掲載終了

日本食研株式会社企画営業職(88967)の転職・求人情報は掲載を終了しています。

エン転職は、転職成功に必要なすべてが揃っているサイト!
  • 扱う求人数は日本最大級。希望以上の最適な仕事が見つかる!
  • サイトに登録すると非公開求人も含め、企業からのスカウトが多数
  • 書類選考や面接対策に役立つ無料サービスが充実。
今すぐ決めたい方も、じっくり見極めたい方もまずは会員登録を!

法人営業の現在掲載中の転職・求人情報

企画営業職の過去の転職・求人情報概要(掲載期間: 2006/11/28 - 2006/12/25)

企画営業職
正社員職種未経験OK
新たな食のブームを生み出す仕事。
たれの出荷量で国内ナンバーワンの日本食研。 晩餐館などの家庭用調味料CMでおなじみですが、売上の8割以上はスーパーや外食業界、加工場等で使用される業務用商品が占めています。

創業以来堅実に成長を遂げるなか、近年では加工食品・健康食品などの販売、海外事業への展開など、新分野へも積極的に進出。常に新たな「食」の世界に挑戦しています。

当社の強みは、 商品力と研究スタッフの充実、 「食」に関する情報の豊富さです。直販体制は、きめ細かなユーザーフォローも可能としています。営業の醍醐味は、「食」にまつわる様々なソフト(情報)を提供し、一軒一軒のユーザーと信頼関係を重ねていけること。営業スタッフのメニュー企画や売場提案が、新たな食のブームを創造しています。

日本食研では、更なる事業拡大に向けての積極採用を実施。チーム制営業を主体としてますので、未経験者でも安心です。「食」に興味があり、一緒に会社の未来を作ってくださる方、創造力溢れる方、あなたの活躍できるステージを提供します。

募集要項

仕事内容
企画営業職
企画提案力で勝負。いわば食のプロデューサー。

総合食品メーカーとして成長を続ける日本食研で、企画営業として働きませんか。 お任せしたい仕事は、食品メーカー、飲食店、小売店(スーパー、デパート)など、食品に関わる様々な企業や、店舗への企画提案。直販ですので、ユーザーへ直接商談に行きます。

■商品だけでなく、情報やアイディアも提供する。
・たとえばスーパーへは…
「メニューの盛り付け方法や店内オペレーションから売価設定、
消費者の動向を捉えた売場のディスプレイ方法までもを提案したり…」
・たとえば飲食店へは…
「話題の食材、最新トレンドを取り入れたメニュー提案等…」
・たとえば食品メーカーへは…
「工場でのコストや作業効率を考えた製造工程の提案等…」
…このように付加価値をプラスし、提案や企画を行なうのが仕事。
  日本食研には7000種類もの商品があるため、いろいろな提案ができます。
応募資格 高卒以上、20歳~30歳位まで。【営業未経験者歓迎】
※「食に関するビジネスに興味がある」「食べる事が好き」という方を歓迎します。
募集背景 創業より毎年連続成長。より一層のビジネス拡大に向けて。

創業35年を迎えた今でも、毎年右肩上がりに売上を伸ばしています。業務用調味料の分野だけではなく、「世界の食文化の開拓者」をモットーに様々な「食」に関する商品を出し続けています。今回は更なる事業拡大に伴い、ビジネス第一線に立つ企画営業スタッフを募集します。
雇用形態 正社員
勤務地・交通
全国(北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、新潟、富山、石川、福井、山梨、長野、岐阜、静岡、愛知、三重、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山、鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄)
※ご希望の勤務地を考慮します。
交通
勤務地により異なります。
勤務時間 8:30~17:30
給与 固定給制月給 17万4000円(高卒20歳初任給)~25万3000円
※上記はあくまで最低保証額。年齢・経験・能力を考慮のうえ、当社規定により決定します。
休日休暇 ■8月、12月以外の月/週休2日制(日曜定休、ほか第2・第3・第4土曜定休)
■8月/週休2日制(日曜定休、第4土曜定休)
■12月/週休2日制(日曜定休、第2土曜定休)
※そのほか、祝日、ゴールデンウィーク、夏季、年末年始、有給、慶弔、フレックス休日(月0~2日)。
※有給休暇、特別休暇、育児休暇、介護休暇
福利厚生・待遇 ■昇給年1回(4月)、賞与年2回(6月、12月)
■各種社会保険完備
■各種手当(通勤、地域、家族、住宅、管理職、その他)
■社員旅行、保養所(山中湖、グアム島)、海外視察研修、退職金、財形貯蓄、社員持株 他
営業と研究の両輪体制 ■営業が、新商品開発のカギを握る。
・営業員1600名が、全国約13万件のユーザーを一軒一軒網羅。消費の現場で、市場のニーズを収集。その情報は商品開発に活かされます。営業スタッフのアイデアが大ヒット商品を生むことも…

