1. エン転職TOP
  2. 転職 公務員、団体職員、その他
  3. 転職 団体・NPO・学校法人職員
  4. 転職 NPO・NGO職員
  5. 特定非営利活動法人国連UNHCR協会の転職・求人情報
  6. 難民と支援者を繋げる“ファンドレイザー”◇ノーベル平和賞を受賞した国連機関の転職・求人情報(掲載終了)
掲載終了

特定非営利活動法人国連UNHCR協会難民と支援者を繋げる“ファンドレイザー”◇ノーベル平和賞を受賞した国連機関(911886)の転職・求人情報は掲載を終了しています。

現在、掲載している転職情報は下記のリンクよりご確認いただけます。

特定非営利活動法人国連UNHCR協会の現在掲載中の転職・求人情報

エン転職は、転職成功に必要なすべてが揃っているサイト!
  • 扱う求人数は日本最大級。希望以上の最適な仕事が見つかる!
  • サイトに登録すると非公開求人も含め、企業からのスカウトが多数
  • 書類選考や面接対策に役立つ無料サービスが充実。
今すぐ決めたい方も、じっくり見極めたい方もまずは会員登録を!

団体・NPO・学校法人職員の現在掲載中の転職・求人情報

難民と支援者を繋げる“ファンドレイザー”◇ノーベル平和賞を受賞した国連機関の過去の転職・求人情報概要(掲載期間: 2018/10/29 - 2018/12/02)

難民と支援者を繋げる“ファンドレイザー”◇ノーベル平和賞を受賞した国連機関
契約社員職種未経験OK業種未経験OK学歴不問残業月20h以内内定まで2週間面接1回のみ転勤なし
生きる希望をつなぐため、私たちだから「できること」を。
9億キロ。地球約143周分。命がけで故郷から逃れる世界中の難民が1日で歩く距離の合計と言われています。
紛争や迫害により母国では命が脅かされ、今この瞬間も、多くの人々が命がけの旅を続けています。
たどり着いた先で得られる支援は、厳しい避難生活を送る人々の生きる希望をつないでいます。

たとえば【1日100円の寄付】を1年間続けることで、厳しい冬を越えるためのあたたかい衣類を18家族分受け取れるようになります。
さらに【1日400円の寄付】を1年間続けることで、75もの家族に、避難先でも家族と一緒にあたたかいご飯が食べられるよう調理器具セットを届けることができます。

これから寒さも厳しくなっていく中、故郷を追われた人々に手を差し伸べ、命を守り、明日を支えるために私たちの役割はますます大きくなっています。
だからこそ、今日もこの街のどこかで、難民と支援者をつなげる架け橋として支援の輪を広げているのです。

募集要項

仕事内容
難民と支援者を繋げる“ファンドレイザー”◇ノーベル平和賞を受賞した国連機関
ファンドレイザーとは、国連の難民支援機関であるUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)が支援する難民とその支援者の架け橋の役割を持ちます。より多くの方に難民の実態を知っていただき、支援の輪を広げてください。

【UNHCRとは?】
UNHCRは1950年に設立された国連の難民支援機関。これまで1954年と1981年にノーベル平和賞を受賞しました。国連UNHCR協会は、UNHCRの日本における公式支援窓口として、難民支援の輪を広げるための活動を行なっている特定非営利活動法人(NPO)です。難民問題を解決するための支援活動に取り組んでいます。

■支援対象者は7144万人。世界130ヶ国で実施されています。
一般の方々を中心に難民支援の活動費をサポート頂けるよう、一つの現場に2~3名のファンドレイザーでイベントスペースや駅前などで呼びかけを実施。活動場所は日々異なり、お住まいなどを考慮して、通勤が1時間半圏内目安の場所にしています。

ご案内するのは継続寄付プログラム「毎月倶楽部」。故郷を追われた難民の方々は10年・20年と長期的な支援が必要なことが多く、その場だけの寄付を募るのではなく、継続して支援する必要性を伝えます。難民の現状、どのくらい役に立つのか、税金の優遇措置など、内容が多岐にわたるため、15~30分程お話することが多いです。

その日の活動が終わったら、直帰となります。月1回、在籍する連絡所にて振り返りを実施。事例等を共有し今後の活動に備えます。また、世界でどのように寄付金が使われているか報告を受けたり、現地スタッフの生の声を共有されたりと、社会貢献を実感できるタイミングがあります。

◎入職後は研修からスタート。特別な知識やスキルは必要ありません。詳しくは【研修体制】をご確認ください。
応募資格 <未経験・第二新卒歓迎!職種・業界経験はもちろん、社会人経験は問いません。>
学歴や知識などは、いっさい不問です。ボランティアを経験していなかった方やブランクのある方も、多数活躍しています。国際問題や社会貢献に関心の高い方からのご応募も歓迎します!
募集背景 国連UNHCR協会は、国連の難民支援機関であるUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の活動を支える日本の公式支援窓口です。世界の紛争状況や難民問題はさまざまなメディアを通して報道され、認知度は高まっているものの、実際にご支援いただける方は未だ少ないのが現状です。こうした状況を受け、より多くの方々にご支援者様となっていただけるよう、当協会ではファンドレイザーを【10名以上】増員することになりました。
雇用形態 契約職員(勤続1年以内は3ヶ月ごと、勤続1年超は6ヶ月ごとの契約更新。更新条件あり)
※1ヶ月の試用期間があります(更新条件あり)。
・長期的にご活躍いただける方を歓迎します。
・正職員への登用実績もあります。
勤務地・交通
札幌・東京・名古屋・大阪・福岡にある当協会連絡所
※勤務地は希望を考慮します。転勤はありません。
※各商業施設やイベント会場、駅前などの活動現場に直行・直帰しています。

