一般社団法人 日本海事検定協会
掲載終了

一般社団法人 日本海事検定協会分析員 ★国内シェアトップクラスの検定機関★充実の福利厚生(893800)の転職・求人情報は掲載を終了しています。

現在、掲載している転職情報は下記のリンクよりご確認いただけます。

一般社団法人 日本海事検定協会の現在掲載中の転職・求人情報

エン転職は、転職成功に必要なすべてが揃っているサイト!
  • 扱う求人数は日本最大級。希望以上の最適な仕事が見つかる!
  • サイトに登録すると非公開求人も含め、企業からのスカウトが多数
  • 書類選考や面接対策に役立つ無料サービスが充実。
今すぐ決めたい方も、じっくり見極めたい方もまずは会員登録を!

団体・NPO・学校法人職員の現在掲載中の転職・求人情報

分析員 ★国内シェアトップクラスの検定機関★充実の福利厚生の過去の転職・求人情報概要(掲載期間: 2018/11/19 - 2018/12/16)

分析員 ★国内シェアトップクラスの検定機関★充実の福利厚生
正社員職種未経験OK業種未経験OK完全週休2日
分析で、国の安全を、人知れず守る。
創立から105年。日本海事検定協会は、日本を代表する第三者検定機関となりました。貿易等における企業間の取引をスムーズに進める上では欠かせない存在です。

例えばA社から「B社から輸入した肉から異臭がするから分析してほしい」と依頼がきたとします。A社が社内で独自に分析したとしても、その情報は客観性に欠けるためB社にクレームを入れても受け入れられづらくトラブルに発展する可能性も。そこで、第三者機関が介入する必要があるのです。

シャーレに培地をつくりコロニーカウンターで菌の数をチェック。こうした分析試験を行ない、報告書を作成。この報告書は商取引における重要書類となります。これはあくまでも一例。他にも燃料や包装材、金属等、幅広い分析を手がけ、企業や一般消費者の安心・安全を陰ながら支えています。

入会後1ヵ月は座学と実技を通して化学分析の基礎を学ぶ研修を受けるため、大学時代に学んでいたがブランクがあるという方も心配はいりません。

日本を代表する検査機関の一員として、陰ながら日本の安全を守る仕事をしませんか?

募集要項

仕事内容
分析員 ★国内シェアトップクラスの検定機関★充実の福利厚生
【何をするのか?】
大手総合商社、海運会社、倉庫物流会社、メーカー等から依頼を受けて、第三者機関として貨物や商品の品質や成分を分析します。品質が落ちている場合にはその程度や原因を、化学分析・物理試験・生物試験等の結果と併せ報告書として提出します。この報告書は商取引の際に必要な重要書類となります。企業間のトラブルを防ぎ、かつエンドユーザーへの安心・安全を守る仕事です。

【どんな分野があるのか?】
■理化学分析
石油・石炭等の燃料、化学品、金属原材料や製品、輸入規制がある有害物質(主に、鉛、水銀、ヒ素、カドミウム等)等を扱います。例えばタンク内の液体が軽油かどうか調べる場合。採取してきたサンプルを密度計を使って数値を計測したり、フラスコに入れて溶剤を混ぜ色の変化を観察したりします。

■食品衛生分析
放射線量を測定する「放射能分析」、国産や外国産、国内品での地域差等を調べてブランド商品の価値を確固たるものとするための「産地認証」、食品添加物、残留農薬、遺伝子組み換え検査、微生物検査等と食品の分析は多岐にわたります。

例えば冷凍食品、粉末清涼飲料や乳製品等の生菌数検査では、食品ごとに決められた前処理を行ないシャーレ内で抽出液と培地を混釈、冷却凝固させ、培養を行ないます。決められた期間と温度で培養を行ないコロニーカウンターという装置を使って、菌の数を算定します。

