株式会社読売プラス
掲載終了

株式会社読売プラス読売新聞の校閲者 ※地域面を担当/1年後を目途に、一定水準到達で正社員登用(917581)の転職・求人情報は掲載を終了しています。

現在、掲載している転職情報は下記のリンクよりご確認いただけます。

株式会社読売プラスの現在掲載中の転職・求人情報

エン転職は、転職成功に必要なすべてが揃っているサイト!
  • 扱う求人数は日本最大級。希望以上の最適な仕事が見つかる!
  • サイトに登録すると非公開求人も含め、企業からのスカウトが多数
  • 書類選考や面接対策に役立つ無料サービスが充実。
今すぐ決めたい方も、じっくり見極めたい方もまずは会員登録を!

出版、印刷系の現在掲載中の転職・求人情報

読売新聞の校閲者 ※地域面を担当/1年後を目途に、一定水準到達で正社員登用の過去の転職・求人情報概要(掲載期間: 2018/12/10 - 2019/01/13)

読売新聞の校閲者 ※地域面を担当/1年後を目途に、一定水準到達で正社員登用
契約社員残業月20h以内転勤なし
記事の信用度を守る、『読売新聞』最後の砦
国内トップの販売部数を誇る『読売新聞』。1874年に創刊され、2015年には号数が5万号に到達しました。そんな読売新聞の100%子会社として、地域面の編集・制作業務を担っているのが読売プラスです。今回入社するあなたには、これまで培ってきた経験や知識を生かし、読売新聞の校閲者として活躍してほしいのです。

担当いただくのは、全国のご当地ニュースを紹介する地域面。皆が熱狂する甲子園の県予選といったスポーツ情報から世間を賑わす事件やニュース、知っていると嬉しい生活情報など様々。多彩なジャンルの記事に携わる毎日は、新鮮さに満ちています。

日本で最も多く読まれている『読売新聞』ですから、与える影響は絶大。校閲者の存在は、そんな読売新聞の品質を守る“最後の砦”と言っても過言ではありません。やりがいや社会貢献性も存分に感じることができるでしょう。

読売新聞の校閲者として、確かな安定を手に入れる。そんな選択はいかがですか?

募集要項

仕事内容
読売新聞の校閲者 ※地域面を担当/1年後を目途に、一定水準到達で正社員登用
◎国内トップの販売部数を誇る読売新聞の校閲業務をお任せします。

担当していただくのは読売新聞の地域面です。事件や行政のニュースを収容する「第一県版」、地域の話題や行政のお知らせなどの「第二県版」、生活情報などの「第三県版」の3つに分類される地域面を、それぞれの校了時間までに校閲することがミッション。1人の校閲者には1日あたり約3ページ分の校閲をお任せします。

【具体的には】
■誤字・脱字・不要な文字などのチェック
■誤用のチェック
■情報のチェック
┗参考資料・参考文献と記事を照合し、情報にミスがないかチェックしたり、記事内容に矛盾が生じていないかチェックしたりします。疑問があれば、記事を取材執筆している読売新聞の支局や、見出しとレイアウトを手がけている編成本部に連絡し、事実を確認。必要があれば、文章を修正します。

【校閲には大きな裁量権が与えられています】
新聞は「正しい情報」を「正しい言葉」で「分かりやすく」伝えることが最優先。そのため、言葉の誤用や読みにくい文章は、校閲側で修正を行っています。新聞は書籍・雑誌と異なり、筆者の意図や感性よりも、正確性や分かりやすさが重視されるため、校閲者には大きな裁量権が与えられています。

【研修は万全】
入社後はセンター長が講師を務め、関係各部署の役割など新聞社の説明から仕事の流れ・進め方まで、一つひとつ丁寧に指導します。その後、数ヶ月間のオン・ザ・ジョブ・トレーニングを経て、独り立ちします。

※読売新聞は国内トップの販売部数を誇ります。(出典:日本ABC協会「新聞発行社レポート 半期」2018年1月~6月平均)
応募資格 ■校正・校閲の実務経験をお持ちの方
■校正・校閲を専門の養成機関や通信教育などで学ばれた方
※上記いずれかを満たした方を想定しています。新聞校閲の実務経験は不問です。
※大学卒業程度の学力をお持ちの方が対象です。
募集背景 2014年4月、「校閲センター」を新設!読売新聞の校閲業務を受託しています。

