「株式会社読売・日本テレビ文化センター/企画運営スタッフ(カルチャーセンターの講座企画~運営まで幅広く担当)★賞与年2回★講座受講料割引あり」の転職・求人・仕事情報。日本最大級の【エンジャパン】の転職サイトには、商品企画、商品開発の転職・求人情報が満載です!

企画運営スタッフ(カルチャーセンターの講座企画~運営まで幅広く担当)★賞与年2回★講座受講料割引あり
株式会社読売・日本テレビ文化センター
もうすぐ掲載終了(2020/3/1)
北千住センターにて、本社総務部の横澤様にインタビュー。年間受講者数のべ20万人、約1万講座のラインアップを誇る同社の働きがいや魅力について、詳しく伺いました。
エン転職 取材担当者
取材担当者-篠
掲載期間20/02/0320/03/01
株式会社読売・日本テレビ文化センター掲載終了間近

企画運営スタッフ(カルチャーセンターの講座企画~運営まで幅広く担当)★賞与年2回★講座受講料割引あり

正社員職種未経験OK業種未経験OK残業月20h以内
あなたの”好き”が、みんなを笑顔に。

募集要項

仕事内容
企画運営スタッフ(カルチャーセンターの講座企画~運営まで幅広く担当)★賞与年2回★講座受講料割引あり
当社は首都圏最大級のカルチャーセンター「よみうりカルチャー」を運営しています。あなたには、受講者が増えるような魅力的な講座を生み出してほしいのです。たとえば以前、音楽好きなスタッフが世界的アーティストの講座を企画。音楽関係の元雑誌編集長を講師として招いたところ、すぐに満員に。また、ロシア好きのスタッフが企画した、マトリョーシカの手作り講座も好評でした。そんなふうにあなたの「好き」を活かして、受講者の方々を笑顔にしてください。

<仕事内容>
■講座の企画
街角やインターネット、テレビ、新聞などで企画のヒントになる情報を収集し、企画案を練ります。自分自身が好きなモノ・コトから企画を考えてもOK。講座の内容をセンター内で相談しながらブラッシュアップし、ゴーサインが出れば新しい講座の出来あがりです。

■講師の方との折衝
企画した講座に最適な講師を探し、指導を打診します。交渉が成立したら、打ち合わせや教材・教室の準備などを進めます。たとえば、絵を描く講座であれば依頼を受けてバラの花を用意したり、座学の講座では使用する資料やテキストを用意したりします。

■講座の運営・管理
受講者数を安定して確保できるよう運営をサポートします。講座はスタートすると基本的に継続開催しますので、担当講師との信頼関係を築きながら、サポートしましょう。なかには40年も続いている講座もあります。

■受付・接客
お問い合わせや受講申し込みへの対応、当日のご案内などを行ないます。

■広報
チラシやSNSでPRするデータを作り、広報担当が情報発信します。

■イベント運営
受講者のための発表会などの運営を行います。

※本社配属になった場合、事業・営業担当、企業・自治体からの講座やイベントの受託、総務・経理などの業務があります。
応募資格 ■短大卒以上<未経験、歓迎!>
■35歳までの方
※長期雇用によるキャリア形成のため、年齢制限を設けています。(例外事由3号のイ)
募集背景 読売新聞グループの首都圏最大級のカルチャーセンターです。「よみうりカルチャー」の愛称で親しまれ、都内と近県の駅ビルや駅近などで15センターを運営しています。年間のべ20万人の受講者の皆様に、一流の講師陣が約1万講座を提供。きめ細かな講座の企画・運営を充実させるため、新たなスタッフを募集することにしました。
雇用形態 ■正社員
※試用期間6ヶ月あり
※試用期間中は昇給・退職金の支給はありません。賞与は基準額の5割支給です。
勤務地・交通
東京、神奈川、埼玉、千葉の各カルチャーセンターに配属します。

■東京/恵比寿・荻窪・錦糸町・北千住・金町・町屋・八王子・大森
■神奈川/横浜・川崎
■埼玉/大宮・浦和・川口
■千葉/柏

◎居住地を考慮して決定します。
◎転勤があります。
◎本社(東京都江東区清澄1-2-1)配属となる可能性もあります。
交通
勤務地によって異なりますが、ほとんどが駅ビル。駅チカです。

【本社】
半蔵門線「水天宮前駅」または半蔵門線・大江戸線「清澄白河駅」より徒歩約10分
勤務時間 シフト制(実働7時間)
※残業はおおむね月平均20時間以下です。

<シフト例>
9:30~ 17:30
13:00~21:00
11:00~19:00
14:00~22:00
給与 短大卒以上の方:月給16万7000円以上+賞与年2回
大卒以上の方:月給18万1500円以上+賞与年2回
※経験・能力等を考慮の上、優遇いたします。
※時間外手当は法定通り支給します。
休日休暇 ■シフト制(月8日以上)
■年末年始
■有給休暇
■産前・産後休暇 ※産休取得・復職実績あり
■育児休暇 ※育休取得・復職実績あり
■永年勤続特別慰労休暇
■慶弔休暇
■介護休暇・子の看護休暇
<年間休日105日>
福利厚生・待遇 ■昇給年1回(4月)
■賞与年2回(6月・11月/2019年実績:2.56か月分)
■交通費(全額支給)
■社会保険完備(雇用・労災・健康・厚生年金)
■時間外手当(法定通り支給)
■出張手当
■家族・扶養手当(配偶者/月2万円、子1人/月1万5000円)
■役職手当
■資格手当
■退職金、財形貯蓄
■制服貸与
■オフィス内禁煙
■資格取得支援制度
■育児短時間勤務制度 ※現在4名のスタッフが時短勤務で就労しています。
■結婚祝い金
■共済会
■介護休業制度・介護短時間勤務制度
■受講料割引制度 ※1講座を無料で受講可能!2講座目からも30%オフで受講できます。
転職・求人情報イメージ1
どんな内容にすれば受講者の方々が喜んでくださるのか、講師の方々と一緒に考えましょう。あなたのアイデア力が活かされます。
転職・求人情報イメージ2
講座は3か月ごとに新規のお申込みを受け付けています。中には半年や1年間のコースも。講師や受講者の方々と、長期的な関係を築けます。

