「株式会社ヨシダ防災設備/消防設備の点検スタッフ ◎国家資格の取得サポート◎賞与昨年度実績3ヵ月分◎平均勤続年数12年」の転職・求人・仕事情報。日本最大級の【エンジャパン】の転職サイトには、設備管理・保守(ガス・空調・上下水・消防等)の転職・求人情報が満載です!

消防設備の点検スタッフ ◎国家資格の取得サポート◎賞与昨年度実績3ヵ月分◎平均勤続年数12年
株式会社ヨシダ防災設備
もうすぐ掲載終了(2019/11/24)
東京都葛飾区の本社にて、採用担当者の方にお話を伺いました。みなさん、同社で20年ほど働かれていらっしゃるということで、終始和やかな取材でした。
エン転職 取材担当者高椋
取材担当者-高椋
掲載期間19/10/1419/11/24
株式会社ヨシダ防災設備掲載終了間近

消防設備の点検スタッフ ◎国家資格の取得サポート◎賞与昨年度実績3ヵ月分◎平均勤続年数12年

正社員アルバイト・パート職種未経験OK業種未経験OK学歴不問内定まで2週間面接1回のみ転勤なし
消防設備の点検スタッフ ◎国家資格の取得サポート◎賞与昨年度実績3ヵ月分◎平均勤続年数12年イメージ1
設置・点検には、“消防設備士”という国家資格が必要で、先輩社員も入社後に取得しています。手に職をつけられる仕事です!
バブル崩壊の時も、リーマンショックの時も。
賞与のカットはありませんでした。
本当です。1979年の会社設立以来、一度もボーナスをカットしたことはありません。景気に左右されないビジネスなので、将来に不安を感じることなく、安心して働くことができます。

手がけているのは、オフィスビルやマンションなどに設置されている、消火器や火災報知器などの消防設備の点検・工事。じつはこれらの設備は、非常時に正常に動くように定期的に点検をし、維持管理することが「消防法第17条の3の3」で義務付けられているのです。そのため取引先のビルに訪問し、機器点検を6ヶ月に1回、総合点検を1年に1回必ず行なっています。

法律ですから点検の依頼は途絶えません。むしろ増えすぎて仕事を断っているぐらい。近年の建設ラッシュにより、新しくビルが建ち、お客様であるビルの管理会社が管理する建物も増加。また、ビルの改修工事に伴い、消防設備の見直しも増えています。

この先も消防法はなくならないので、将来に不安を感じずに長く働くことができるでしょう。事実、平均勤続年数は12年。20年、30年働く社員も少なくありません。

募集要項

仕事内容
消防設備の点検スタッフ ◎国家資格の取得サポート◎賞与昨年度実績3ヵ月分◎平均勤続年数12年
主に東京都内にあるオフィスビルやマンション、商業施設などに設置されている消防設備の点検をお任せします。消防設備とは、消火器や火災報知機、消火栓、誘導灯など。未経験からじっくり教えていきます。ゆくゆくは「消防設備士」という国家資格の取得も。下記【資格取得について】をご覧ください。

【具体的な仕事内容】
■点検作業
オフィスビルやマンションの管理会社から建物の図面をもらい、消防設備の設置場所をチェック。点検要領に沿ってひとつずつ点検します。たとえば「自動火災報知機」なら、受信機、各種感知器(煙・熱・光)、発信機などが正しく機能するか確認したり、「防煙設備」なら、火災が起きた際に煙を屋外に排出する設備が適切な場所に設置されているか点検したり。メーカーごとのスイッチの止め方や機械の特徴、お客様の施設のルールを覚えます。

※点検する消防設備の項目はおよそ25項目。
※2~5名のチーム体制で点検をしていきます。
※大きな設備であれば1日1件、その他の設備は平均1日2~3件まわります。

■事務作業
点検を終えたら終わりではなく、消防署へ提出する報告書や、点検現場で撮影した写真を貼ったクライアント向けの報告書、点検にて発見された不具合改善のための見積書の作成をしなければなりません。フォーマットに沿って入力。一部パートさんが手伝ってくれますので、事務作業の負担は軽減されます。

【1年間はOJTがあるので安心です】
入社後はマンツーマンで先輩が点検方法をひとつずつ伝授。期間は1年間です。現場も先輩と一緒に行きます。消火器→火災報知器→スプリンクラーと、1つずつ点検できる設備を増やし、5階建てのビルの点検を1人でできるようになったら独り立ち。消防設備全ての検査を覚えるまで約5年かかる世界。じっくり覚えて行きましょう。
応募資格 【業種・職種・社会人未経験者、第二新卒歓迎!学歴不問】
■特別な知識や経験は必要ありません。

