名札やシールなどの企画営業(製品開発も担当|社長のサポーター)★年休124日!
東和マーク株式会社
もうすぐ掲載終了(2020/3/4)
東和マーク株式会社
募集職種
名札やシールなどの企画営業(製品開発も担当|社長のサポーター)★年休124日!
トップメッセージ詳細

大事なのは、名札を付けて働く人々の姿を想うコト。

代表取締役
黛 文雄(まゆずみ ふみお)

10年程前に、同社の代表取締役に就任。父親が創立した会社を継いだ形である。名札・ネームプレートという手堅い製品を手がける、歴史の長い業界にありながら、そのモットーは「価値観を変える」。その想いは、新製品開発などに注力している背景でもある。「人生の楽しみの一つが仕事」と感じられるような前向きな働き方をしたいと、日々奮闘中。一方で、趣味は剣道・ゴルフ、最近はサックスを始めるなど、私生活もしっかり楽しんでいる人である。

我が社の現状と今後の展開

業績は、堅調に右肩上がりです。元々、競合が少ない業界でして。名札は一点物なので、大量生産が難しい…つまり利益を生むのが難しいんですね。そのため当社の様な老舗で、収益化のノウハウを持つ企業で無いと、参入しづらいんです。そんな中で当社は、お客様の要望に応じた新たな機能を持つ製品の開発もできる体制。これまでに名札だけで100種ものバリエーションを作ってきました。だから引き合いが多いのです。

そんな当社の目標は「名札と言えば東和マーク」と、第一想起される存在になること。名札に対する世間の認識って「義務的に付ける備品」の様なモノだと思うんです。ですが、たとえば名札に「接客スタッフさんの話せる語学力が分かるシールを貼る」などの工夫をすれば、スタッフさんも自身のスキルを誇れるし、お客様も助かる。「10秒の感動と、10秒の嬉しさ」と当社は呼んでいます。そんな製品を生み出せれば、目標も達成できると思うのです。

仕事をする上で大切にしていること

トップメッセージイメージ1
仕事をしている時の、自分と相手の気持ちです。「相手のお困りごとを解決したい」と自らワクワクしながら仕事をすれば、その気持ちが相手にも伝わる。すると相手も心を開いてくれ、結果お客様の満足度の高い仕事ができます。

「名札を作りたい」というお客様は往々にして「どんな名札にしよう」と困っていますし、コスト的な制約もあります。そんな中でも、例えば「低価格でも高級感を出せる材質もあります」とか、できる限りの提案をする。するとお客様もワクワクしてくれますし、私もより良いモノを探求したくなるのです。

仕事の時間は人生の大部分を占めるモノ。確かにストレスなどは付き物ですが、前向きに取り組めば楽しいモノになるし、そうなれば人生が楽しくなります。社員には「東和に入ってよかった」、お客様には「東和と仕事ができてよかった」。そう実感してもらえる会社にするため、この様な自分自身のご機嫌取りと相手の本音を大事にしています。

今回入社される方に期待すること

「自己責任」を大事にできる方と働きたいです。皆さんは転職活動をされているかと思いますが、最後に転職先を決めるのは自分であり、その選択の責任も自分にあります。自分の人生の責任者は自分だということです。仕事も、そうした自己責任を果たすことの繰り返しです。厳しいモノ言いに聞こえてしまったらすいません。ですが結局「決めたのは自分だ」と認識することが、人生にも仕事にも張り合いをもたらすと思うのです。

とは言え、必要以上にプレッシャーは感じないでください。ゆくゆくは私のパートナーとしてご活躍いただきたいですが、製品の知識や営業手法はイチからお教えします。営業活動を通じて、ノウハウやアイデアを吸収しながらじっくり成長していただければと。もちろん、成長過程での意見や提案も大歓迎です。後は先程お話した通り、自分の気持ち、相手の気持ちを大切にしてほしい。一緒に、名札や当社の可能性を変えていきましょう。
個人名の表記について
もうすぐ掲載終了( 2020/3/4まで )
企業に1週間だけあなたのパーソナルシートが公開されます。企業から、応募のお願いや、レジュメ入力リクエストが届く可能性があります。
エン転職は、世界一 信頼性の高い求人情報を目指しています。
エン転職は、求人企業が発信する情報にエン転職取材担当、高野の取材によるコメントを加え、さらに元社員や現社員からのクチコミ情報など多角的な情報を収集し、より信頼性の高い求人情報を提供しています。
もし、求人情報の掲載内容と事実に相違があった場合はエン転職事務局までご連絡下さい。調査の上、対応いたします。入社後に判明した相違点についても、情報をお寄せください。