1. エン転職TOP
  2. 転職 企画・事務・マーケティング・管理系
  3. 転職 人事・労務、総務
  4. 転職 総務
  5. 環境省の転職・求人情報
  6. 総務(人事院規則に基づく任期付職員)の転職・求人情報

「環境省 福島地方環境事務所/総務(人事院規則に基づく任期付職員)」の転職・求人・仕事情報。日本最大級の【エンジャパン】の転職サイトには、総務の転職・求人情報が満載です!

総務(人事院規則に基づく任期付職員)
環境省 福島地方環境事務所
プロ取材
福島地方環境事務所にいらっしゃる佐々木さんに、リモートで取材しました。福島の復興という社会的に意義のあるミッションに経験を活かして挑戦できます。ほかには代えられない経験ができるのではないでしょうか。
エン転職 取材担当者
寺田
取材担当者-寺田
環境省 福島地方環境事務所
掲載期間21/11/1121/12/08

総務(人事院規則に基づく任期付職員)

契約社員業種未経験OK学歴不問完全週休2日残業月20h以内
総務(人事院規則に基づく任期付職員)イメージ1
写真(下)は、飯舘村長泥地区。現在、除去土壌の再生利用実証事業が行なわれています。
震災の爪痕と戦う職員たちを、支えてもらえませんか。
福島の環境再生に尽力するのは、事務所に集った550名の職員。土壌等の除染、除去土壌等の中間貯蔵施設への輸送、中間貯蔵施設の整備、廃棄物の処理など、一人ひとりが責任を背負い、取り組みを進めています。

総務の役目は、震災の爪痕と戦う職員たちのサポート。事務所施設の管理を行なったり、現場や事務所内で使う物品を漏れなく補充したり。除染や除去土壌の運搬を委託する外部業者との契約も担当します。職員たちが業務を円滑に進めるための潤滑油として、総務の存在が欠かせないのです。

広報の業務においては、報道機関に対して前線のリアルを伝えるようなことも。情報の受け手ではなく、自らが復興を支援する側に立って働く…表舞台に立つことはなくとも、日々の小さな積み重ねが復興への未来を創っています。

帰還困難区域以外の面的除染が完了し、県内にある除去土壌等の仮置場の解消が進められるなど、10年で進んだ復興への歩み。しかし、環境再生事業を引き続き進めていく必要があります。福島の復興をさらに進めるため、あなたの力を貸してください。

募集要項

仕事内容
総務(人事院規則に基づく任期付職員)
事務所施設の管理等の庶務業務、広報、工事契約・物品の調達契約といったバックオフィス業務をお任せします。福島の復興という大きなミッションの達成に向け、培ってきた経験を活かしてご活躍ください。

【復興に向けて尽力する、500名以上の職員を支えます】
福島地方環境事務所、および管轄事務所内で働く500名以上の職員の円滑な業務遂行をサポートします。入省後は適性を見て、いずれかの部署に配属。配属先によって担当業務が変わり、総務業務や経理業務など、いずれかの業務に絞って取り組んでいただきます。

>以下のような業務をお任せします。
■事務所施設・官用車等の管理
■報道機関への情報の周知、周知方法の検討
■工事の契約や事務所内で使用する物品の調達・管理
■旅費の支出手続(各省庁で使用する旅費等内部管理業務共通システム「SEABIS(シービス)」を使用)など

【事務所内だけでなく、外部とのやり取りをする窓口になります】
事務所内の他部署との連絡を中心に、事務所施設の運営管理者、除染作業や除去土壌の運搬などを委託する外部業者、報道機関とのやり取りもお任せします。契約調整やスケジュール調整、進捗の把握、報道機関への情報の周知など、いずれも復興を支援する立場としての業務。貢献実感がやりがいにつながります。

【入省後は、先輩職員がそばで業務をお教えします】
入省後は、配属先の同僚や上司から業務を引き継ぐところからのスタート。システムの使い方などはイチからお教えします。先輩職員がつねにそばにいますので、わからないことがあれば随時質問していただいて構いません。
応募資格 <以下の経験のうち、いずれかをお持ちの方を想定しています>
◎官公庁での庶務・情報公開・広報・会計などの経験
◎官公庁での予算執行、請求書作成、入札執行、契約関係業務、審査業務および国有財産、物品管理業務の経験
◎民間企業での総務業務の経験、知識
◎民間企業での経理業務
◎契約や経理業務、審査業務および財産管理に関する十分な知識

