タクシードライバー《有休が取りやすい&土日休み可》賞与年3回、平均月12日勤務で年収500万円~可能
三和富士交通株式会社
もうすぐ掲載終了(2020/2/26)
三和富士交通株式会社
募集職種
タクシードライバー《有休が取りやすい&土日休み可》賞与年3回、平均月12日勤務で年収500万円~可能
転職者インタビュー詳細

人間関係に悩まされず、私のペースで働けています。

タクシードライバー
丹藤里咲

埼玉県出身の23歳。大学生の時に居酒屋でバイトをしていたこともあり、人と接する仕事に就きたいと不動産の営業に挑戦。しかし職場の人間関係に悩まされ、転職活動をスタート。車の運転が好きだったことや、自分のペースで働けること、そして何より「絶対に地元の新座周辺で働きたい」と考え、2018年10月に三和富士交通に入社。お客様に愛されるタクシードライバーを目指し、日々奮闘している。

前職
不動産業界
個人営業
転職後
海運・鉄道・空輸・陸運業界
ドライバー、セールスドライバー、配送スタッフ、バス運転手

転職理由と、この会社に決めた理由

以前は、大宮で不動産営業をしていました。お客様と接する仕事にはやりがいを感じていたのですが、上司や先輩に気を遣うことが多くて…。職場の人間関係がストレスになり、「このままではダメだ…」と転職活動を決意しました。タクシードライバーになろうと思ったのは、前職で車を使う機会が多く、運転が好きだったからです。また運転中は職場の人に気を遣うことも無さそうだなって。とはいえ荷物を運ぶドライバーと違ってお客様と接する機会もあり、そのバランスが私にはピッタリでしたね。

三和富士交通のことは、学生時代にアルバイトをしていた居酒屋で契約していたこともあり、昔から知っていました。また運転手が黒子や忍者のコスプレをする「イベントタクシー」がよくテレビで紹介されていて、面白そうな会社だなってずっと気になっていたんです。それで採用サイトを見たら、休みやお給料なども充実していて、それが入社の決め手となりました。

仕事の感想と、入社してよかった点

転職者インタビューイメージ1
入社して良かった点は、自分のペースで働けることです。前職は営業職だったので、ノルマに追われることが多く、売上が達成できなければ残業もよくしていました。ただ今の仕事は、働くも働かないも自分次第。ノルマもありませんし、休憩も自由に取れます。また1日仕事をすれば、次の日は丸1日お休み。出勤は月12日程なので、プライベートも充実できるんです。

とはいえ、最初は不安でした。でも研修などの教育制度も充実していますし、入社後3ヶ月は月収30万円が保証。万全のサポート体制なので、仕事を覚えることに専念できました。また土地柄、お客様は高齢者の方が中心。「◎◎病院に行くには、この道が良いよ」「お釣りはいいからとっておいてよ」なんて風に、孫のように優しく接してくれます。この前なんか「次も丹藤ちゃんをお願いするね」と、お客様に初めて言って頂けて…。その時は、言葉にならない位に嬉しかったですね。

中途入社だから分かる社風・カルチャー

転職したキッカケにも繋がるのですが、人間関係に悩むことは無いですね。というのも、運転中は基本的に一人。もし分からないことがあれば、仲の良い先輩に質問するなど、自分の好きな人とだけ関わっていればOKなんです。もちろん仲が悪いとかではないですよ。余計なしがらみが無いから、自分で人との距離感や付き合い方を決められるのです。

またウチの会社は、ボウリングやフットサル、野球大会といったイベントなどもありますが、これらの参加も全て自由。「強制参加で貴重な休日が潰れる」とか「上司や先輩も出るから、私も参加しなければいけない」なんてことはありません。毎回参加するのはきっと大変だと思いますが、こうしたイベントが一切無いのも逆に寂しい気がするんです。その“ほどほど”の付き合い方が、私には合っているんでしょうね(笑)。今は、ストレスのない日々を過ごせています。
個人名の表記について
もうすぐ掲載終了( 2020/2/26まで )
企業に1週間だけあなたのパーソナルシートが公開されます。企業から、応募のお願いや、レジュメ入力リクエストが届く可能性があります。
エン転職は、世界一 信頼性の高い求人情報を目指しています。
エン転職は、求人企業が発信する情報にエン転職取材担当、高橋の取材によるコメントを加え、さらに元社員や現社員からのクチコミ情報など多角的な情報を収集し、より信頼性の高い求人情報を提供しています。
もし、求人情報の掲載内容と事実に相違があった場合はエン転職事務局までご連絡下さい。調査の上、対応いたします。入社後に判明した相違点についても、情報をお寄せください。