「特定非営利活動法人ジャパンハート/ラオス事業責任者(国際医療事業を促進させるポジション)」の転職・求人・仕事情報。日本最大級の【エンジャパン】の転職サイトには、海外営業の転職・求人情報が満載です!

ラオス事業責任者(国際医療事業を促進させるポジション)
特定非営利活動法人ジャパンハート
東京事務所にて、カンボジア事業部長の堀内さんにお話を伺いました。今回募集しているのは、カンボジア事業を率いる堀内さんと同様に、ラオスでの事業を推進するポジション。一国の事業責任者として活躍できます。
エン転職 取材担当者森本
取材担当者-森本
掲載期間19/11/2819/12/25
特定非営利活動法人ジャパンハート

ラオス事業責任者(国際医療事業を促進させるポジション)

契約社員職種未経験OK業種未経験OK学歴不問内定まで2週間
ラオス事業責任者(国際医療事業を促進させるポジション)イメージ1
「医療のないところに医療を届ける」を信条に活動する私たち。誰もが平等に医療を受けられる社会を作ります。
山を越え、国境を超えなければ、病気を治せない人がいる。
東南アジアの内陸部、カンボジアやタイなどと国境を接する国「ラオス」。悠々と流れるメコン川、辺りを連なる山々─そんな自然豊かな国に、医療にアクセスできずに苦しみ、静かに命を落とす人がいます。

実はラオス、増え続ける人口に対して医師の数が圧倒的に少なく、医療水準も高くありません。数少ない医療従事者は首都部に偏在しており、地方農村部、特に国土の70%を占める山岳地帯には、ほとんど医療が行き届いていない状態です。

つまり山岳集落では、たとえ小さな子どもが高熱にうなされていても、助けを求める先がありません。そびえ立つ山を越え隣国に向かったとしても、貧困ゆえ治療を受けることは難しいでしょう。そうした理由で医療を諦め、今この瞬間も失われてゆく命がある。この現実を、私たちは無視できません。

国際医療ボランティア団体『ジャパンハート』は今後、ラオスの医療事情を変えるべく、さらなる活動の推進を図ります。私たちに何ができるか、どこまでできるか、考え続け、行動し続ける。そんな覚悟がある方に、事業責任者の座を委ねます。

募集要項

仕事内容
ラオス事業責任者(国際医療事業を促進させるポジション)
『ジャパンハート』は、発展途上国で医療活動を推進するボランティア団体。今回募集しているのは、そのうち「ラオス」での医療活動を促進・機能させるための責任者ポジションです。

■なぜラオスなのか
ラオスは人口に対して医療従事者の数が極端に少なく、特に山岳地帯は「最寄りの病院が数十キロ離れている」というケースも少なくありません。加えて、現地で暮らす人々は決して経済的に豊かとは言えず、病気やケガをしても「治療を受ける」という選択すらできない方もいます。こうした状況を変えたいと考えたのが、私たち『ジャパンハート』です。

■ミッションはある。ゴールはない。
私たちが目指すのは、「医療の届かないところに医療を届ける」ことで、すべての人が命を幸せに生きられる社会。そんな社会を創りあげることが、私たちの使命であり信条でもあります。では、何ができれば使命を果たせたと言えるのか。その問いに答えはありません。あなたにも、ラオスという国の医療をどう変えるのか。どのようにして救えない命を救えるようにするのか。そのためにはどう事業を推進し、まず何から着手すべきなのか──。これらを考えることから始めていただきます。

■事業を動かす“第一人者”として
ラオス事業はすでに始動しているものの、本格的に稼働させていくのはこれからとなります。必要に応じてラオスの歴史や法律、医療の知識を学び、取り組むべき課題の優先順位をつけ、具体的なプランニング・実行まで主導してください。主に想定している業務は次のような内容となります。

・現地政府機関・国際機関との折衝業務
・ラオス事務所の運営業務全般(会計管理・人事管理の監督も含む)
・ドナーへの申請書および報告書の作成
・予算の作成と執行の管理
・東京本部との連携など

