三協ラボサービス株式会社
掲載終了

三協ラボサービス株式会社実験用動物の飼育管理者(952256)の転職・求人情報は掲載を終了しています。

現在、掲載している転職情報は下記のリンクよりご確認いただけます。

三協ラボサービス株式会社の現在掲載中の転職・求人情報

エン転職は、転職成功に必要なすべてが揃っているサイト!
  • 扱う求人数は日本最大級。希望以上の最適な仕事が見つかる!
  • サイトに登録すると非公開求人も含め、企業からのスカウトが多数
  • 書類選考や面接対策に役立つ無料サービスが充実。
今すぐ決めたい方も、じっくり見極めたい方もまずは会員登録を!

エステティシャン、その他専門サービス系の現在掲載中の転職・求人情報

実験用動物の飼育管理者の過去の転職・求人情報概要(掲載期間: 2019/05/30 - 2019/07/10)

実験用動物の飼育管理者
正社員職種未経験OK業種未経験OK学歴不問残業月20h以内面接1回のみ転勤なし
医療の進歩は、偶然や奇跡だけじゃ起こらない。
医薬と医療技術の進歩。それは「一人でも多くの人の健康のために」という想いがエネルギーになっているのかもしれません。

短くても10年以上、長い長い時間をかけて繰り返す研究開発。「いつでも変わらない、再現性のある研究結果」を生み出すことができて、初めて新薬や医療技術は日の目を見る。そして、人々の健康や幸福に寄与できるのです。

その研究過程において欠かせないものが、動物実験です。人体による研究開発も当然あります。しかし、研究のプロセス全てをとり行なうことはできません。医薬の効果や安全性の証明に、私たちと同じ生命の原理で生きる動物たちの身体を使ったテストが不可欠なのです。

そんな動物たちの飼育に携わるあなたには、多くのものが求められます。命を慈しむ情愛の心。迷いや矛盾と向き合う強さ。プロに徹する責任感…。

もしもこの仕事を善か悪かで考えてしまえば、きっと答えは出ないでしょう。ただ、必要か不要かで考えるのならば。絶対に必要な仕事だと私たちは答えます。人々の健康で幸せな毎日のために、必要な仕事なのです。

募集要項

仕事内容
実験用動物の飼育管理者
当社とご契約をいただいている厚生省直下の研究所や製薬メーカー、国公立大学などの研究所に出向し、実験に使用される動物たちの飼育に携わります。当然のことながら、どの研究所も充分な飼育スペースを維持します。また、極力動物たちにストレスを与えることがないように、健康で快適な飼育環境を生みだすことが飼育管理者の皆さんの仕事です。

▼最初は先輩と一緒に仕事に取り組みます。
飼育する動物たちや飼育の規模により異なりますが、働いている当社のスタッフは1名~30名程度。最初は、先輩が一緒に働く研究所へ配属します。一人で働くことはありませんから、ご安心ください。

【毎日の仕事は…】
マウスやラット、ウサギ、犬、猿など飼育に関わる動物たちは多種多様。最初は比較的飼育の容易な動物たちから担当します。

仕事は、いつも動物たちの観察からスタートします。たとえば、体調が悪いと体毛が逆立っていたり。また瞳の色が変わっていたりもします。そういった微細な変化を見逃さないよう、毎日動物たちの観察をします。動物たちの変調の原因はさまざま(詳しくは下記「仕事のコツ」をご覧ください)。最初は先輩の飼育管理者と一緒に取り組んで、コツをつかみましょう。注意深く動物たちの様子を見て、ストレスの原因を取り除きます。

その他ルーチンの仕事として、日々のケージ交換は必須。床敷などの交換や、排泄物の片付けもします。床など飼育環境の清潔さを保つため、毎日の清掃や消毒も欠かせません。もちろん、給餌・給水などは決まった時間に決められた内容で行なっていきます。ときにはエンリッチメントという玩具を利用して、ストレスがたまらないようにしてあげます。
応募資格 職種も業界も一切不問です。学歴も問いません。仕事経験にブランクのある方なども歓迎します。
※実際、飲食店で働いていた方や看護師の方、電気工事の仕事をしていた方など先輩の前職も色々です。
※第二新卒の方、歓迎します。
募集背景 新薬や医療技術は、日々進歩しています。ただ、人間にとっての新たな脅威も日々生まれています。エボラ出血熱やエイズ、SARS、プリオン病、アルツハイマー病、ALSなどの神経難病…。前臨床試験を繰り返しながら、少しずつ、少しずつ歩み続ける。そんな医療業界にとって、当社はなくてはならない存在です。業界においてはトップクラスのシェアも獲得しており、さらにお客様のニーズへきめ細かくお応えしていきたいと考えています。そのため、この仕事に使命感を持ち、長く働いていただける方の増員を考えております。神奈川、静岡、茨城、大阪、東京など全国で増員を行ないます。
雇用形態 正社員(準社員)
※当社では、転居を伴う転勤のない働き方をする社員を「準社員」と呼称しています。
勤務地・交通
◎神奈川・静岡・茨城・大阪・東京にある、クライアントの研究所(約40箇所)へ出向となります。
└神奈川(横浜市・川崎市等)・静岡(伊豆の国市)・茨城(つくば市)・大阪(吹田市)・東京(文京区等)
※希望勤務地は考慮します。ご自宅からの通勤時間を考慮して勤務先を決定します。
※転居を伴う転勤はありません。
※【本社】東京都江戸川区西一之江2-13-16

