プラント・制御装置の設計エンジニア(残業月20h以下/転勤なし/土日祝休み/昨年度の賞与は8ヶ月分)
本多エンジニアリング株式会社
本多エンジニアリング株式会社
募集職種
プラント・制御装置の設計エンジニア(残業月20h以下/転勤なし/土日祝休み/昨年度の賞与は8ヶ月分)
転職者インタビュー詳細

家族ができて、33歳で初めて正社員になりました。

プラント・制御装置の設計エンジニア
中村洋斗

大学院を卒業した後、派遣社員で水処理施設での調査業務などを手がける。7年働いたのち、正社員として本多エンジニアリングへ。2歳になる一児のパパ。34歳。

前職
電力・ガス・水道・環境・エネルギー関連業界
設備管理・保守(ガス・空調・上下水・消防等)
転職後
プラント・設備業界
機械・機構設計(工作機械・ロボット・重電)

転職理由と、この会社に決めた理由

――正社員になりたかった。
大学院を卒業後、派遣社員として下水処理場内の水処理施設や焼却施設での調査業務、サンプリング、データ整理・解析などをしていました。正社員になりたい気持ちはあったものの、専門知識を活かせてはいたので、それなりにやりがいはあって。動き出せないまま気づけば7年が経過。そんな僕をついに突き動かしたのは、結婚して子どもが出来たことでした。

最初は転職エージェントを使い、似たような仕事を紹介してもらって転職活動を開始。ですが、全然面接まで進めない。それで観念し、「少しでも興味を持てる会社があれば応募してみよう」と気持ちを切り替えたんです。その最中、エン転職で見つけたのが本多エンジニアリング。求人広告を見ると、家から近いうえ、何より正社員として働けて家族を養えるだけの稼ぎも期待できそうだと思いました。それに面接に進めた唯一の会社だったので、「ここでお世話になろう」と決めたんです。

仕事の感想と、入社してよかった点

転職者インタビューイメージ1
――プログラミングに悪戦苦闘。でも一歩ずつ成長している。
実は前職時代に、装置の設計エンジニアと関わることがあって。現場での動き方は大方イメージできていたんです。でも、そう簡単にはいかないですよね。まず、プログラミング。最初は、全く意味不明なので調べるんですが、今度は説明文に出てくる言葉がわからない…(笑)でも最近は、先輩の指示の通り機械的にやっていたのが、ようやく指示の意図から理解できるようになってきたところです。

――正社員として、大切な人のために働ける日々。
妻からは「早く正社員になって!」と突かれてました(苦笑)。だから、無事正社員になれて給料を頂けていることが、入社して一番良かったことですね。働く中では、「わからなければいつでも聞いて」と言ってくれる先輩ばかりで心強いです。最近は一人で現場に行くこともあり、昨日も先輩に写真を送って状況報告しながら質問して何とか乗り切りました。

中途入社だから分かる社風・カルチャー

――結構、社外の人と関わる仕事です。
エンジニアの仕事って「機械と黙々と向き合う」というイメージを持っている人も多いかもしれないですが、そうでもないです。弊社の場合、現地ではメーカーの担当者と接することはもちろん、同じく設備を動かすために来ている他の設備会社の方々とも話すことが結構あります。お互いに作業の順序を決める上で協力する必要があるので、コミュニケーションは大事ですね。

――「普通」だから、採用されたらしい。
入社してから、なぜ自分を採用したのか聞く機会があったんですが、なんと理由は「普通だったから」らしいです(笑)。面接の際、「玄関で靴をきちんと揃えていた」「話しかけたら笑顔で返してくれたから、大丈夫だと思った」とのこと。経験や前職などの話はほとんどしなかったんですが、お客様先では結構色々な方と接することもあり基本的なマナーが出来ているかは結構見られているポイントだと思います。
個人名の表記について
企業に1週間だけあなたのパーソナルシートが公開されます。企業から、応募のお願いや、レジュメ入力リクエストが届く可能性があります。
エン転職は、世界一 信頼性の高い求人情報を目指しています。
エン転職は、求人企業が発信する情報にエン転職取材担当、高橋の取材によるコメントを加え、さらに元社員や現社員からのクチコミ情報など多角的な情報を収集し、より信頼性の高い求人情報を提供しています。
もし、求人情報の掲載内容と事実に相違があった場合はエン転職事務局までご連絡下さい。調査の上、対応いたします。入社後に判明した相違点についても、情報をお寄せください。