供しています。
もし、求人情報の掲載内容と事実に相違があった場合はエン転職事務局までご連絡下さい。調査の上、対応いたします。入社後に判明した相違点についても、情報をお寄せください。