1. エン転職TOP
  2. 転職 クリエイティブ系
  3. 転職 テレビ、映像、音響、芸能、イベント系
  4. 転職 プロデューサー、ディレクター、AP・AD、演出
  5. 日本放送協会の転職・求人情報
  6. 番組の企画制作取材を行う総合職【ディレクター/映像ジャーナリスト(映像取材・映像制作[編集])】の転職・求人情報

「日本放送協会/番組の企画制作取材を行う総合職【ディレクター/映像ジャーナリスト(映像取材・映像制作[編集])】」の転職・求人・仕事情報。日本最大級の【エンジャパン】の転職サイトには、プロデューサー、ディレクター、AP・AD、演出の転職・求人情報が満載です!

番組の企画制作取材を行う総合職【ディレクター/映像ジャーナリスト(映像取材・映像制作[編集])】
日本放送協会
もうすぐ掲載終了(2022/6/26)
プロ取材
東京都渋谷区にある本部にて、採用担当の方にお話を伺いました。
エン転職 取材担当者
石川
取材担当者-石川
日本放送協会掲載終了間近
掲載期間22/05/3022/06/26

番組の企画制作取材を行う総合職【ディレクター/映像ジャーナリスト(映像取材・映像制作[編集])】

正社員学歴不問完全週休2日
映像の力と自らの感性を生かし、報道からドラマ・教育まで、様々なジャンルの番組やWebコンテンツの制作に携わろう!

募集要項

仕事内容
番組の企画制作取材を行う総合職【ディレクター/映像ジャーナリスト(映像取材・映像制作[編集])】
<ディレクター/映像ジャーナリスト(映像取材・映像制作[編集])として、以下の業務を行います>

■ディレクター
コンテンツの企画提案から、取材、出演者との交渉、台本作成、演出、ロケ、編集、そして放送に至るまで、番組作りのすべての過程に携わっていただきます。

情報・報道、教育・教養、ドラマ・芸能など、さまざまなジャンルがあります。自分の専門分野を中心に、多様な挑戦をしていただきます。どのジャンルでも自分の思いをカタチにする粘り強さとチームワーク、そして時代をとらえる感性と創造性が必要です。

WEBコンテンツ発信やイベント連動など、コンテンツを届けきるための多様なコラボレーションによって「新しいNHKらしさ」を生み出してください。

■映像ジャーナリスト(映像取材・映像制作[編集])
◇映像取材
自ら提案・取材したリポートの放送やネット向けの動画コンテンツの制作も行います。
◇映像制作
自ら提案・取材し、リポートやネット向けの動画コンテンツの制作を行います。
応募資格 ■社会人としての勤務経験がある方

【求める人物像】
■テレビや映像コンテンツの取材、制作に知見があり、チャレンジ精神旺盛な方
■地域の課題、人々の暮らしなどを取材して、地域への貢献、活性化をしたい方
■社会問題を掘り下げ、番組やデジタル分野を通じて、全国に伝えたいと考える方
■映像を通してニュースや番組の本質を伝えられる方
■チームワークを大切にし素材をまとめる能力を有している方
■幅広いテーマに関心を持ち、見識と先見性を持ち備えた方
募集背景 公共メディアへの進化を目指すNHKでは、常に視聴者と真摯に向き合い、幅広い視野で専門性を磨きながら、「新しいNHKらしさ」を一緒に創り出していけるプロフェッショナル集団の一員となれる人材を募集します。メディアをめぐる環境が大きく変わる中、皆さんがこれまで培ってきた経験や専門性を発揮して、NHKに新しい風を吹き込んでください。
雇用形態 正社員
勤務地・交通
■東京と全国の道府県庁所在地にある放送局など(海外含む)
本部/東京都渋谷区神南2-2-1
交通
■全国各地の放送局により異なります。
本部・NHK放送センター/「渋谷駅」より徒歩12分
勤務時間 ■フレックスタイム制
週間標準労働時間37.5時間
※希望により、週の勤務日を4日とする制度あり。
給与 月給21万8360円以上
※上記は大学卒初任給。社会人としての実務経験・専門的知識等の程度を評価し、NHKの規定により決定します。
年収例
530万円/30歳
661万円/35歳
(2020年度)
休日休暇 <年間休日約120日>
■完全週休2日制(シフト制)※部署により土日中心の休みとなる場合あり
■年末年始休暇
■有給休暇(初年度16日、以降4年目20日まで漸増)
■クリエイティブ休暇(各年度連続5日の休暇)
■リフレッシュ休暇(5年、15年、25年勤続者に各連続10日)
■結婚休暇・産前産後休暇・母性保護休暇・妻出産休暇・看護休暇・介護休暇など
■育児休職(子が満2歳に達する日まで、男性も女性も取得することができる)
■介護休職(通算して1年以内)
■配偶者同行休職(配偶者の外国勤務に同行したとき3年以内)
■自己啓発休職(業務に還元できる自己啓発を行うとき1年以内)
福利厚生・待遇 ■昇給 年1回
■賞与 年2回
■社会保険完備(雇用・労災・健康・厚生年金)
■育児支援制度
■家賃補助制度
■研修制度
■資格取得支援制度
■退職金制度
■配偶者同行休職制度
■自己啓発休職制度
転職・求人情報イメージ1
放送の現場で活躍!
転職・求人情報イメージ2
日本で暮らす人々の命を守る全国民のための放送局です。

