「環境省/国立公園の利用推進担当(環境省職員)|国立公園の魅力のPR、アクティビティの企画などにも携わります。」の転職・求人・仕事情報。日本最大級の【エンジャパン】の転職サイトには、広報・IRの転職・求人情報が満載です!

国立公園の利用推進担当(環境省職員)|国立公園の魅力のPR、アクティビティの企画などにも携わります。
環境省
霞が関の環境省庁舎にて、採用責任者である国立公園利用室 室長の中島さんに取材しました。また、日光国立公園管理事務所にて実務にあたっている利用企画官の中山さんにもお話を伺いました!
エン転職 取材担当者遠藤
取材担当者-遠藤
掲載期間20/01/1320/02/09
環境省

国立公園の利用推進担当(環境省職員)|国立公園の魅力のPR、アクティビティの企画などにも携わります。

契約社員職種未経験OK業種未経験OK学歴不問完全週休2日面接1回のみ
国立公園の利用推進担当(環境省職員)|国立公園の魅力のPR、アクティビティの企画などにも携わります。イメージ1
「守る自然」から「楽しむ自然」へ。そのポテンシャルの高さを広めていくのは、利用推進担当のあなたです。
日本の自然はひと味違う。その事実を、世界は知らない。
日本には34の国立公園が存在します。実は、アメリカやカナダなど海外のそれとは大きな違いがあるのを、ご存知ですか。島国で育まれた独自の生態系、四季により豊かな表情を見せる草木や花、その中で暮らす人々が築いてきた文化が、日本の国立公園を織りなしています。

国土の7割を森林が占める国にも関わらず、この素晴らしい環境があまり知られていません。外国人観光客の旅行先も東京や京都、大阪が中心。もっと日本でしか味わえない自然を楽しんでほしい。そこで発足したのが『国立公園満喫プロジェクト』です。

注力する国立公園を決め、利用環境の整備や自然を楽しめるアクティビティの創出を実施。そして地域のガイドや住民、企業などと協力し、どうすればもっとこの国立公園を知って、楽しんでもらえるのかを考え、行動に移します。

自然があるだけじゃない。日本の国立公園には、そこに確かに息づく文化や人々の営みがあります。その魅力を国内外に広く知ってもらい、楽しんでもらい、大切にする心を育む。私たちの考える、新しい自然との共生の形です。

募集要項

仕事内容
国立公園の利用推進担当(環境省職員)|国立公園の魅力のPR、アクティビティの企画などにも携わります。
日本の国立公園を世界水準の"ナショナルパーク"としてのブランド化を目指すために発足した『国立公園満喫プロジェクト』。今回募集する任期付職員は「2020年までに国立公園の訪日外国人利用者数を1000万人とする」という目標に向け、各国立公園の魅力を発掘・発信していきます。

【『国立公園満喫プロジェクト』とは?】
34ある国立公園のうち、8つの国立公園に対し「国立公園ステップアッププログラム2020」を策定し、旅行者を惹きつける取組を計画的、集中的に実施する施策。現在、8公園だけでなく全国にも取組を展開し、アクティビティの創出や魅力の発信、環境整備や地域の受け入れ体制・自然保護体制の構築など、国立公園の総合的な魅力度アップを進めています。

【利用推進担当の役割とは?】
外国人観光客を含む公園利用者数の増加や利用環境の向上に向け、地域の関係者を巻き込みながら国立公園の利用に関する情報の収集、プロモーション、環境整備などを行ないます。

たとえば…
▼各地域のレンジャー(自然保護官)や事業者と共同した、国立公園を楽しむアクティビティの創出
▼魅力を発信するPR資料の作成および旅行関係の展示会などへの出展・PR
▼SNSなどを活用した国立公園の情報の発信
▼ファムトリップなどの企画および当日のアテンド
▼地域の自然資源の状況を把握し、関係者と一緒に望ましい利用のあり方を考えます。
※定員状況や能力、経験に応じ、国立公園の運営管理中心の職務をお任せする場合があります。

