予備校の校舎運営スタッフ ◆残業ほぼナシ、働きやすさも抜群の当社でキャリアを積もう!
株式会社エデュマン
もうすぐ掲載終了(2020/2/23)
株式会社エデュマン
募集職種
予備校の校舎運営スタッフ ◆残業ほぼナシ、働きやすさも抜群の当社でキャリアを積もう!
トップメッセージ詳細

人を育て、自分を育て、
いずれは地域をも育てる人に。

代表取締役
竹下 由剛

東京大学出身の42歳。プライベートでは、3歳、8歳、11歳の娘を持つ良きパパでもある。余暇の楽しみは、家族と出かける旅行。休日や仕事終わりには、ウィスキーをはじめとしたお酒を楽しむことも多い。

動画でcheck!インタビューの様子

我が社の現状と今後の展開

2017年の設立から2年が経ちました。事業の基盤はある程度固まってきたので、今後の課題は組織化ですね。現状は社員1人ひとりが独立して動いている状態。今後はもっと、組織としての力をつけていきたい。そのために、新しいポジションを作るなど、組織体制は柔軟に変化させながら少しずつ枠組みを固めています。

将来の展望は、年商50億円を超える企業になること。組織強化は、この目標を見据えて進めている取り組みです。これから先は、社員数やアルバイトの人数が増加し、さらに管理職の椅子が増えていくことは間違いありません。こうした環境をチャンスだと感じ、上昇志向を持って仕事に取り組める方にとって、魅力的な組織になってきているのではないでしょうか。

仕事をする上で大切にしていること

トップメッセージイメージ1
何事も、楽しむことですね。仕事において、大変だな、しんどいなと思うことがあっても、それを楽しみながら乗り越える方法を考えることにしています。業務としての特徴だけでなく、仕事を通じて生まれる人とのコミュニケーションや、自分自身の成長を実感できるかどうかなど、置かれた環境や委ねられたミッションを楽しむための観点はいくらでもあるはず。いわゆる「天職」とは、こうやって自分で見つけていくものだと思っているんです。

次に大切にしているのが、仕事を通して社会に貢献すること。社会の一員としての自分を見つめ、何のためにこの仕事をしているのか、この仕事は誰に、どんな影響をもたらすのか、を意識しながら働いています。すると、どんな工夫や楽しみ方ができそうかも見えてくる。目の前の仕事を淡々とこなすのではなく、主体的に取り組むことを重要視しています。

今回入社される方に期待すること

「人を育てる」という仕事の魅力を、存分に味わってほしいですね。校舎における日々のコミュニケーションを通じて育てた生徒たちは、社会に出て仕事をし、世の中を動かす存在となります。地域の企業で活躍したり、国家の経済成長に貢献したりと、大きな影響力を持つこともあるでしょう。だからこそ、校舎運営スタッフには、自分の仕事がスケールの大きな流れの起点となっていることを実感してほしいと思っています。

さらに、生徒を育てる経験を積み、ゆくゆくは一緒に働くアルバイトスタッフや後輩、部下などの育成にも関われるポジションでもあります。こうして「人を育てる人」を育てることで、仕事を通して世の中に与える影響は更に大きくなっていくもの。こうした流れに自分自身が参加できる点に魅力を感じ、率先して人を率いることができる方と一緒に働きたいですね。
個人名の表記について
もうすぐ掲載終了( 2020/2/23まで )
企業に1週間だけあなたのパーソナルシートが公開されます。企業から、応募のお願いや、レジュメ入力リクエストが届く可能性があります。
エン転職は、世界一 信頼性の高い求人情報を目指しています。
エン転職は、求人企業が発信する情報にエン転職取材担当、高浦の取材によるコメントを加え、さらに元社員や現社員からのクチコミ情報など多角的な情報を収集し、より信頼性の高い求人情報を提供しています。
もし、求人情報の掲載内容と事実に相違があった場合はエン転職事務局までご連絡下さい。調査の上、対応いたします。入社後に判明した相違点についても、情報をお寄せください。