※設備の名前から教えていきますし、業務遂行に必要な資格の取得もバックアップします。
募集背景 ■体制強化のため点検スタッフを増員。4名以上募集します!
消防設備の設計・施工をはじめとする、保守点検を行なう当社。設立から40年、堅実な作業と素早い対応でお客様との信頼関係を築いてきました。また、消防設備の点検は消防法で半年に1回と決まっているため、安定して仕事がある状態です。加えて、現在はビルの改修工事に伴い、消防設備の見直しが行なわれています。そのため、10年連続で売上は右肩上がり。しかし、現在のスタッフの人数だけでは足りず、お仕事をお断りしている状態に。そこで今回、新たな仲間を募集して、お客様のご依頼にすべて応えられるように体制を強化します。
雇用形態 正社員
※1~3ヶ月の試用期間があり、その間はアルバイトになります(1ヶ月で試用期間を終える人が多いです)。
※試用期間中の給与は日給8000円になります。
勤務地・交通
東京都葛飾区東四つ木4-9-9
※転勤はありません。
交通
京成押上線「四ツ木駅」より徒歩5分
勤務時間 変形労働時間制/月平均173.8時間
【8:00~17:00】での勤務がメインです。
※現場によっては深夜の作業になることもあります(月1回程度)。
※残業代は全額支給致します。
給与 月給20万円~50万円
※経験や能力を考慮の上、決定いたします。
※試用期間中は日給8000円となります。

【月収例】
月収33万5240円(月給22万円+残業代5万7240円+家族・資格手当など)/30歳・経験3年
月収36万8000円(月給25万円+残業代6万円+家族・資格手当など)/35歳・経験5年・主任
年収例
年収380万円(25歳・経験1年)
年収450万円(30歳・経験3年)
年収500万円(35歳・経験5年)
休日休暇 ■月8~9日(シフト制)
※毎月シフト希望の提出が可能。連休も取得できます。
■夏季休暇(3日+有休2日で5日間)
■年末年始休暇(5日間)
■有給休暇
■慶弔休暇
福利厚生・待遇 ■昇給年1回(4月)
■賞与年2回(7月・12月/昨年度実績3ヶ月分)
■社会保険完備(雇用・労災・健康・厚生年金)
■交通費支給(全額)
■時間外手当(全額)
■出張手当(1回につき3000円を支給)※年に数回程度です
■家族手当(配偶者に月10000円、子ども1人に月2000円支給)
■役職手当
■制服支給
■退職金制度
■報奨金制度
■資格取得支援制度
受験日は出勤扱いとなります。合格者には祝い金を支給致します。
■普通自動車免許(AT限定含む)/月15000円 ※運転免許を持っている方、全員に支給!

【国家取得をすると、給与がアップします!】
保有資格の難易度に応じて、資格手当を毎月支給します。例えば…
■消防設備士甲種/1種類あたり月2000円
■消防設備士乙種/1種類あたり月1000円
■電気工事士/月3000円など
配属部署 ■ほとんど辞めません。直近5年の定着率は90%以上。
担当するスタッフは20代、30代をはじめ、勤続20年以上のベテランメンバーもいるなど幅広い年齢の方が活躍しています。直近5年間の定着率は90%以上と高いのが特徴で、平均勤続年数は12年です。先輩の前職は、営業、引っ越し屋、車の整備スタッフ、ドライバーなど様々。会社の安定感に魅力を感じて入社する人が多いです。
資格取得について ■国家資格を取れば、資格手当を毎月支給。
消防設備の点検には「消防設備士」の資格が必要です(有資格者の監督の下であれば無資格者でも作業に従事できます)。近いうちに資格取得を目指していただきます。勉強は移動時間に行ない、分からない部分は先輩に聞くなどして知識を身につけましょう。消防設備士の合格率は、甲種では30%前後、乙種では40%前後となっているので、資格の難易度としてはそこまで高くなく、しっかり勉強すれば取得できると思います。合格者には祝い金も出ますし、資格手当も毎月支給されるので、積極的に取得していきましょう。
転職・求人情報イメージ1
社員同士の仲がよく雰囲気も良好です。幅広い年齢の方が活躍しています。こういった職場ですので、入社後もすぐになじめると思います。
転職・求人情報イメージ2
90%の社員が未経験からのスタートです。1年間は先輩がつき、じっくり指導していく予定。国家資格の取得支援なども含め、一人前に育てます。