【大切なのは地域との協力体制】
日本の国立公園の特徴は、その中で生活を営む方々がいたり、事業を営む企業があること。そうした方々の理解や協力なく行動はできません。利用推進担当はその間に立ち、スムーズに施策が実行できるようプロデュースする役割も担います。
応募資格 <以下の経験のうち、いずれかをお持ちの方>
□接客、営業、広報などの実務経験(商品やサービスの提案・プロモーションに関わっていればOK)
□観光・旅行業界の経験(観光商品の企画など関係者間の合意形成などに関わっていればOK)
□自然関連の業務経験(自然環境ガイド、アウトドア関連アクティビティなどのインストラクターなど)
□自然資源に関する調査・研究又は管理・保全活動に関する経験
⇒特定の職種・業界経験を問わず、広く募集します。学歴は不問です。

<上記に加え、共通の応募資格>
■社会人経験(大卒5年以上、短大卒8年以上、高卒・中卒10年以上)※大学院での研究業務を含む
■自動車の運転免許を有し、運転ができること
■日本国籍を有し、採用予定期間中継続して勤務が可能なこと

詳細は、環境省採用HPをご覧ください。
http://www.env.go.jp/guide/saiyo/cat_x2/post_28.html
募集背景 ★2020年の節目に向け、プロジェクトをさらに加速させます。
環境省が中心となって推し進める『国立公園満喫プロジェクト』では、2020年に国立公園の外国人利用者数を1000万人にするという目標を掲げ、これまでさまざまな取り組みを実行してきました。

その最終年度となる2020年となり、さらに各施策のスピーディーな実施が求められます。とはいえ、その後も永続的に国立公園の魅力づくりや環境整備は不可欠。そこで、今回新たに国立公園の利用推進担当を増員することで、施策実行のスピードアップとクオリティアップの両立を実現させたいと考えています。
雇用形態 任期付職員(任期の定めのある環境省職員(行政職俸給表(一))として採用します。

[採用期間]
令和2年4月1日より令和4年3月31日まで
※採用時期は若干前後する可能性があります。
※任期終了以降、引き続き業務が継続する場合は、勤務実績等を踏まえた任期延長の可能性があります。
勤務地・交通
全国の地方環境事務所もしくは自然環境事務所所管の事務所での勤務
※勤務地の希望を考慮。U・Iターンを歓迎します。

【北海道地方環境事務所管内】
稚内市、上川郡上川町、千歳市
 
【釧路自然環境事務所管内】
斜里郡斜里町、目梨郡羅臼町、川上郡弟子屈町
 
【東北地方環境事務所管内】
青森県十和田市、岩手県宮古市、福島県耶麻郡北塩原村

【関東地方環境事務所管内】
さいたま市、福島県南会津郡檜枝岐村、群馬県利根郡片品村、栃木県日光市、神奈川県足柄下郡箱根町

【中部地方環境事務所管内】
名古屋市、三重県志摩市

【信越自然環境事務所管内】
群馬県吾妻郡嬬恋村、長野県松本市

【近畿地方環境事務所管内】
和歌山県新宮市、兵庫県豊岡市、鳥取県岩美郡岩美町

【中国四国地方環境事務所管内】
岡山市、鳥取県米子市

【九州地方環境事務所管内】
長崎県雲仙市、熊本県阿蘇市、鹿児島県鹿児島市、鹿児島県熊毛郡屋久島町
交通
※交通は勤務地により異なります。なお、通勤が可能であれば、勤務地に居住する必要はありません。
※勤務地の詳細についてはページ下部「入社までの流れ」および
環境省採用HP(http://www.env.go.jp/guide/saiyo/cat_x2/post_28.html)をご覧ください。
勤務時間 【関東地方環境事務所または中部地方環境事務所】
8:30~17:15または9:15~18:00(休憩1時間/12:00~13:00)

【上記以外の事務所】
8:30~17:15(休憩1時間/12:00~13:00)

