「LG Japan Lab株式会社/ディスプレイの研究開発(発光材料や回路・コネクタなど)」の転職・求人・仕事情報。日本最大級の【エンジャパン】の転職サイトには、デジタル回路設計の転職・求人情報が満載です!

ディスプレイの研究開発(発光材料や回路・コネクタなど)
LG Japan Lab株式会社
もうすぐ掲載終了(2018/6/24)
東京都品川区にある本社研究所に訪問し、採用担当の方や研究者のみなさんにお話を伺ってきました。世界トップクラスのグローバル企業、LGの開発部門で自由度高く研究に打ち込むチャンスです。
エン転職 取材担当者遠藤
取材担当者-遠藤
掲載期間18/05/2118/06/24
LG Japan Lab株式会社掲載終了間近

ディスプレイの研究開発(発光材料や回路・コネクタなど)

正社員学歴不問完全週休2日転勤なし
ディスプレイの研究開発(発光材料や回路・コネクタなど)イメージ1
今までになかった「形態」を実現し、ディスプレイの使用シーンに革命を起こす。そんな未来を、LGで共に実現しませんか。
実現できるか?「壁に貼るだけ」のペーパーディスプレイ。
どうせ挑戦するなら、今までにない、ワクワクするものを目指したい。有機ELディスプレイの世界市場を制覇するLGで、世界の当たり前を刷新しませんか。

目指すのは――「形態」が新しい、次世代のディスプレイ。

すでに「厚さ3mm」「曲がる」「無色透明」といったディスプレイは実現済みです。しかし究極的には、チューナーやスピーカーなど外付け部分もほぼゼロにして「丸めて運べて、壁に貼るだけで設置完了」なテレビやサイネージを目指したいのです。

さらに、タッチパネルや指紋認証などのセンサーを組み込む。そんな新しいデバイスが「社会の当たり前」になったら、何かが変わると思いませんか。

その実現のためには、電源回路、光通信・電源用のコネクタなどの改善は不可欠ですし、新しい発光材料の開発も必要だと思います。画像処理アルゴリズムの担当者も必要でしょう。私たちは多様な研究者を求めています。

常識をなぞるだけの研究は、面白くない。5年後、10年後、あるいはもっと先。次の時代を切り開くようなディスプレイを、一緒に作りませんか。

募集要項

仕事内容
ディスプレイの研究開発(発光材料や回路・コネクタなど)
■グローバルリーダーとして、次世代のディスプレイを生み出す。
OLEDを用いた有機ELディスプレイの分野において、世界で圧倒的なシェアを誇るLG。その研究機関の一員として、次世代ディスプレイの開発に携わっていただきます。

「壁に貼るだけで設置完了するペーパーディスプレイ」など、今までにないものを生み出すための研究。そのため、研究テーマや進め方については自由に提案ができます。大学、企業との共同研究をしながら、周囲を巻き込んでプロジェクトを推進していただければと思います。

<具体的には>
下記ジャンルの中で、各自テーマを設定して進めていただきます。2~4名のチームで進め、半年ごとに経過報告を行なうイメージ。隣接領域の複数プロジェクトに並行して参加することもあります。

■発光材料の開発
実現したい機能・スペックから逆算し、新たな発光材料のコンセプトを立案。クリーンルームでのサンプル製作、物性評価まで行ないます。EL材料、PL材料(蛍光・燐光材料)、電荷注入層や電荷輸送層用の材料、有機無機ハイブリッド発光材料などを研究します。

■新機能開発
新しいディスプレイの形態・機能を実現するためのチームです。たとえば、3mmのディスプレイに500Wの電力を安定供給するためには?と電源回路を改善したり、光通信・電源用のコネクタを統合したうえで漏電や破損などのリスクも抑えた「薄型の光電混合コネクタ」を開発したり。さらには画像処理アルゴリズムの改善研究をしたり。幅広いテーマを想定しています。

パートナー企業の選定なども含め、自ら研究をプランニングし「どんな研究を進めればいいのか」から企画・提案するような動きを期待しています。また、Labレベルの製作と検証も行なっていただきます。
応募資格 <学歴不問/社会人経験10年以上の方歓迎>
下記いずれかのご経験をお持ちの方

