掲載終了

株式会社日経映像番組制作ディレクター ◎日本経済新聞社の関係会社です。(485674)の転職・求人情報は掲載を終了しています。

現在、掲載している転職情報は下記のリンクよりご確認いただけます。

株式会社日経映像の現在掲載中の転職・求人情報

エン転職は、転職成功に必要なすべてが揃っているサイト!
  • 扱う求人数は日本最大級。希望以上の最適な仕事が見つかる!
  • サイトに登録すると非公開求人も含め、企業からのスカウトが多数
  • 書類選考や面接対策に役立つ無料サービスが充実。
今すぐ決めたい方も、じっくり見極めたい方もまずは会員登録を!

テレビ、映像、音響、芸能、イベント系の現在掲載中の転職・求人情報

番組制作ディレクター ◎日本経済新聞社の関係会社です。の過去の転職・求人情報概要(掲載期間: 2014/01/14 - 2014/02/10)

番組制作ディレクター ◎日本経済新聞社の関係会社です。
業務委託学歴不問転勤なし
テレビ制作なのに、激務ではありません。
“入社して1年経たずに退職”。
これはテレビ制作会社では珍しいことではありません。
「徹夜」などのハードワークや「会社の不安定さ」
などに耐えかね、離職される方が非常に多いのです。

その点当社は、長く働けるテレビ制作会社と言えるでしょう。
まず、長時間労働はありません。理由は「生放送番組」を中心に制作
しているから。収録中心の番組制作会社などとは違い、スケジュールが
押すことは少ないので、業務量を比較的安定させることができるのです。

また、当社は日本経済新聞社の関係会社。安定して仕事がくるので、
会社の将来を気にせず仕事に打ち込めます。テレビ東京とのつながりも深く、
手掛けたビジネス・経済番組、美術番組の制作では、数々の受賞を経験。
こういった環境なので、社員の勤続年数はとても長いというわけなのです。
長くテレビの仕事に携わろうとお考えなら、是非当社をお選びください。

募集要項

仕事内容
番組制作ディレクター ◎日本経済新聞社の関係会社です。
日本経済の発展を背負う番組をつくろうじゃないか。

■ビジネスパーソンの明日の糧になるようなビジネス・経済・マーケットの情報番組を制作。
■出演者との打ち合わせ、番組の台本作成、テロップの制作指示をし、番組進行を担います。
■担当番組は生放送が中心。スケジュールが押すことが少ないので、業務量は安定しています。

▼番組のトピックスを選択。
マーケットの動きをチェック。東京証券取引所やNYのスタジオにいるスタッフや中継で
出演する証券会社の担当者とは事前に電話やメールで番組内容について打ち合わせ。
その中で取り上げる銘柄、紹介する企業を決めます。

▼番組をスムーズに運ぶために。
出演者、技術スタッフなどと連携して、生放送の進行や番組の演出をサポート。
出演者との打ち合わせ、台本・原稿作成、テロップやCGの制作指示、演出をします。

▼生放送中も気が抜けない!
本番中は出演者の話に合わせて、リアルタイムで動くデータなどを画面に写し出します。
技術担当者に番組の流れを伝達し、スムーズに番組が進行できるように配慮します。

◎外出もあり!
東京証券取引所、大手証券会社や企業・経済関連の記者会見の取材に出向く場合もあります。
応募資格 ■映像制作、映像編集の仕事に携わったことがある方
⇒アルバイトなど前職の雇用形態は、不問。
■ニュースやビジネス、経済、株などに少しでも興味がある方

※学歴不問・第2新卒歓迎!
募集背景 経済の転換期である今、経済情報番組のニーズが高まっています。

日本経済新聞社の関係会社である当社。50年以上にもわたり、
日本経済新聞社やテレビ東京の経済・マーケットに関係する番組をつくっています。

「アベノミクス」という言葉が注目を浴びていることからもわかるように、日本経済は今、大きな転換期。
関心の高まる経済政策やマーケットの動きについての的確な情報や解説へのニーズは高まる一方です。
それに伴い、こういったニーズに応えられる番組づくりが急務となっています。
そこで、番組づくりを手伝ってくれる仲間を採用することになりました。