※実働7時間45分(週38時間45分)
※必要に応じて残業が発生します。
給与 月給20万円以上
※上記月給は大卒(5年程度)の初任給の最低保証額です。経験や能力に応じ、加給いたします。
※上記に加え、勤務地に応じた地域手当、扶養手当、住居手当、通勤手当などが支給されます。
年収例
年収450万円/35歳  
年収500万円/40歳
年収670万円/50歳
※国家公務員の一般的なモデル給与例であり、実務経験や配置ポスト等により決定するため、上記の給与額を保証するものではありません。
休日休暇 ■完全週休2日制(土・日)
■国民の休日
■年末年始
■年次休暇
■特別休暇(結婚、忌引 等)
※週休日等にイベント等で勤務する場合は、休暇を振り替えることができます。
福利厚生・待遇 ■退職金
■地域手当
■扶養手当
■住居手当
■通勤手当
■期末手当
■勤勉手当
■超過勤務手当
など、条件に合致した場合に支給されます。
健康保険については、国家公務員共済組合(内閣共済組合)に加入します。
職員の多様性も幅広いです。 現在利用推進担当として活躍する環境省職員は、実に幅広いバックボーンを持っています。たとえば広告代理店でイベントの企画や運営などに携わっていたり、旅行会社で旅行商品の企画を経験していたり。はたまた地方銀行で観光業とのタイアップ業務の経験がある職員や、自然ガイド出身といった職員も。

いずれも共通しているのは、複数のステークホルダーの合意形成に関わる経験を持つこと。そして、もともとアウトドア関連のアクティビティを趣味にしていたなど、「自然環境に関わる仕事がしたい」という想いを持って入省している職員ばかりです。
転職・求人情報イメージ1
こちらは海外の旅行会社やメディア関係者、ブロガーなどを招いて行なうファムトリップ。この行程の企画やアテンドなども行ないます。
転職・求人情報イメージ2
地域の方々と打ち合わせを重ねたり、展示会で国立公園の魅力を広めたり。一つひとつのコミュニケーションで、国立公園の魅力が広く伝わっていきます。

取材担当者のコメント

動画でCheck! 職場風景
取材から受けた会社の印象

今回、利用推進担当だけでなく、複数の部署の方々に取材しました。その中で環境省の雰囲気について訪ねると、皆さん口々に「他の省庁に比べると職員も若く、フットワークが軽い」という答えが。官公庁と聞くと、書類による承認や根回しが必要だったりと腰の重いイメージでしたが、勘違いだったよう。

日光国立公園管理事務所の中山さんも「基本的に自分のアイデアが採用されるんですよ」と話してくださいました。旅行関係の展示会に参加した際も、展示だけでなくアクティビティの体験ブースを中山さんの提案で実施。その結果、なんとブースに行列ができるほど盛況だったのだとか。

これは環境省が他の省庁に比べても歴史が浅い(省としての設立は2001年!)ということも関係しているかもしれません。中には「ベンチャー企業みたいですよ」という方も。2019年には小泉進次郎氏が歴代最年少で環境相となるなど、今後ますます変化を遂げるかもしれませんね。

この仕事のやりがい&厳しさ
やりがい★PRに対してのリアクションが、手応えになります。
利用推進担当のPR手段の一つとして、旅行会社などをターゲットに開催される旅行関係の展示会などへブースを出展することも。その際に「どのように魅力を伝えたら、国立公園に興味を持ってもらえるか」と、展示内容に工夫を凝らします。たとえば日光国立公園管理事務所の中山さんの場合、ただブースにパネルなどを置くだけでなく、現地で行なうことのアクティビティをプチ体験できるコンテンツを用意。すると、他にいくつもブースがあるにも関わらず、中山さんが担当したブースには行列が!「自分が担当する国立公園に興味を持ってもらえている」と実感し、仕事の手応えを得られるのだといいます。

★地域の人たちの要望をカタチにできたときの達成感。
何か施策を打つときには、担当するエリアの住民や事業者、レンジャーといったステークホルダーとの調整が不可欠です。その際に要望もヒアリングし、それを無事に事業化できたときに達成感を得られるのだといいます。たとえばあるとき「国立公園内で自転車を使ったプログラムをつくれないか」といった要望をいただいたそう。それを受け、『国立公園満喫プロジェクト』のオフィシャルパートナーとなっているレンタサイクル事業を展開する企業を地域の方々に引き合わせ、無事に国立公園内での事業化が実現したとか。こうした積み重ねが、国立公園の魅力を少しずつ育てていきます。
厳しさ▲成果が必ずしも目に見えるわけではありません。
利用推進担当は、地域の方やレンジャー、アクティビティなどを運営する事業者などを相互に結びつけ、新たな取り組みなどを進めていく役割です。直接観光客と接したり、常時国立公園の中に駐在するわけではないため、利用者数などが増えているか…ということを実感しづらいところがあります。もちろん統計を取っていますので、前年度と比べてどのくらい増えているかを知ることができるものの、利用推進担当だけの成果とは言い切れません。ときには「自分の仕事がきちんと貢献に結びついているのだろうか…」と不安に感じることもあるといいます。

