1. エン転職TOP
  2. 転職 専門サービス系(医療、福祉、教育、その他)
  3. 転職 医療事務、医療秘書
  4. 転職 医療事務、医療秘書
  5. 公立大学法人大阪の転職・求人情報
  6. 診療情報管理士<『大阪公立大学医学部附属病院』で勤務>◎土日祝休み/賞与年2回の転職・求人情報

「公立大学法人大阪(大阪公立大学医学部附属病院)/診療情報管理士<『大阪公立大学医学部附属病院』で勤務>◎土日祝休み/賞与年2回」の転職・求人・仕事情報。日本最大級の【エンジャパン】の転職サイトには、医療事務、医療秘書の転職・求人情報が満載です!

診療情報管理士<『大阪公立大学医学部附属病院』で勤務>◎土日祝休み/賞与年2回
公立大学法人大阪(大阪公立大学医学部附属病院)
プロ取材
大阪市阿倍野区にある大学病院にて、先輩職員と採用担当の方に取材しました。様々な意見を出しながら、診療情報管理士のスキルを高めていけるという同法人。大きな病院で経験を積みたい方にもピッタリです。
エン転職 取材担当者
西岡
取材担当者-西岡
公立大学法人大阪(大阪公立大学医学部附属病院)
掲載期間22/05/3022/07/10

診療情報管理士<『大阪公立大学医学部附属病院』で勤務>◎土日祝休み/賞与年2回

契約社員職種未経験OK業種未経験OK学歴不問完全週休2日内定まで2週間面接1回のみ転勤なし
診療情報管理士<『大阪公立大学医学部附属病院』で勤務>◎土日祝休み/賞与年2回イメージ1
大きな病院で働けるため、様々な症例を見ることが可能。業務の規模や範囲も広く、診療情報管理士としての経験値も積めるはずです。
“経験の幅”を広げ、“知識”を深められる環境です。
『大阪公立大学医学部附属病院』は、37の診療科・965床の病床を持つ大学病院。あなたには様々な症例が見られるこの病院で、「診療情報管理士」として幅広い業務を担っていただきます。

診療情報管理士の仕事は、ただ定型業務をこなすだけではありません。そのミッションは、病院の“診療情報の質”を上げること。だからこそ私たちは、全員でアイデアを出し合い、業務の改善・改革を推し進めているのです。

例えば「診療記録の監査方法を見直し、仕組みをイチから構築する」「他職種の方に対し、診療記録の記録方法を提案・発信する」といったことも、私たちの役割。こうした業務を通して、病院全体を動かすような経験も積むことができるでしょう。

当院の診療情報管理士業務は、ここ数年で大きく成長しています。昨年入職した職員も多く、20~30代が中心となって活躍中です。年次に関わらず意見交換できる環境がありますので、ぜひあなたのアイデアもお聞かせください。

病院の“診療情報の質”も、あなたの“経験値”も、ここで高めてみませんか?

募集要項

仕事内容
診療情報管理士<『大阪公立大学医学部附属病院』で勤務>◎土日祝休み/賞与年2回
大阪公立大学医学部附属病院にて、診療情報管理士としてご活躍いただきます。これまでのご経験に合わせ、以下いずれかの業務をメインにお任せします。

【 具体的な仕事内容 】
■診療情報管理全般に係る業務
電子カルテの情報が、適切に記載されているかを確認。物品・書類管理なども担います。

■診療情報開示(カルテ開示)に係る業務
患者様の通院履歴・カルテの情報開示において、受付から依頼者への提供まで担います。

■診療記録監査に係る業務
診療情報の質を上げるため、院内にいる様々な方と連携を取っていただきます。

■院内がん登録に係る業務
院内がん登録において、必要な情報の提出・分析などを担います。

■その他
状況に合わせ、DPC関連業務などもお任せする可能性があります。

《幅広い業務に携われます。》
ジョブローテーションを行なっているため、どの業務にも携わることが可能です。また、将来的には全ての業務をお任せします。

《重要なデータを扱います。》
患者様の個人情報・職場の機密情報も扱うため、責任感の強さやコンプライアンス意識の高さも大切です。一つひとつの業務を、注意深くこなしていきましょう。

【 仕事のポイント 】
◆積極的に声を上げられる環境です。
より良い病院を作るため、組織一丸となって「業務の効率化・質の向上」を推進中。全員で協力して取り組んでおり、年次に関わらずアイデアを出すことが可能です。