読売新聞グループの一員として、発行部数国内トップを誇る読売新聞の編集・制作業務などを請け負っている読売プラス。2014年4月、その地域面などの校閲業務を受託する「校閲センター」を新設しました。現在、読売新聞東京本社から出向中のベテラン校閲記者10名と、35名の校閲スタッフが在籍しています。今回は約1年半ぶりに、追加募集が決定しました。(エン転職“独占”の求人です)
雇用形態 契約社員
※契約社員スタートですが、1年後を目途に、一定の水準に達すれば正社員に登用します。
※独り立ちして紙面を任せられる水準が目安。これまでは1年後に全員が正社員登用されています。
勤務地・交通
東京都千代田区神田錦町3-20 錦町トラッドスクエア6階
※転勤はありません。
交通
・地下鉄三田線、新宿線、半蔵門線「神保町駅」A9出口から徒歩3分
・東西線「竹橋駅」3b出口から徒歩4分
勤務時間 シフト勤務(実働7時間)
(例)(1)13:00~21:00 (2)14:00~22:00 (3)15:00~23:00 (4)10:00~18:00
※基本は(1)~(3)の勤務になります。
給与 日給9100円と勤務日数に応じた手当を支給。
※研修後、別途校閲手当あり(月2万5000円)
★月収例:22.8万円~23.7万円(21日勤務、25~40歳)
休日休暇 ■月8日以上 シフト制 ※土日祝勤務あり
■有給休暇(入社6か月後から付与)
■慶弔休暇
福利厚生・待遇 ■賞与 年2回(6月・12月)
■交通費別途支給(80km以内まで全額支給)
■各種社会保険完備(雇用、労災、健康、厚生年金)
■時間外手当
■産休・育休制度(取得実績あり)
■定期健康診断
■校閲手当(月2万5000円)
■財形貯蓄制度
■オフィスカジュアル
■新聞購読料補助
社員インタビュー ■入社4年目
前職は、書籍の編集。15年ほど働いていましたが、“校閲”の仕事に興味を持ち転職活動をスタート。色々な会社を探しましたが、正社員として雇ってくれる会社はなくて…。そんなとき出会ったのが、読売プラス。入社1年後を目途に、正社員登用の道があるというのは魅力的でしたね。また、“読売新聞”の校閲という社会的意義のある仕事にも惹かれました。入社後は、日々新鮮な気持ちで仕事に臨むことができています。地域面の校閲ということもあり、ジャンルを問わず様々な情報を知ることができて楽しいですね。
配属部署 今回配属されるのは、校閲センターです。読売新聞東京本社から出向中の校閲記者10名と、新たに入社した35名が在籍しており、30代の社員を中心に活躍しています。ベテラン校閲記者から多くのことを学びながら、情熱を持って仕事に取り組んでいます。

会社概要株式会社読売プラス

会社名 株式会社読売プラス
設立 1988年9月
代表者 代表取締役社長 水谷 宏
資本金 2000万円(読売新聞東京本社100%出資)
従業員数 362人(2018年11月1日現在)
事業内容 読売新聞等の編集業務及びデータベース制作の受託、読売グループ企業の給与計算業務や経理事務の受託など
事業所 【本社】東京都千代田区大手町1-7-1 読売新聞東京本社内
【箱崎本部】東京都中央区日本橋箱崎町36-2 Daiwaリバーゲート14階
【神田錦町】東京都千代田区神田錦町3-20 錦町トラッドスクエア3階/6階(編成本部/メディア編集本部校閲センター・シティライフチーム)
【大阪】大阪府大阪市北区野崎町5-9 読売新聞大阪本社東館5階(人材保険本部大阪保険営業所)
企業ホームページ https://yomiuri-plus.com/
個人名の表記について
「株式会社読売プラス」への気になるはこちらから
※ この求人に「気になる」をしておくと、次回この企業が募集を開始した際にメールでお知らせします。
※ 掲載終了後1年経過すると、「気になる」できなくなり、「気になるリスト」からも削除されます。
エン転職は、転職成功に必要なすべてが揃っているサイト!
  • 扱う求人数は日本最大級。希望以上の最適な仕事が見つかる!
  • サイトに登録すると非公開求人も含め、企業からのスカウトが多数
  • 書類選考や面接対策に役立つ無料サービスが充実。
今すぐ決めたい方も、じっくり見極めたい方もまずは会員登録を!