▲すべてが実現できるわけではありません。
どんなに魅力的な取り組みであっても、必ずしも実現できるとは限りません。法律や条例による制限がかかっていてできないといったこともあれば、なかなかステークホルダーの理解が得られないこともありますし、省としてその取り組みに関わるのはどうか…といった、さまざまな障壁がありえます。意見を発信しなければ何も変わらないことは確かですが、だからといって環境省としての立場を無視して事をなすことはできません。
この仕事の向き&不向き
向いている人★自然環境に興味がある方
豊かな自然と、そこに息づく文化など地域の魅力を発信、維持管理する役割です。そのため、もともとアウトドアに関連したアクティビティが好きだったり、自然保護や自然との共生といったテーマに興味をお持ちの方は、熱意を持ってこの仕事に取り組めるでしょう。また、日本の国立公園は地域社会と密接な関わりを持っていることが特徴です。国立公園への利用者が増えることは、地域貢献にもつながります。
向いていない人▲マルチタスクに抵抗がある方
利用推進担当は、幅広い業務に関わります。特に担当するエリアだけでなく、本省からの「今日中にPR資料をつくってほしい」「ファムトリップの行程を今週中に組んでほしい」といった、差し込みでの業務依頼も少なくありません。こうした一つひとつの業務を、地道にこなすことが求められます。

会社概要環境省

設立 2001年1月
代表者 環境大臣 小泉 進次郎
資本金 公的機関のため、資本金はありません。
従業員数 2037名(2018年3月現在)
売上高 公的機関のため、売上高はありません。
事業内容 地球環境保全、公害の防止、自然環境の保護及び整備その他の環境の保全(良好な環境の創出を含む)
並びに原子力の研究、開発及び利用における安全の確保。
事業所 東京都千代田区霞が関1-2-2
企業ホームページ http://www.env.go.jp/

応募・選考について

入社までの流れ
STEP1
第一次選考:書類選考(小論文、履歴書、職務経歴書)
STEP2
第二次選考:面接による人物試験(本省もしくは各地方環境事務所・自然環境事務所)
STEP3
内定
STEP4
入省 ※任期:令和2年4月1日より令和4年3月31日まで
<応募書類について>
エントリー後、下記の応募書類を「連絡先」のメールアドレスまでご送付ください。
※令和2年1月31日(金)必着

■小論文
「国立公園などの自然観光資源を活用した[1]利用の推進、[2]地域の魅力向上、[3]国内外への普及啓発([1]~[3]を自由選択)等に向けて、自身が貢献できること」について、800字程度で論述してください。

■履歴書(写真貼付)
※連絡用に携帯電話番号およびEメールアドレスもご記載ください。
※本人希望欄等に希望する勤務地をご記載ください(第3希望まで記載可)

■過去の業務経験一覧
※これまでの職歴を主な担当業務の内容とともに、時系列で記述してください。

<応募にあたっての備考>
※給与等については、学歴、経歴等を勘案して一般職の職員の給与に関する法律に基づき決定されます。
※採用内定者に選考された場合、健康診断を受診(自己負担、任意の医療機関で実施)し、その結果を提出していただくことになります。
※採用内定者に選考された場合、最終学歴に係る卒業(修了)証明書及び過去に在籍した会社等への在籍証明書を提出していただくことになります。
※最終的に採用内定者に選考された場合、現在職に就いている方は、採用時に当該所属先から退職していただく必要があります。
※応募書類の返却は行いませんので、あらかじめご了承ください。
※以下に該当する方はご応募できません。
・日本国籍を有しない方
・国家公務員法(昭和22年法律第120号)第38条の規定により国家公務員となることができない方
※ご応募にあたっては環境省の採用HPもぜひご覧ください。
http://www.env.go.jp/guide/saiyo/cat_x2/post_28.html

<勤務地詳細>
【北海道地方環境事務所管内】
・北海道稚内市末広5-6-1 稚内地方合同庁舎 稚内自然保護官事務所
・北海道上川郡上川町中央町603番地 上川自然保護官事務所
・北海道千歳市支笏湖温泉 支笏洞爺国立公園管理事務所