※使用言語はすべて英語となります。
応募資格 以下3点の条件を満たす方を対象とした募集です。

(1)年齢が30歳以上であること
   └30歳未満の方は、ラオスの法律で同職種に就労することができません。

(2)3年以上のマネジメント経験
└ラオスの法律で定められていることに加え、多様な医療従事者を束ねることは
  高いマネジメントスキルが要求されます。

(3)ビジネスレベルの英語力を身につけていること
   └現地の政府機関や国際機関などと、スムーズに折衝できる方を求めています。

※上記を満たす方であれば、業界・職種の経験は問いません。学歴や医療の知識も不問です。
募集背景 日本有数の国際医療ボランティア団体である『ジャパンハート』。「医療の届かないところに医療を届ける」をミッションに掲げ、無償での治療を年間3万件以上提供しています。活動の舞台となっているのは、東南アジアを中心とした世界6ヵ国。そのうちラオスは、『ジャパンハート』が今後さらに活動を促進させていきたい国です。そこで今回、事業責任者というポジションに立ち、当法人のラオスでの医療活動を率いていただけるような方を採用することになりました。
雇用形態 契約社員(※1年ごとの更新となります。)
勤務地・交通
Unit 10, That Luang village, Saysettha district, Vientiane capital, Lao PDR
交通
ワットタイ国際空港より車で約20分
勤務時間 8:00~17:00(実働7時間30分)
※現地時間。ラオスと日本の時差は2時間です(日本より2時間遅れています)。
給与 月給$1.654.00~(日本円で18万円~)
※USドル
※経験や能力に応じて決定します。
※残業は基本的にありませんが、万が一時間外労働が発生した場合は、別途手当を支給します。
休日休暇 ■週休制(シフト制)
■有給休暇
福利厚生・待遇 ■各種社会保険完備(雇用、労災、健康、厚生年金)
■寮あり(家賃・光熱費など全額負担)
■食事補助(1日1ドル、食堂にて対応)
■施設内禁煙

<以下は当法人が負担いたします>
■滞在中の海外旅行保険費用
■VISA取得に関わる費用
■赴任の際の航空券費用
ジャパンハートのはじまり 当法人のはじまりは、1995年。当時30歳だった吉岡秀人(ジャパンハートの最高顧問であり、今も小児外科医として活動を続けている人物)が、単身でミャンマーに赴き医療活動を始めたことがきっかけです。貧困や医師不足を理由に医療を受けられない人々に対し、自身のお金が尽きるまで治療を提供し続けました。その後、2004年に吉岡はジャパンハートを設立。数人の医師と看護師と共に、主にミャンマーを拠点に活動を推進していきました。支援内容は医療活動にとどまらず、視覚障がい者への支援、養育施設の運営、孤児里親制度などと幅を広げ、活動拠点もカンボジア、ラオスと拡大。現在は6ヵ国で活動を行なっています。
転職・求人情報イメージ1
ラオスでは、日本からのボランティアだけでなく、現地スタッフも多数活躍してくれています。全員で心を一つに、目の前の命と向き合います。
転職・求人情報イメージ2
現地の子どもに治療を施す、小児外科医の吉岡秀人。最高顧問となった今も、第一線で活動を続けています。

取材担当者のコメント

動画でCheck! 職場風景
取材から受けた会社の印象

『ジャパンハート』の活動拠点は、東南アジアを中心とする6ヵ国。紛争地域でもなければ疫病が流行している地域でもないため、緊急で助けを必要としている方は少数です。ですが同地域には、貧困や医師不足が原因で、治療を受けたくても受けられない人々が大勢います。命に関わる病気やケガはもちろんのこと、たとえ命に別状のない疾患であっても、そのまま放置してしまえば心に傷を負ったまま生きていくことになるでしょう。そんな方々を救うことで、人生の質を上げるお手伝いがしたい。誰もが生まれてきてよかったと思える社会をつくりたい。そうした想いが活動の根源にあるのです。