■発光材料の合成・物性評価などの経験(有機EL材料など)
└素材メーカーなど

■電源回路(AC、DC)の回路設計経験(500W級が望ましいです)
└デバイスメーカーなど

■光学部品の構造・機構設計経験(光通信用コネクタ、電源コネクタ、ケーブルなどの知識がある方)
└ケーブル・コネクタメーカーなど

■C言語等による画像処理アルゴリズム開発経験
└ディスプレイメーカーなど

※社内の公用語は日本語なので、韓国語、英語などの外国語スキルは必須ではありません。ただ、韓国のLG本社などとのやりとりも発生するため、韓国語を習得する意欲のある方は歓迎です。
募集背景 韓国に本社を構え、電機・化学・ディスプレイの分野で世界をリードするLG。そのLGグループ各社(LG Electronics, LG Display, LG Innotek, LG Chem, LG Hausys)が日本にそれぞれ持っていた研究機関を統合し、誕生したのがLG Japan Labです。LG製品に用いられる要素技術の開発や、韓国などで開発された製品の日本向けローカライズなどを担いながら、最先端の研究開発を続けています。

今回は、LGの重点技術開発分野における開発人材の増員募集。未来のディスプレイを開発するため、発光材料開発や新機能開発のための研究を牽引していただける方をお迎えします。
雇用形態 正社員
※3ヶ月の試用期間があります。試用期間中の待遇に変更はありません。
勤務地・交通
【本社研究所】
東京都品川区東品川4-13-14 グラスキューブ品川(1階、2階、3階、9階)
※2021年に、みなとみらい(神奈川県横浜市)に移転予定です。
※転勤はありません。

※韓国の開発チームとのミーティングなどのため、韓国出張があります(年3~4回ほど/そのほか、電話などでの会議も多数)。
※国内の研究機関などとの協力のために出張をする場合も。
交通
東京臨海高速鉄道りんかい線「品川シーサイド駅」出口Bより徒歩1分
京浜急行電鉄本線「青物横丁駅」出口1より徒歩11分
勤務時間 9:00~18:00(実働8時間)

■残業は月平均20時間以下。※時期により変動します。
■時差出勤制度もあります。
給与 年俸制500万円~900万円
※年俸額の1/12を毎月支給します。
※経験・能力・前職給与などを考慮して決定いたします。
※上記の金額には、月40時間分(8万3500円~15万450円)のみなし残業代が含まれています。超過分については追加支給いたします。
休日休暇 <年間休日126日>※2018年度予定
■完全週休2日制(土・日)
■祝日
■GW休暇
■夏季休暇(5日)
■年末年始休暇
■創立記念日休暇
■有給休暇
■慶弔休暇
■特別休暇
福利厚生・待遇 ■給与改定:年1回(4月)
■交通費支給(月15万円まで)
■社会保険完備(雇用・労災・健康・厚生年金)
■時間外手当
■出張手当
■退職金あり
■オフィス内分煙
■私服勤務OK
転職・求人情報イメージ1
OLEDを用いたディスプレイにおいては、圧倒的なシェアを誇るLG。有機ELディスプレイの世界で他の追随を許さぬよう、最先端を走り続けます。
転職・求人情報イメージ2
研究を社内で完結させる必要はありません。より多くの企業・団体の研究者たちを巻き込み、革新的な研究開発を進めていただけることを期待しています。

取材担当者のコメント

動画でCheck! 職場風景
取材から受けた会社の印象

「研究開発をする方にとって理想的な環境」そんな印象を受けた取材でした。世界市場で圧倒的な存在感を誇るLGグループだけあって、技術志向の強いLGは未来のスタンダードになる先端技術への投資を積極的に行なう姿勢があります。研究テーマを比較的自由に提案しながら進められるうえ、過度に短期間での実用化を求められるプレッシャーもない…という自由度の高さは大きな魅力となっているようです。

また「結果だけでなく、プロセスも評価する」という会社の姿勢も印象的。不確実性の高い研究を行なっているため、短期で結果が出なかったとしても、その時点までの研究プロセスや周囲の巻き込み方を含めて評価されるとのこと。自由に研究を進められるうえ、評価にも納得度のある同社でなら、気持ちよく開発に打ち込めるのではないでしょうか。

この仕事のやりがい&厳しさ
やりがい他の研究環境と比較しても「自由度が高い」という点が突出しているのが、今回の募集ポジションです。早くても5年後、発売中モデルの2つ以上先のモデルなどで実用化されるような「今までにないもの」を生み出すための研究。上からもレールの引きようがないため、大枠のゴールは決まっているものの、そこにどう到達するかは自由です。そもそもどんな機能・スペックを実現する必要があるのか、どんなところから研究アプローチを進めていくのが良いのか、社内外含め、どんな研究チームやパートナー企業と連携して進めていくとスムーズか…など、さまざまなことを考えながら研究を自由に推進することができます。