【釧路自然環境事務所管内】
・北海道斜里郡斜里町ウトロ西186-10 ウトロ自然保護官事務所
・北海道目梨郡羅臼町湯の沢町6-27 羅臼自然保護官事務所
・北海道川上郡弟子屈町川湯温泉2-2-2 阿寒摩周国立公園管理事務所

【東北地方環境事務所管内】
・青森県十和田市大字奥瀬字十和田湖畔休屋486番地 十和田八幡平国立公園管理事務所
・岩手県宮古市日立浜町11-30 宮古自然保護官事務所
・福島県耶麻郡北塩原村大字檜原字剣ヶ峯1093 裏磐梯自然保護官事務所

【関東地方環境事務所管内】
・埼玉県さいたま市中央区新都心1-1 さいたま新都心合同庁舎1号館6階 関東地方環境事務所
・福島県南会津郡檜枝岐村字下ノ原867-1 檜枝岐自然保護官事務所
・群馬県利根郡片品村大字鎌田字下半瀬3885-1 片品自然保護官事務所
・栃木県日光市本町9-5 日光国立公園管理事務所
・神奈川県足柄下郡箱根町元箱根旧札場164 富士箱根伊豆国立公園管理事務所

【中部地方環境事務所管内】
・愛知県名古屋市中区三の丸2-5-2 中部地方環境事務所
・三重県志摩市阿児町鵜方3098-26 伊勢志摩国立公園管理事務所

【信越自然環境事務所管内】
・群馬県吾妻郡嬬恋村大字三原679-3 万座自然保護官事務所
・長野県松本市安曇124-7 中部山岳国立公園管理事務所

【近畿地方環境事務所管内】
・和歌山県新宮市緑ヶ丘2-4-20 吉野熊野国立公園管理事務所
・兵庫県豊岡市竹野町竹野3662-4 竹野自然保護官事務所
・鳥取県岩美郡岩美町浦富字出逢1098-3 浦富自然保護官事務所

【中国四国地方環境事務所管内】
・岡山県岡山市北区下石井1丁目4-1岡山第2合同庁舎11階 中国四国地方環境事務所
・鳥取県米子市東町124-16米子地方合同庁舎4F 大山隠岐国立公園管理事務所

【九州地方環境事務所管内】
・長崎県雲仙市小浜町雲仙320 雲仙自然保護官事務所
・熊本県阿蘇市黒川1180 阿蘇くじゅう国立公園管理事務所
・鹿児島県鹿児島市東郡元町4-1 鹿児島第2地方合同庁舎2F 霧島錦江湾国立公園管理事務所
・鹿児島県熊毛郡屋久島町安房前岳2739-343 屋久島自然保護官事務所
応募受付方法 【応募期限:令和2年1月31日(金)必着】
エン転職の応募ボタンより、エントリーをお願いします。

その後、下記「連絡先」のメールアドレスに応募書類を送付ください。メール送付にあたっては、件名に「任期付職員(※)地方環境事務所 応募」と記載の上、本文中に「エン転職経由での応募」である旨の記載をお願いします。結果は追ってご連絡します。
※希望勤務地の所管事務所名(例:北海道、東北など)を記載してください。
面接地 本省もしくは各地方環境事務所・自然環境事務所のうち、希望の場所にて実施します。
連絡先 【本省】
〒100-8975
東京都千代田区霞が関1-2-2
環境省自然環境局国立公園課国立公園利用推進室
担当井對、竹節
TEL03-5521-8271
E-MAILkoen_riyo@env.go.jp
個人名の表記について
企業に1週間だけあなたのパーソナルシートが公開されます。企業から、応募のお願いや、レジュメ入力リクエストが届く可能性があります。
エン転職は、世界一 信頼性の高い求人情報を目指しています。
エン転職は、求人企業が発信する情報にエン転職取材担当、遠藤の取材によるコメントを加え、さらに元社員や現社員からのクチコミ情報など多角的な情報を収集し、より信頼性の高い求人情報を提供しています。
もし、求人情報の掲載内容と事実に相違があった場合はエン転職事務局までご連絡下さい。調査の上、対応いたします。入社後に判明した相違点についても、情報をお寄せください。