取材担当者のコメント

動画でCheck! 職場風景
取材から受けた会社の印象

法律によって消防点検が義務付けられているので会社が安定している同社。少し気になったのは、競合他社にシェアを奪われることはないのか。この辺について取材で伺ってみました。同社が消防設備の点検だけではなく、改修・工事まで一貫して手がけられることが強みだそうです。他の会社は点検と改修工事を別にしているところも多いようですが、一社で全てを担当できる同社のほうがお客様としても管理が楽になり、魅力を感じるのだとか。また以前依頼をした会社に引き続き、点検を依頼したほうがこれまでの変更点なども分かるため対応がスムーズになります。また、「レスポンスの早さ」も支持されている理由だそうです。例えば、誤作動でも警報が鳴ったら、すぐ出動するそう。他社には真似できない小回りの利く姿勢が支持を集め、お客様からの紹介経由で取引先を増やしてきたのだとか。なるほど、これは本当に安定した会社だと思いました。

この仕事のやりがい&厳しさ
やりがい消防設備一つとってもチェックする項目は多岐にわたります。たとえば、火災報知器の場合でも、外形、表示、スイッチ類、通話装置、表示灯、接地、端子電圧…とチェック項目は数十にも及びます。また消防設備のメーカーごとに動作チェックのやり方も異なるため、一個一個着実に身につけていくことで、成長している実感を得られるようです。また培った知識を身につけた人だけが点検をすることを許されているので、安全を維持するのは難しく、限られた人しかできないんだ、という実感を持てるとのこと。ゆくゆくは消防設備士という国家資格も取得することになるので、そうなればよりプロとしての自覚をもてるそうです。
厳しさたとえば、生徒が800人くらいいる小学校を想定した場合、感知器の数は約500個程度、消火器も50本程度は設置されています。これらを全数点検するため、建物の中を隅々まで歩くことになるようです。大型の商業施設の点検では1日に3万歩くらい歩くことも(厚生労働省によると一日の平均歩数は男性6980歩、女性で6029歩なので平均歩数の約4倍になります)。そのため、特に最初の頃はひどく疲れるとのこと。慣れないうちは仕事終わりはクタクタになるでしょう。また、現在仕事が増えている関係で、責任者レベル(入社3年以降)になると現場から戻ってきてから書類作成を行なうため、残業が月40時間に及ぶこともあるそうです。
この仕事の向き&不向き
向いている人創業から約40年、堅実に業績拡大を続けてきた同社。消防設備の設置や定期点検は、法律で義務付けられているため、今後もなくならない仕事です。国家資格をとることもできるため「定年まで仕事を続けたい」「安定企業でじっくり働きたい」そんな方であれば、長く続けられると思います。
向いていない人覚えることは少なくありません。そのため点検の仕方、設備の操作の仕方、メーカーごとの特徴などを意欲的に学んでいくことができない方は向いていません。

会社概要株式会社ヨシダ防災設備

設立 1979年5月
代表者 代表取締役 上村 裕基
資本金 1000万円
従業員数 78名(2019年10月時点)
売上高 11億5787万8940円(2018年3月期実績)
10億8112万6650円(2017年3月期実績)
10億91万1028円(2016年3月期実績)
事業内容 消防設備の設計・施工・保守管理
■消防設備点検
■耐圧性能点検
■防火対象物点検・防火管理点検
■消防設備等改修・リニューアル工事
■建築設備定期検査
■特殊建物等定期調査
■防災機器販売
事業所 ■東京本社/東京都葛飾区東四つ木4-9-9
■横浜営業所/神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町928 プレシピスアベ1F
企業ホームページ http://www.yoshida-bousai.co.jp/

応募・選考について

入社までの流れ
STEP1
Web履歴書による書類選考
STEP2
面接(1回)
STEP3
内定!
※出来るだけ多くの方にお会いしたいと考えております!ぜひ面接でお話しましょう。
※ご応募から内定までは2週間以内、入社までは最短で1ヶ月以内を想定しています。
※最短で10月中の入社が可能。11月以降のご入社も歓迎しますので、ご相談ください。
応募受付方法 当ページよりご応募ください。追って、こちらからご連絡を差し上げます。
面接地 東京都葛飾区東四つ木4-9-9
連絡先 〒124-0014
東京都葛飾区東四つ木4-9-9
担当採用担当
TEL03-3697-1692
個人名の表記について
もうすぐ掲載終了( 2019/11/24まで )
企業に1週間だけあなたのパーソナルシートが公開されます。企業から、応募のお願いや、レジュメ入力リクエストが届く可能性があります。
エン転職は、世界一 信頼性の高い求人情報を目指しています。
エン転職は、求人企業が発信する情報にエン転職取材担当、高椋の取材によるコメントを加え、さらに元社員や現社員からのクチコミ情報など多角的な情報を収集し、より信頼性の高い求人情報を提供しています。
もし、求人情報の掲載内容と事実に相違があった場合はエン転職事務局までご連絡下さい。調査の上、対応いたします。入社後に判明した相違点についても、情報をお寄せください。