取材担当者のコメント

動画でCheck! 職場風景
取材から受けた会社の印象

読売新聞東京本社が運営を委託している、首都圏最大級のカルチャーセンター「よみうりカルチャー」。現在15箇所のセンターを運営し、年間の受講者数はのべ20万人。講座数は約1万に及びます。

その人気の理由の一つが、講座の多彩さ。フィットネスや音楽、ダンス、スポーツなど、幅広いジャンルの講座を用意しているのです。元々カルチャーセンターに対し、「高齢者の方が、上品な趣味を楽しむもの」といったイメージを持っていた取材者ですが、その幅広い講座テーマをみて「年齢など関係なく楽しめそうだ」と感じました。

「今後も時代の変化に合わせ、今までにない新たな講座を積極的に生み出していきたい」と目を輝かせる運営スタッフ。同社では、年齢に関係なく意見を交換する自由な社風があるそうです。

常に新しいテーマを考え続けることができ、自分の好きなものを世に広めるきっかけにもなる。やりがいを感じながら働き続けられそうだ、と感じました。

この仕事のやりがい&厳しさ
やりがい講座を企画して終わりではなく、その後の講座準備から運営、管理にまで携わります。なので自分が企画した講座を受講したお客様の、リアルな反応を見ることが可能。笑顔で帰っていかれたり、「楽しかった」といったお言葉を聞けたときは、この上ない喜びを感じられるそうです。一貫してサポートする立場だからこそ、得られるやりがいでしょう。
厳しさ講座の準備は、実は想像以上に体力勝負。机を動かしたり、電話応対したり、講師の方と打ち合わせをしたり、受講者の方の質問に答えたり。もちろん、当日の受付も担当します。遅番の日は21時半くらいに仕事を終えることもあり、体調を整えることが大事です。
この仕事の向き&不向き
向いている人自分が好きなモノ・コトの企画案を出せる仕事です。そのため、「自分が好きなものを広めたい」「多くの人に発信したい」と考える方に向いているでしょう。
向いていない人講師や受講されるお客様など、多くの皆様と接することが多い職場です。そのため、コミュニケーションが苦手な方には向いていないかもしれません。

会社概要株式会社読売・日本テレビ文化センター

設立 1980年12月
代表者 脇 雅俊
資本金 5000万円(出資:読売新聞東京本社)
従業員数 106名 ※パートスタッフを含めると285名(2020年1月現在)
売上高 32億4000万円(2019年3月期実績)
事業内容 ◇読売新聞東京本社から受託するカルチャーセンターの講座企画と運営。
◇講師派遣
◇公設生涯学習施設との連携
◇イベント企画
◇企業PR
事業所 ■本社
〒135-0024
東京都江東区清澄1丁目2番1号 読売江東ビル6F
一緒に働く仲間 センターの規模にもよりますが、運営スタッフは10名前後です。中途入社の方も多く、前職はイベント会社のスタッフやホテルのベルスタッフ、歯科衛生士などさまざまです。
企業ホームページ https://www.ync.ne.jp/

応募・選考について

入社までの流れ
STEP1
3月6日/書類選考の応募締め切り
STEP2
3月14日/午前:筆記試験、午後:役員面接
STEP3
3月16日/採用内定通知
STEP4
4月1日/入社
<入社後の流れ>
入社後2週間は、本社で座学研修を実施。会社の概要や業務の基本について学び、講座を実際に企画してみるなど、アイデアとノウハウを育みます。配属後は、先輩の指導で実務を経験しながら仕事の基本を覚えていきましょう。

<研修>
若手社員が交流を深める「活性化ワークショップ」で昨年はフリートークが好評でした。また、毎年春に読売新聞グループ全体の新入社員研修があり、広く学ぶ機会となります。
応募受付方法 エン転職にてエントリーの上、エントリーシートを郵送してください。下記URLからダウンロードが可能です。希望者には郵送でエントリーシートの送付も行なっています。

エントリーシート用URL:https://www.ync.ne.jp/staff-202004.php
面接地 ■本社
〒135-0024
東京都江東区清澄1丁目2番1号 読売江東ビル6F
連絡先 ■本社
〒135-0024
東京都江東区清澄1丁目2番1号 読売江東ビル6F
担当採用担当 横澤
TEL03-3642-1153
個人名の表記について
もうすぐ掲載終了( 2020/3/1まで )
企業に1週間だけあなたのパーソナルシートが公開されます。企業から、応募のお願いや、レジュメ入力リクエストが届く可能性があります。
エン転職は、世界一 信頼性の高い求人情報を目指しています。
エン転職は、求人企業が発信する情報にエン転職取材担当、篠の取材によるコメントを加え、さらに元社員や現社員からのクチコミ情報など多角的な情報を収集し、より信頼性の高い求人情報を提供しています。
もし、求人情報の掲載内容と事実に相違があった場合はエン転職事務局までご連絡下さい。調査の上、対応いたします。入社後に判明した相違点についても、情報をお寄せください。