★クライアント先へ出向しての仕事を行ないますが、1年間で何回も勤務先が変わることはありません。
交通
勤務地により交通は異なります。
※【本社】都営新宿線「一之江駅」よりバスで10分
勤務時間 8:30~17:30(実働8時間)
※勤務先により、開始時間と終了時間に変動があります。
※残業はほとんどありません。あっても月に5時間程度です。
給与 月給16万円以上 ★別途賞与あり。
※経験・スキルを考慮の上、決定します。
年収例
240万円(入社2年目)
休日休暇 ≪年間休日124日≫
■週休2日制(土曜・日曜 ※月1~3回程度、土曜もしくは日曜に出社する場合があります)
└休日出勤になった場合は、休日出勤手当として1.35倍の割増賃金を支給。
└もしくは平日から1日代休も取得できます。
■祝日
■夏季休暇
■年末年始休暇
■有給休暇
■慶弔休暇
■特別休暇
■産前産後休暇(取得実績あり)
■育児休暇(取得実績あり)
福利厚生・待遇 ■昇給年1回
■賞与年2回(昨年度実績:1.7ヶ月分 ※正社員は4ヶ月分)
■社会保険完備(雇用・労災・健康・厚生年金)
■交通費全額支給
■福利厚生施設利用制度(日本オーナーズクラブ/宿泊施設の割引がメイン)
■社内表彰制度
■時間外手当全額支給
■住宅手当(単身者、賃借で生活している方/月2万5000円)
■資格手当(月額5000円/実験動物技術者資格)※実務経験1年後より取得可能
└資格取得に向けて、先輩社員が親切に指導します。毎年90%の社員が合格しており、既存社員の90%が保持しています。
教育制度 ▼まずは導入研修を実施します。当社のポリシーやプライド、遵守すべき事項などお伝えします。
▼どのような動物実験があるのかといった内容や、細かな業務の進め方についても教えていきます。
▼お客様先での仕事になりますから、顧客対応の仕方などコミュニケーション面に関する指導も行ないます。

導入研修が終わったら現場へ配属。先輩とチームを組んで業務にあたります。動物の観察の仕方はもちろん、清掃をはじめとした飼育環境の維持方法など実務を通じてお伝えしていきます。同時に「実験動物 二級技術者資格」も取得します。こちらは実務経験があれば取得できるのでご安心ください。
仕事のコツ 動物にストレスを与えると、当然体調に変調をきたしてしまいます。体調に変調をきたせば、実験結果にも影響が出ます。「いつも変わらず、同じ結果が出ること」が、研究開発における大前提。そういった状況にならないよう、細心の注意を払うのが仕事のコツです。

【動物たちのストレス原因はさまざま】
たとえば温度や湿度などは大きな要因。暑すぎたり寒すぎたりしないように、常に空調の調整に気を配ります。逆に空調の音が大きすぎたりしたら、それが原因でストレスを与えてしまうことも。他にも給水用のパイプから水漏れして、身体が濡れたりするのもNG。あらゆる場所に原因は潜んでいます。先輩と一緒に分析する目を養っていきましょう。

会社概要三協ラボサービス株式会社

会社名 三協ラボサービス株式会社
設立 1976年9月3日
代表者 椎橋 明広
資本金 3500万円
従業員数 260名
事業内容 ■販売サービス
実験動物をはじめ、飼育に必要な飼料から、機器・器材・設備などの販売やコンサルティングを行なっています。

■飼育受託サービス
企業・学術機関などの飼育ラボにおける業務の受託を行なっています。
労働者派遣事業番号:派13-311712

■技術受託サービス
系統維持・生産・供給などに関わる様々な受託業務を専門スタッフが引き受けています。

◎「公益社団法人 日本実験動物協会」の「平成24年度 実験動物生産施設等福祉調査」で、
以下の評価を頂きました。

対 象 施 設:三協ラボサービス株式会社 つくばラボ
調査年月日:平成24年10月23日
評 価:すべて良好
付 帯 意 見:なし
事業所 【本社】   東京都江戸川区西一之江2-13-16
【北陸営業所】富山市黒瀬115
【札幌営業所】北海道札幌市清田区里塚2条4-9-12
【つくばラボ】茨城県土浦市
関連会社 日本エスエルシー株式会社、株式会社星野試験動物飼育所
3つの「R」に基づいた運営方針 3つのRとは「Replacement(代替)」「Reduction(削減)」「Refinement(実験精度向上)」の頭文字を取ったもの。1959年に英国の研究者により人道的動物実験の3原則として提唱された概念です。

可能な限り、動物を使用しない実験に置き換える。実験に使用する動物数をできるだけ減らす。実験方法など改良を続け、動物への負担を軽くしながら情報をより多く得られるようにする。これらの方針に基づき、私たちは事業運営を行なっています。

「公益社団法人 日本実験動物協会」など第三者機関による監査も定期的に実施されており、飼育環境はじめ、厳しい基準をクリアした企業のみが事業運営を許されています。
企業ホームページ http://www.sankyolabo.co.jp/
個人名の表記について
「三協ラボサービス株式会社」への気になるはこちらから
※ この求人に「気になる」をしておくと、次回この企業が募集を開始した際にメールでお知らせします。
※ 掲載終了後1年経過すると、「気になる」できなくなり、「気になるリスト」からも削除されます。
エン転職は、転職成功に必要なすべてが揃っているサイト!
  • 扱う求人数は日本最大級。希望以上の最適な仕事が見つかる!
  • サイトに登録すると非公開求人も含め、企業からのスカウトが多数
  • 書類選考や面接対策に役立つ無料サービスが充実。
今すぐ決めたい方も、じっくり見極めたい方もまずは会員登録を!