★最短で1月中の入社が可能です
雇用形態 業務委託
※正社員登用制度あり。
※雇用形態は業務委託ですが、番組制作において欠かせないスタッフとして採用します。
勤務地・交通
・東京都千代田区大手町1-3-7(日本経済新聞社内)
・東京都中央区日本橋茅場町2-6-1 日経茅場町別館(日経映像本社)
※上記のどちらかになります。担当する番組によって変わります。
交通
東京メトロ 各線「大手町駅」より徒歩5分
東京メトロ 日比谷線「茅場町駅」より徒歩3分
勤務時間 原則自由
※番組の企画打ち合わせや収録・編集などがある場合、本社スタジオで作業して頂きます。
給与 完全歩合給制
※平均して月30万円以上稼いでいる方がほとんどです。
※月ごとの納品本数で給与が決定。納品本数1本につき、1万円~1.5万円程度。
  目安として、1万円の案件は当日に準備から放送まで終えられるものが中心です。
休日休暇 原則自由

≪正社員登用後は、下記の休日休暇になります≫
■完全週休2日制(土日)
■有給休暇
■慶弔休暇
■年末年始休暇
■夏季休暇
■GW休暇

※担当番組により異なる場合があります。
※休日出勤の場合は、平日に代休が取得可能です。
福利厚生・待遇 ■撮影に伴う費用の支給(交通費・宿泊費・食事代など)
■撮影機材、編集機材などはオフィス内にて使用可能
社員のインタビュー ■Aさん/35歳・ディレクター歴13年
専門学校を出た後、アルバイトから日経映像のキャリアをスタートさせました。地道に仕事を覚えていくことで、正社員に登用され、今ではディレクターとして仕事をしています。入社して良かったのは、この仕事を続けられていること。というのも、せっかくテレビ制作の仕事を始めたのに、ハードワークすぎて辞めてしまう人がこの世界では非常に多い。でも当社は無理なくテレビ制作の仕事ができるんです。休日出勤もほとんどありませんし、泊まり込みなんてことはまずありません。不眠不休で働くっていうのは当社では評価されないんですよ。こういう環境だから、今もこの仕事を続けられているのだと思います。
配属部署・教育制度 基本的に1つの番組は、ディレクター2、3名とアシスタントディレクター1名で担当します。中途入社された方も多いので、すぐになれると思います。技術スタッフなどと信頼関係を深めながら、仕事をスムーズに進めていきましょう。

入社後はディレクターの下について、ディレクターの仕事を覚えていきます。まずは、番組のテロップ、CGの指示出しや編集作業などを覚えていきましょう。編集の機材が他のテレビ制作会社とは少し違うので、覚えるのに時間がかかるかもしれませんが、先輩ディレクターが丁寧に教えていきますのでご安心ください。

会社概要株式会社日経映像

会社名 株式会社日経映像
設立 1958年7月1日
代表者 代表取締役社長 太田 孝
資本金 6000万円
従業員数 148名(2018年8月時点)
売上高 40億1868万円(2016年12月期実績)
42億4923万円(2017年12月期実績)
事業内容 ■テレビ番組の企画、制作
■テレビのニュースの取材、制作
■映画、CM、ビデオソフトの企画、制作、販売
■CD-ROM、インターネットなどマルチメディア関連ソフトの企画、制作
■「日経CNBC」の番組制作及び送出業務
■展示映像システムの企画、コンサルティング
■広告代理業
事業所 ■本社
東京都中央区日本橋茅場町2-6-1 日経茅場町別館

■名古屋支社
愛知県名古屋市中区栄4-16-33(日経名古屋支社ビル)
関連会社 株式会社日経ビデオバンク、日経映像アメリカ社
企業ホームページ http://www.nikkeivi.co.jp/
個人名の表記について
エン転職は、転職成功に必要なすべてが揃っているサイト!
  • 扱う求人数は日本最大級。希望以上の最適な仕事が見つかる!
  • サイトに登録すると非公開求人も含め、企業からのスカウトが多数
  • 書類選考や面接対策に役立つ無料サービスが充実。
今すぐ決めたい方も、じっくり見極めたい方もまずは会員登録を!