■札 幌:北海道札幌市中央区大通西
■東 京:東京都港区南青山
■名古屋:愛知県名古屋市中区丸の内
■大 阪:大阪府大阪市北区南扇町
■福 岡:福岡県福岡市博多区網場町
交通
活動場所によって異なります。

■札 幌:市営地下鉄「大通駅」より徒歩7分
■東 京:各線「表参道駅」より徒歩15分
■名古屋:市営地下鉄「久屋大通駅」より徒歩7分
■大 阪:大阪メトロ「扇町駅」より徒歩6分
■福 岡:市営地下鉄「呉服町駅」より徒歩3分
勤務時間 シフト制
※業務時間例9:30~18:30の間で実働8時間
※活動場所により開始時間が多少変わります。
※残業は月10時間程度です。
※週3日だけの働き方も可能です。ぜひご相談ください。
給与 時給1100円~1500円 +成果給+通勤手当(交通費実費支給)+時間外手当
※経験・能力を考慮して、当協会規定により決定。
※時給1100円でひと月に21日(1日8時間)勤務した場合、月収は18万4800円となります。これに成果給と通勤手当、時間外手当(該当する場合)が支給されます。

<月収例>※成果給含む(通勤手当と時間外手当は除く)
月収25万円(入社半年)
月収30万円(入社2年目)
月収40万円(入社3年目)
休日休暇 ■週休2日制(月8日~10日/シフト制)
└週3日以上の働き方も可能です。ぜひご相談ください。
■年末年始休暇(4日)
■有給休暇
■病気休暇
■育児休暇
福利厚生・待遇 ■通勤手当(交通費実費支給)
■社会保険完備(雇用・労災・健康・厚生年金)
■時間外手当(全額支給)
■成果給
■出張手当
■制服支給
■私服勤務可
■副業可
UNHCRの取り組み UNHCRが携わってきた難民支援の中で、過去最大規模の危機となっているシリア紛争は、8年目に突入しました。UNHCRとパートナー機関は連携し、約550万人以上のシリア難民と、国内で避難する約600万人以上の人々を対象として継続的に支援をしています。1人でも多く救うための基本的な援助、難民登録、難民の半分を占める子どもたちのサポートに加えて、生活を支え自立への道筋をつける現金給付プログラムや職業訓練などにも取り組んでいます。
研修体制 入職後は、2日間の座学研修からスタート。イベントスペースや駅前で呼びかけができるようにトレーニングを行ないます。どのようにお声がけしたら良いのか、どのように説明したら分かりやすく伝わるか…といった観点でスクリプトを用いたトーク方法や個人情報の取扱方法や安全面を考慮したイベントブースの配置方法なども徐々に覚えていただきます。現場でも適宜フォローを行ないますので、安心して取り組めます。

会社概要特定非営利活動法人国連UNHCR協会

会社名 特定非営利活動法人国連UNHCR協会
設立 2000年10月
代表者 田中 明彦
資本金 特定非営利活動法人のため資本金はありません。
従業員数 200名
売上高 【寄付金】
57億9487万円(2020年12月期実績)
39億8110万円(2019年12月期実績)
36億3646万円(2018年12月期実績)
32億0231万円(2017年12月期実績)
28億4000万円(2016年12月期実績)
事業内容 1. 世界の難民問題に関する知識の普及と啓発
2. 国連難民高等弁務官事務所および援助関係者による難民への援助活動に対する協力と支援
3. 本会の支援者および寄付者の募集および各種サービスの提供
事業所 ■東京本部(管理グループ)東京都港区南青山6丁目10-11 ウェスレーセンター3階
■北海道連絡所/北海道札幌市中央区
■関東連絡所/東京都港区南青山
■中部連絡所/愛知県名古屋市中区
■関西連絡所/大阪府大阪市北区
■九州連絡所/福岡県福岡市博多区
国連機関のそれぞれの役割 <国際連合機関は各々異なる役割を全うしています>
世界の難民問題に取り組む:UNHCR
世界の医療問題に取り組む:WHO
世界の食糧問題に取り組む:WFP
世界の児童問題に取り組む:UNICEF
世界の技術・開発に取り組む:UNDP
当法人の説明 ■UNHCRについて
UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)は1950年に設立された国連の難民支援機関。1954年と1981年にノーベル平和賞を受賞しました。また、1991年~2000 年までの約10年間、日本人初の国連難民高等弁務官として、緒方貞子さんが難民援助活動の最前線に立ち、紛争の犠牲者たちに向き合い続けたことでも知られています。

■国連UNHCR協会について
国連UNHCR協会は2020年10月に設立20周年を迎えました。UNHCRの日本における公式支援窓口として、難民支援の輪を広げる活動を行なっている特定非営利活動法人(認定NPO法人)として、難民問題を解決する支援活動に取組んでいます。
企業ホームページ http://www.japanforunhcr.org/
採用ホームページ 特定非営利活動法人国連UNHCR協会 難民を守る・難民を支援する
https://en-gage.net/japanforunhcr_saiyo
個人名の表記について
エン転職は、転職成功に必要なすべてが揃っているサイト!
  • 扱う求人数は日本最大級。希望以上の最適な仕事が見つかる!
  • サイトに登録すると非公開求人も含め、企業からのスカウトが多数
  • 書類選考や面接対策に役立つ無料サービスが充実。
今すぐ決めたい方も、じっくり見極めたい方もまずは会員登録を!