プロフェッショナル取材者のレビュー

動画でCheck!
取材から受けた会社の印象

スマートフォンやSNSの普及で、放送メディアをめぐる環境は大きく変化。テレビも以前のような圧倒的な存在感はなくなってきています。NHKではこの変化にどう対応しようとしているのでしょうか。

「NHKではテレビを軸としつつ、WEBでの発信や各地で行うイベントなどを通して視聴者の皆さんと接点を作り、様々な情報があふれる中、確かな情報を届けることを通じて人々の生命と暮らしを守ることにつなげていきます」とのこと。従来のような国内の民放との競争だけでなく、NetflixやAmazon Primeなどとの競争が激しくなるなかで、受信料によって支えられる公共メディアとしてどのようなコンテンツやサービスを提供していくべきなのか、様々な議論や試行錯誤を積み重ねて変わろうとしているそうです。

お堅いイメージのある会社ですが、実はいろいろユニークな人がいて、それぞれが専門性を生かして働いているということでした。

この仕事のやりがい&厳しさ
やりがい取材からロケ、台本の作成、編集、そして放送する最後まで立ち会う仕事です。報道カメラマン(男・女)や記者、編集者と協力してつくりあげた番組が放送を終えた瞬間は安堵感と達成感を感じられます。
厳しさ時には舞台監督として、総合演出を手掛けるため、テレビの仕事が好きという気持ちだけでは乗り切れないことも。大きな番組となると制作スタッフだけで100名以。プランが成功するように一緒に働くスタッフの心を一つにし、動いてもらう。そんな大変さがあります。
この仕事の向き&不向き
向いている人日本の公共放送であるNHK。人々の命を守る放送を何よりも大切にしています。そのため、「社会に貢献したい気持ちが強い方」に向いているでしょう。
向いていない人社会のあらゆる問題にアンテナを立てておくことが不可欠。日々の勉強やインプットを継続できない方には向いていません。

会社概要日本放送協会

設立 1950年(放送法に基づく日本放送協会設立)
代表者 会長 前田晃伸
従業員数 1万343名 (2020年度)
売上高 7121億円(事業収入)※2021年3月期実績
事業内容 ・国内放送
(総合テレビ、Eテレ、BS1・プレミアム、BS4K・8K、ラジオ第1・第2、FM)
・国際放送
・WEBコンテンツの発信
・放送と受信の進歩発達に必要な調査研究
・その他、放送法に定められた業務
事業所 ■本部放送局(東京都渋谷区)
■国内放送局(全国各県庁所在地など)
■海外拠点(29拠点)など
関連会社 (株)NHKエンタープライズ、(株)NHKエデュケーショナル ほか
企業ホームページ https://nhk.jp/saiyo/

応募・選考について

入社までの流れ
STEP1
Webエントリーシートによる書類選考
STEP2
面接と筆記試験
STEP3
内定
※締め切りは、2022年6月27日(月)14時。
※2022年7月8日(金)に書類選考結果を「マイページ」で発表する予定です。
※入局日については、個別に調整します。
応募受付方法 (1)当ページからご応募ください。NHK採用ホームページキャリア採用情報のURLをお知らせします。
(2)NHK採用ホームページキャリア採用情報にアクセスし、「募集業務」「応募資格」などを確認。
(3)NHK採用ホームページ「マイページ」に登録の上、エントリーシートに必須事項を入力。
面接地 ◆一次面接…WEB

◆二次面接…WEB
※複数回実施することがあります

◆三次面接…東京
【NHK放送センター】〒150-8001 東京都渋谷区神南2-2-1
連絡先 【NHK放送センター(東京)】
〒150-8001
東京都渋谷区神南2-2-1
担当NHK採用デスク
TEL03-5455-7900(月曜日~金曜日の10:00~18:00) ※祝日、年末年始は除きます。
個人名の表記について
もうすぐ掲載終了( 2022/6/26まで )
企業に1週間だけあなたのパーソナルシートが公開されます。企業から、応募のお願いや、レジュメ入力リクエストが届く可能性があります。
エン転職は、世界一 信頼性の高い求人情報を目指しています。
エン転職は、求人企業が発信する情報にエン転職取材担当、石川の取材によるコメントを加え、さらに元社員や現社員からのクチコミ情報など多角的な情報を収集し、より信頼性の高い求人情報を提供しています。
もし、求人情報の掲載内容と事実に相違があった場合はエン転職事務局までご連絡下さい。調査の上、対応いたします。入社後に判明した相違点についても、情報をお寄せください。