◆職員が多く、様々な意見が聞けます。
多くの職員が活躍しているため、幅広い考え方・意見に出会えます。相談相手が多く、より良い選択ができることも魅力です。
応募資格 <職種・業種未経験、第二新卒者、歓迎>
■診療情報管理士の資格を有する方
■Word、Excel、メール送受信などの基本操作ができる方

※社会人経験10年以上、ブランクのある方も歓迎します。

<下記の経験がある方は優遇します>
・診療情報管理に係る実務経験
・病床数400床以上の病院での、診療情報管理またはがん登録の経験
募集背景 大阪市内の大学病院として、地域の中核を担う総合医療機関の機能を果たしている『大阪公立大学医学部附属病院』。37の診療科と965床の病床を持ち、これまで地域の皆様の健康増進に貢献してきました。

現在は、更なる“診療情報の質の向上”を目指し、様々な取り組みを推進中です。そこで、診療情報管理士を増員し、組織強化を図りたいと考えています。患者様一人ひとりに寄り添い、医療の現場を支えてくださる方は、ぜひご応募ください。
雇用形態 契約社員
※試用期間3ヶ月あり(期間中の給与・待遇は変わりません。)
※無期雇用登用制度あり
勤務地・交通
大阪公立大学医学部附属病院/大阪府大阪市阿倍野区旭町1-5-7
※転勤はありません。
交通
・JR大阪環状線・関西本線・阪和線、大阪メトロ御堂筋線・谷町線「天王寺駅」より徒歩9分
・大阪メトロ御堂筋線・堺筋線「動物園前駅」より徒歩8分
・近鉄南大阪線「大阪阿部野橋駅」より徒歩8分
勤務時間 8:45~17:15(実働7時間45分/休憩45分)
※残業は、月平均10~20時間ほどです。
給与 月給20万円+残業代全額+賞与年2回
休日休暇 <年間休日122日>※2022年度実績
■完全週休2日制(土・日)
■祝日
■夏季休暇
■年末年始休暇
■忌引休暇
■介護休暇
■子の看護休暇
■産前産後休暇(取得・復職実績あり)
■育児休暇(取得・復職実績あり)
■有給休暇
福利厚生・待遇 ■賞与年2回(6月・12月)
■社会保険完備(雇用・労災・健康・厚生年金)
■交通費支給(月上限5万5000円)
■時間外手当(全額)
■無期雇用登用制度あり
配属部署 診療情報管理士として活躍しているのは、現在14名。男性が2名・女性が12名と、男女問わずご活躍いただける環境です。また、若手が中心となって活躍していることも特徴の一つで、年齢構成は【20代:7名/30代:2名/40代:1名/50代以上:4名】となっています。

職員の約半数は中途入職ですが、「自分のスキルを上げたい」「資格を活かせる環境で働きたい」「より大きな規模の病院で経験値を上げたい」といった理由で、当法人を選んでいます。
転職・求人情報イメージ1
診療情報管理士の資格があれば、実務経験は問いません。20代~30代の若手が多く活躍している、フラットな環境です。
転職・求人情報イメージ2
年間休日122日など、働きやすい環境も整っています。メリハリをつけながら、スキルアップを目指しましょう。

プロフェッショナル取材者のレビュー

動画でCheck!
取材から受けた会社の印象

今回入職される方が働くのは、大阪市内の大学病院である『大阪公立大学医学部附属病院』。病院という場所柄、「お堅い雰囲気の職場なのでは?」と考えていましたが、取材を通してそのイメージが一変しました。

というのも、取材に応えてくださった先輩職員の方に職場の雰囲気をお伺いしたところ、「うちにお局さんはいないので安心してください(笑)」なんて回答が。同法人では、年次に関わらず全員で意見を出し合っているそう。「色々な改善を進めているので、入職される方もぜひ意見を出してほしいです!」と明るくお話してくださいました。

現在の目標は、組織として『新しい制度や仕組み』を整備・導入し、その取り組みを広めていくことなのだとか。そんな同法人だからこそ、積極的にアイデアを発信できる環境の中、やりがいも持って働けるのでしょう。先輩たちの楽しそうな姿が、とても印象に残る取材でした。