【入会後の流れ】
▼入会後1ヶ月は本部で集合研修(4月入会の場合)
座学と実技を通して化学分析の基礎を学んでいきます。

▼2ヶ月目以降は先輩のOJT
適性に応じ有機・無機・食品のいずれかのチームに配属となります。
配属後は先輩につき、分析の流れやコツを学んでいただきます。意欲次第で他分野の分析にも挑戦できます!
応募資格 《業界・職種未経験、第二新卒、歓迎!》
■大卒以上。化学、薬学、農学、生命科学、食品化学、物質工学、畜水産学等を学んでいた方
※過去の雇用形態は問いません。
募集背景 ◆体制強化に伴い、新メンバーを募集します。
1913年の創立以来、第三者検定機関として、貿易貨物の重量の計測や、品質の分析を行なう事業を手がけ、ハイレベルな分析員、高性能な機器類を揃え、有機、無機、食品全般の分析サービスを提供する日本海事検定協会。企業間の取引を陰ながら支えてきました。今後は、分析の分野においても、分析項目の拡充などを通してより多くのご依頼にお応えすることで社会に貢献していきたいと考えています。また、30代~40代の社員が中心なので、技術継承のために次世代を担う方をお迎えして育てていく予定です。
雇用形態 正社員
※3ヶ月間の試用期間があります。試用期間中の待遇に変動はありません。
勤務地・交通
横浜、大阪にあるいずれかの分析センター
■理化学分析センター・食品衛生分析センター/横浜市金沢区幸浦1-14-2
■大阪理化学分析センター/大阪市住之江区南港中6-2-47
※転勤があります。
交通
■理化学分析センター・食品衛生分析センター/シーサイドライン「鳥浜駅」より徒歩6分
■大阪理化学分析センター/ニュートラム「ポートタウン西駅」より徒歩9分
勤務時間 9:00~17:00(実働7時間)
給与 月給23万円以上
※経験・能力を考慮し、給与額を決定いたします。
年収例
510万円/25~30歳(入会2~8年)
610万円/36~45歳(入会5~16年)
休日休暇 <年間休日123日>
■完全週休2日制(土・日)
■祝日
■夏季休暇(4日)
■年末年始休暇(6日)
■有給休暇
■慶弔休暇
福利厚生・待遇 ■昇給:年1回(4月)
■賞与:年2回(7月・12月)※昨年実績:平均143万円程度(年間)
■交通費全額支給
■社会保険完備(雇用・労災・健康・厚生年金)
■時間外手当
■役職手当
■寒冷地手当
■住宅手当(月2万1000円/月1万3600円)※条件による
■家族手当(配偶者:月1万7000円/子ども:月7000円~1万1000円)
■財形貯蓄制度
■退職金制度
■慶弔見舞金
■借り上げ職員住宅
■各種研修(社内研修、語学通信教育など)
■会員制福利厚生サービス(WELBOX、カフェテリアプラン)
■共済会
■労働組合
一緒に働く仲間 分析員は、全国に100名ほどいます。どんな人が働いているのか、少しご紹介します。

★年齢層は…
22歳から56歳までいますが、30代が多いです。

★前職は…
銀行員、化学メーカー、食品会社など。

★志望動機は…
「大学と大学院で、食品関係の分析の研究をしていたので、知識を活かせると思った」など。

会社概要一般社団法人 日本海事検定協会

会社名 一般社団法人 日本海事検定協会
設立 1913年2月11日
代表者 代表理事会長 三宅 庸雅
資本金 一般社団法人組織のためなし
従業員数 1283名(2018年8月時点)
売上高 116億円(2017年3月期実績)
事業内容 ■港湾運送事業法に基づく鑑定・検量事業
■船舶安全法に基づく諸検査をはじめ理化学分析、食品衛生分析等
事業所 【本部】〒104-0032 東京都中央区八丁堀1丁目9番7号
【国内】分析センター・北海道エリア・東北エリア・関東エリア・中部エリア・近畿エリア・中国・四国エリア・九州エリアに79ヶ所
【海外】中国エリア・東南アジアエリア・欧州エリアに17ヶ所
関連会社 日本海事検定キューエイ株式会社
日本海事検定グローバルサポート株式会社
企業ホームページ http://www.nkkk.or.jp/
個人名の表記について
「一般社団法人 日本海事検定協会」への気になるはこちらから
※ この求人に「気になる」をしておくと、次回この企業が募集を開始した際にメールでお知らせします。
※ 掲載終了後1年経過すると、「気になる」できなくなり、「気になるリスト」からも削除されます。
エン転職は、転職成功に必要なすべてが揃っているサイト!
  • 扱う求人数は日本最大級。希望以上の最適な仕事が見つかる!
  • サイトに登録すると非公開求人も含め、企業からのスカウトが多数
  • 書類選考や面接対策に役立つ無料サービスが充実。
今すぐ決めたい方も、じっくり見極めたい方もまずは会員登録を!