だからこそ同法人では、目の前の命にじっくり向き合うことを大切にしており、治療だけでなくご家族も含めた精神状態のケア、子どもへの自立支援、教育なども行なっているそうです。医療の新しい概念を創り出すNPO法人。今後の活動に期待が膨らみます。

この仕事のやりがい&厳しさ
やりがいラオスの今を見つめ、国際医療活動の推進、最適化を目指すという前例のないミッションを背負います。レールもなければゴールもなく、試行錯誤しながら進めていくことになるでしょう。あなた自身がラオスの今をどう捉えるか。何を最優先事項と捉え、どのように課題を解決していくのか。その一つひとつの想いや意志決定が、事業を前進させる機動力となります。決定権の大きさ、社会に与える影響力の大きさに、身が奮い立つことでしょう。
厳しさ活動拠点となるのは、ラオスにある同法人の事業所。視察のために地方出張に赴く機会も多そうです。山岳地帯などは水道、電気が思うように使えない地域も少なく、衛生環境も決していいものではありません。論文を読みたくてもネットが使えない、連絡を取りたくても取れない、お風呂に入れない…といったトラブルが起きうることは、事前に覚悟しておく必要があります。
この仕事の向き&不向き
向いている人社会貢献に繋がる事業に関わりたい方、国際協力に興味関心がある方に向いています。自身のキャリアや地位、収入を向上させることよりも、「社会のために何かできることをしたい」という気持ちを強く持てる方が歓迎されるでしょう。
向いていない人事業推進のためには、ラオスという国の文化を尊重し、相互理解を深め、現地の様々な方の協力を仰ぐことが欠かせません。自身の意見を貫きたいタイプの方や、トップダウン型の事業運営を想定されている方にはおすすめしかねます。

会社概要特定非営利活動法人ジャパンハート

設立 2004年
※NPO法人格取得年:2008年
代表者 最高顧問  吉岡秀人
理事長   吉岡春菜
事務局長  佐藤抄
資本金 NPO法人のため、資本金はありません。
従業員数 30人
事業内容 ■海外医療支援
■海外医療人材の育成
■養育施設の運営・教育支援
■視覚障がい者の自立支援
■小児がん患者への支援
■国際緊急救援(災害ボランティア)
■日本国内での被災地への医療人材支援 など
事業所 <東京事務局>
〒110-0016
東京都台東区台東1-33-6 セントオフィス秋葉原10階
企業ホームページ https://www.japanheart.org

応募・選考について

入社までの流れ
STEP1
Web履歴書による書類選考
STEP2
面接2回
STEP3
内定
※ご応募から内定までは2週間を予定しています。
※1月1日以降の入職を予定しております。入職日は相談の上で決定いたします。
応募受付方法 当ページよりエントリーください。追ってこちらからご連絡を差し上げます。
面接地 東京事務局もしくはオンラインにて実施させていただきます。

<東京事務局>
〒110-0016
東京都台東区台東1-33-6 セントオフィス秋葉原10階
連絡先 【ジャパンハート東京事務局】
〒110-0016
東京都台東区台東1-33-6 セントオフィス秋葉原10F
担当採用担当・西村
TEL03-6240-1564
個人名の表記について
企業に1週間だけあなたのパーソナルシートが公開されます。企業から、応募のお願いや、レジュメ入力リクエストが届く可能性があります。
エン転職は、世界一 信頼性の高い求人情報を目指しています。
エン転職は、求人企業が発信する情報にエン転職取材担当、森本の取材によるコメントを加え、さらに元社員や現社員からのクチコミ情報など多角的な情報を収集し、より信頼性の高い求人情報を提供しています。
もし、求人情報の掲載内容と事実に相違があった場合はエン転職事務局までご連絡下さい。調査の上、対応いたします。入社後に判明した相違点についても、情報をお寄せください。