この仕事のやりがい&厳しさ
やりがい■診療情報の質の向上に、貢献することができます。
病院の診療情報の質を上げていくことが、診療情報管理士に与えられたミッション。そのため、様々な業務の中で「業務効率化・質の向上」に繋がるアイデアや意見を、積極的に出していくことが可能です。自身の意見が病院内で反映された時には、「病院や患者様に貢献できている」という実感や達成感が味わえるでしょう。
厳しさ■新しいことにも、挑戦していくポジションです。
より良い病院を作るためには、時には挑戦することも必要です。そのため診療情報管理士は、これまで前例がないような取り組みにも、積極的に向き合うことが求められます。また、業務改善に繋がるアイデアを発信しても、すぐに効果が表れるとは限りません。時間が掛かることでも、挫折せずに進めなければいけない大変さはあるでしょう。
この仕事の向き&不向き
向いている人◎協調性のある方
業務の効率化・質の向上に向けて、部署内でアイデアを出し合う風土が根付いている同法人。さらに、看護師や先生と連携して業務を進めることも多いことから、「協調性がある方」「周りの意見を尊重できる方」にピッタリです。
向いていない人▲現状維持を好む方
勤務先となる病院は、現在様々な改善・改革を進めている最中です。そのため、「現状維持で良いと考えている方」「改革のために積極的に動けない方」は、活躍することが難しいでしょう。

会社概要公立大学法人大阪

設立 2019年4月1日
代表者 理事長 :西澤 良記
資本金 1759億円
従業員数 3325人
事業内容 教育・研究・診療機関の運営
事業所 ■本部/大阪府堺市中区学園町1番1号
■大阪公立大学医学部附属病院 /大阪府大阪市阿倍野区旭町1-5-7
■大阪公立大学
└中百舌鳥キャンパス/大阪府堺市中区学園町1-1
└羽曳野キャンパス/大阪府羽曳野市はびきの3-7-30
└りんくうキャンパス/大阪府泉佐野市りんくう往来北1-58
└杉本キャンパス/大阪市住吉区杉本3-3-138
└阿倍野キャンパス/大阪市阿倍野区旭町1-4-3
└梅田サテライト/大阪市北区梅田1-2-2-600
■大阪府立大学工業高等専門学校/大阪府寝屋川市幸町26-12
企業ホームページ https://www.upc-osaka.ac.jp/about/

応募・選考について

入社までの流れ
STEP1
エン転職の応募フォームより応募し、必要書類を郵送
STEP2
書類選考
STEP3
面接1回
STEP4
内定
※ご応募から内定までは2週間以内を予定しています。
※ご応募から1ヶ月以内での入職も可能です。

<感染症対策について>
感染拡大防止のため、面接の際、面接官がマスクを着用しております。応募者の方におかれましても、マスクを着用していただいて構いません。また、換気やアルコール消毒も徹底して取り組んでおります。安心して選考に進んでいただけるようにしたいと考えています。

★必要書類のご郵送について
当院では、採用申込書(当院指定様式)の郵送提出を持って、応募となります。エン転職より応募後、【1】【2】の書類を角型2号封筒(33×24cm程)に入れ、封書の表に朱書きで『診療情報管理士 応募書類』と記入の上、必ず特定記録郵便で下記住所まで郵送ください。

■必要書類
【1】履歴書(当院指定様式あり)
【2】職務経歴書(詳細な職務経歴を記載)※A4サイズ、縦・横書きいずれも可
【3】資格(免許のコピー)※A4サイズ

※注意
【1】の履歴書は下記の当院採用ページの「診療情報管理士」よりダウンロードしご記入ください

【http://www.hosp.med.osaka-cu.ac.jp/recruit/info/list/jimu.shtml】
応募受付方法 エン転職の応募フォームより応募し、必要書類を郵送してください。
面接地 <大阪公立大学医学部附属病院>
〒545-8586
大阪府大阪市阿倍野区旭町1-5-7
連絡先 <大阪公立大学医学部附属病院>
〒545-8586
大阪府大阪市阿倍野区旭町1-5-7
担当採用担当
TEL06-6645-2121
個人名の表記について
企業に1週間だけあなたのパーソナルシートが公開されます。企業から、応募のお願いや、レジュメ入力リクエストが届く可能性があります。
エン転職は、世界一 信頼性の高い求人情報を目指しています。
エン転職は、求人企業が発信する情報にエン転職取材担当、西岡の取材によるコメントを加え、さらに元社員や現社員からのクチコミ情報など多角的な情報を収集し、より信頼性の高い求人情報を提供しています。
もし、求人情報の掲載内容と事実に相違があった場合はエン転職事務局までご連絡下さい。調査の上、対応いたします。入社後に判明した相違点についても、情報をお寄せください。