「まず、ここの機能改善のプロジェクトを立ち上げたいです」といったプレゼンからスタートし、自分でプランニングした研究が実を結んだとき。新しいスタンダードになるようなものを作り上げられたとき。大きな手応えを感じられるでしょう。そこに至るまでの「これを使えばイケるのでは…?」という気づき・アイデアなどが出てきた瞬間なども含め、難しい課題に挑むからこそ、研究のプロセスをいっそう楽しめると思います。
厳しさ「こんなディスプレイができたら理想だよね」といった話は出てきますが、ではそれをどう実現するのか?という点は、全員が手探りで見つけていくもの。ある意味で「無茶振り」ともいえる理想に向けて、5年、10年と結果が出ないリスクと向き合いながら新たな研究アイデアを出し続ける大変さがあります。正直、どこから手をつければいいのかわからない。本当にそんな小型化・軽量化が可能なのかわからない。色々とリサーチをしても、ヒントが全く見つからない。そんな状況に直面することも多くあるはず。報われる日が遠く、本当に報われるのかもハッキリしない状況で、モチベーションを保ち続けることに難しさを感じるかもしれません。
この仕事の向き&不向き
向いている人素材、電源回路、光通信・電源用コネクタやケーブル、画像処理アルゴリズム、タッチパネルなどハードウェアUI…といった分野のいずれかに携わってきた方で「気持ちが高ぶるような、面白い研究に打ち込みたい」「自らの手で、まったく新しいものを生み出したい」という方におすすめです。「自分はこうしたい」と意思表示ができる方、社内外問わず周囲の人たちを巻き込んで研究を進めていける方は活躍可能性が高いとのお話でした。
向いていない人誰かから指示を受け、その通りに動く…といった働き方は、全く期待されていません。自らテーマを設定し、打開の糸口を探し出す主体的な研究姿勢が求められているため「誰かの研究プランをサポートする立場でいい」「自分で主導するのは性に合わない」といった方はマッチしないでしょう。

会社概要LG Japan Lab株式会社

設立 2010年9月1日
代表者 代表取締役 小松 博志
資本金 3億円
従業員数 130名(2018年5月現在)
事業内容 1. 電子・電気機械器具製品の技術開発及び研究
2. 前号に付帯する一切の事業

LG Japan Lab株式会社は、LGグループ系列会社(LG Electronics, LG Display, LG Innotek, LG Chem, LG Hausys)の日本における研究部門を統合し、新たにLGグループ統合日本研究所として運営を開始しました。幅広い産業が存在し、高い技術水準を持つエンジニアが集まる日本で、R&DとOpen Innovationを通じて、世界中の人々に幸せな社会をもたらす最先端技術の開発を行なっています。
事業所 【本社研究所】
東京都品川区東品川4-13-14 グラスキューブ品川1階、2階、3階、9階

【京都研究所】
京都府京都市下京区中堂寺南町134番地 京都リサーチパーク2号館4階
関連会社 【LGグループ各社】
LG Electronics
LG Display
LG Innotek
LG Chem
LG Hausys
企業ホームページ https://www.lgjlab.com/

応募・選考について

入社までの流れ
STEP1
Web履歴書による書類選考
STEP2
面接(2~3回)
STEP3
内定
※ご応募から内定までは最短で3週間ほど。ご応募から1ヶ月以内の入社も可能です。
※面接日・入社日についてはご相談に応じます。在職中の方も気兼ねなくご応募ください。
応募受付方法 まずは当ページよりご応募ください。追って、こちらからご連絡いたします。
面接地 【本社研究所】
〒140-0002
東京都品川区東品川4-13-14 グラスキューブ品川2階(受付)
連絡先 【本社研究所】
〒140-0002
東京都品川区東品川4-13-14 グラスキューブ品川2階(受付)
担当採用担当:尹(ユン)
TEL03-6703-8567
個人名の表記について
もうすぐ掲載終了( 2018/6/24まで )
企業に1週間だけあなたのパーソナルシートが公開されます。企業から、応募のお願いや、レジュメ入力リクエストが届く可能性があります。
エン転職は、世界一 信頼性の高い求人情報を目指しています。
エン転職は、求人企業が発信する情報にエン転職取材担当、遠藤の取材によるコメントを加え、さらに元社員や現社員からのクチコミ情報など多角的な情報を収集し、より信頼性の高い求人情報を提供しています。
もし、求人情報の掲載内容と事実に相違があった場合はエン転職事務局までご連絡下さい。調査の上、対応いたします。入社後に判明した相違点についても、情報をお寄せください。