不動産営業(中央区エリアを担当)★賃貸営業からスタート!年間休日120日/年2回の昇給昇格あり
株式会社LotusLink
株式会社LotusLink
募集職種
不動産営業(中央区エリアを担当)★賃貸営業からスタート!年間休日120日/年2回の昇給昇格あり
転職者インタビュー詳細

「売る」から「教育体制の整備」へ。
“新ミッション挑戦”も当社では普通のこと。

仲介事業部・チームリーダー
荒木 史唯奈

福井県出身。前職はIT業界のベンチャー企業でテレアポ営業を担当。入社半年後に「リーダー」に昇格し、東京支店への配属なども経験する。入社3年2ヶ月目に転職を考え始め、同じ時期に「株式会社LotusLink」に不動産営業として入社。不動産業界は未経験で入社したが、月間MVP、年間MVPを多数獲得。現在は、今後の事業拡大のため一線を退き新しいミッションに挑戦中。趣味は旅行(日本・海外問わず)。人と話したり一緒に何かしたりすることが好きで、休みの日は友達と過ごすことが多い。

前職
インターネット関連業界
法人営業
転職後
不動産業界
法人営業

転職理由と、この会社に決めた理由

前職は地元のITネット回線の販売代理店に約3年間務めました。最初のテレアポ営業を働きぶりを評価してもらい、入社1年後には東京支社に配属。そこで、2年間マネジメントの経験を積みました。東京での生活に馴染んでいくうちに、他の会社で新しい挑戦をしたいという気持ちが大きくなりました。

明確に「これがやりたい」という希望がないまま転職活動を始める中で、友達から「知り合いの先輩が働いている不動産屋で内見に行くから付き合って」と誘われたんです。これがLotusLinkとの出会いでした。社長を紹介してもらい、「不動産営業として働かないか?」と話が進んだのですが、実はあまり乗り気ではなく。不動産と聞くとノルマがキツいイメージがあり、不安だったんです。でも、私の転職活動を心配してくれたり、無理に入社を押さず「ゆっくり考えてね」と言ってくれたりする社長の姿を見て、ここなら頑張れるかもと思い、転職を決めました。

仕事の感想と、入社してよかった点

転職者インタビューイメージ1
最初は覚えることがいっぱいで苦労しました(笑)路線・エリア・商談の流れ…分からないことだらけ。だから、空いた時間で勉強したり、先輩に積極的に質問しました。4ヶ月目に本配属が決まった時も、自分のスキルに自信を持てなかったんです。でも、先輩たちが一生懸命に仕事を教えてくれたので、絶対に恩は返したいと頑張りました。

仕事に慣れてきたのは1年後くらい。少しずつ場数を踏む中で、お客様の理想の住まいについて見当をつけられるようになったんです。思い描いていたことと、お客様の理想が“ドンピシャ”だった時は、とても喜んでいただけることが多くて。前職ではお客様と電話越しでの会話がほとんどでしたが、この仕事は、提案時~物件の鍵をお渡しするまで、ずっと一緒。お客様と直接顔を合わせるからこそ、かけがえのないご支援が出来ていると嬉しくなります。入社して2年後に、年間MVPを受賞できた時の喜びは今でも鮮明に覚えています。

中途入社だから分かる社風・カルチャー

例えば、社長は情に厚い人で、なかなか成果が上がらない人にも根気強く向き合ってくれます。普段は本社で活躍する人が店舗に足を運んで「手伝うことない?」と声をかけてくれたり。あたたかみのある社風です!

あと、幅広いキャリアが用意されている点も印象的です。実は私、店長のポジションを打診されたんですが、現場で成果を出す方が性に合っていてお断りしてしまって。ただ、「私にしか出来ないことで何か貢献はしたい…」と漠然と考えてはいたんです。そんな折、上司が「教育体制の整備や構築」を担うポジションに興味ない?と声を掛けていただき、教育のミッションをもつことになりました。出した成果をもとに、新たな挑戦の機会をくれたことはとても嬉しかったです。まだまだ成長フェーズにある会社だからこそ、新しい役割もどんどん生まれています。私のキャリアもそのモデルケースの1つ。社員の成長可能性も積極的に拡げてくれる社風だと思いますよ。
個人名の表記について
企業に1週間だけあなたのパーソナルシートが公開されます。企業から、応募のお願いや、レジュメ入力リクエストが届く可能性があります。
エン転職は、世界一 信頼性の高い求人情報を目指しています。
エン転職は、求人企業が発信する情報にエン転職取材担当、樽川の取材によるコメントを加え、さらに元社員や現社員からのクチコミ情報など多角的な情報を収集し、より信頼性の高い求人情報を提供しています。
もし、求人情報の掲載内容と事実に相違があった場合はエン転職事務局までご連絡下さい。調査の上、対応いたします。入社後に判明した相違点についても、情報をお寄せください。