・営業をサポートする約200名の商品部門(研究開発)のスタッフたち。営業の現場で必要な商品情報や技術的なサポートを開発担当者が行なっています。商談へもよく同行しています。

・情報力が日本食研の強み。営業現場で得られた売れ筋情報などは、社内イントラ「it’s」を使って集約、共有されています。様々な部門から情報が発信され、営業活動をサポート。日本食研が「食のソフト会社」と言われる所以です。
配属部署・教育制度 ■中途採用の社員が多数活躍。
本社、支社および全国にある81の事業所、いずれかに配属となります。配属先に関しては、希望を考慮したうえで決定。当社では、全国で約1600名の営業スタッフが活躍しています。平均年齢は約30歳。若手社員が多く、活気のある雰囲気が特色となっています。

■日本食研大学があります。
社員の学習・成長を、生涯にわたって支援するため、当社は体系的な教育システムを整えています。これらのシステムを総合し、「日本食研大学」と呼んでいます。
≪教育システムの主な内容≫
・新入社員研修
・職場内研修(OJT)
・職場外研修(Off-JT)
・通信教育などの自己啓発型研修
・留学研修制度

■企画提案力を磨く営業研修。
ただ単にセールスのテクニックを修得するのではなく、豊かな企画提案力を育てること。これが、当社における営業研修の特色です。マーケティング部門、商品開発部門、生産部門と連携し、商品やマーケットについても深く理解できる教育を行なっています。

会社概要日本食研株式会社

会社名 日本食研株式会社
創業 1971年10月1日
代表者 代表取締役社長 大沢 一彦
資本金 5億8800万円
※グループ合計/16億900万円
従業員数 2950名(男2420名、女530名)
※グループ合計3250名
売上高 650億円(2007年9月期見込み)
616億円(2006年9月期実績)
※単体での数字です。
事業内容 ■調味料(粉体・液体)の製造・販売
・液体:
 焼肉のたれ、焼き鳥のたれなどのタレ類
 ステーキソース、ハンバーグソースなどのソース類・スープ類・ドレッシング類ほか
・粉体:
 からあげの素、天ぷら粉などのプレミックス類
 塩こしょう、スパイスミックスなどのシーズニング類・香辛料エキスほか
■組織培養と微生物利用による新素材の開発
■食品加工技術のコンサルティング
■ハム・ソーセージの製造・販売
■食品加工機械器具の販売。
■繊維製品・包装資材の販売
■海外事業
■輸出入業(食品・農水産物・食品機械・雑貨など)
■健康食品事業
■加工調理食品、清涼飲料水の製造・販売および輸出入
■ホテル業
事業所 ■愛媛本社/愛媛県今治市
■千葉本社/ 千葉県印旛郡栄町
■支社/2ヶ所(東京都・大阪府)
■工場/5ヶ所(愛媛県・千葉県)
■事業所/国内81ヶ所(北海道から沖縄まで) 、海外8ヶ所【台湾・香港・大連・上海・バンコク・ドイツ・アメリカ現地法人(ロサンゼルス、ニューヨーク)】
企業ホームページ http://www.nihonshokken.co.jp/
個人名の表記について
エン転職は、転職成功に必要なすべてが揃っているサイト!
  • 扱う求人数は日本最大級。希望以上の最適な仕事が見つかる!
  • サイトに登録すると非公開求人も含め、企業からのスカウトが多数
  • 書類選考や面接対策に役立つ無料サービスが充実。
今すぐ決めたい方も、じっくり見極めたい方もまずは会員登録を!