<上記に加え、共通の応募資格>
■社会人経験(大卒…7年以上/短大卒…10年以上/高卒・中卒…12年以上)の経験がある方
■パソコンを使った電子メールによる連絡、Word・Excel・PowerPoint等による文書等の作成などの事務能力を有すること
■採用予定期間中、継続して勤務が可能なこと
■国家公務員法第81条の2に該当する者(採用予定日において満60歳に達している者)ではないこと
募集背景 <福島県の復興を後押しするための増員です>
2011年に発生した東日本大震災。福島地方環境事務所では、東京電力福島第一原子力発電所から放出された放射性物質による環境の汚染への対処として除染・家屋解体、仮置場の管理、原状回復、放射性物質に汚染された廃棄物の処理、中間貯蔵施設の整備、除去土壌の再生利用等に取り組んでいます。これらの取り組みを引き続き進めていく必要があるため、新たに職員を募集することにしました。経験をお持ちの方を採用します。
雇用形態 任期付職員(任期の定めのある環境省職員(行政職俸給表(一))として採用します。

[採用期間]
令和4年4月1日より令和7年3月31日まで
※採用時期は若干前後する可能性があります。
勤務地・交通
【福島地方環境事務所・県北支所】
福島県福島市栄町11‐25 AXCビル

【浜通り北支所】
福島県南相馬市原町区錦町1-25 アースム

※勤務地の希望を考慮。U・Iターンを歓迎します。
交通
※交通は勤務地により異なります。なお、通勤が可能であれば、勤務地に居住する必要はありません。
※マイカー通勤が可能です。ただし、部署によっては自ら駐車場を確保する必要があります。
勤務時間 8:30~17:15
※実働7時間45分(週38時間45分)
※必要に応じて残業が発生しますが、残業時間は月平均10時間~20時間以下です。定時に退庁することも可能です。
給与 月給23万1500円~39万1800円
※上記月給は学歴、職歴等を勘案し、一般職の職員の給与に関する法律に基づき決定されます。
※上記に加え、扶養手当、住居手当、通勤手当などが支給されます。
※残業代は全額支給します。
休日休暇 <年間休日120日>
■完全週休2日制(土・日)
■国民の休日
■年末年始休暇(6日)
■夏季休暇(3日)
■有給休暇
■産前産後休暇 ※取得、復職実績あり
■育児休暇 ※取得、復職実績あり
■介護休暇
■特別休暇(結婚、忌引 等)
※週休日等にイベント等で勤務する場合は、休暇を振り替えることができます。
福利厚生・待遇 ■賞与年2回(6月・12月)※今年度実績:4.3ヶ月分
■扶養手当(配偶者:6500円/月、子1人:1万円/月)
■住居手当(上限2万8000円/月)
■通勤手当(上限5万5000円/月)
■超過勤務手当
■退職金

など、条件に合致した場合に支給されます。
健康保険については、国家公務員共済組合(内閣共済組合)に加入します。

※採用に伴い転居が伴う場合は、国家公務員の旅費法に基づき赴任旅費を支給します。
※公務員宿舎への入居(有料)も可能です。民間アパート等へ入居された場合は、住居手当を支給します。

■事務所内禁煙
■財形貯蓄
■マイカー通勤可
転職・求人情報イメージ1
特定復興再生拠点区域における除染の様子です。現場の最前線では、今日も多くの人が動いています。
転職・求人情報イメージ2
日々の業務を通して、環境再生への着実な歩みを感じられます。社会的意義の大きな仕事に挑戦したい方にうってつけです。

プロフェッショナル取材者のレビュー

取材から受けた会社の印象

事業の再理解も兼ねて、今回は福島の環境再生に関する流れを詳しく伺いました。

環境再生の取り組みとしては、放射性物質に汚染された土壌等の除染等の措置と、汚染された廃棄物の処理があります。

前者の場合、除去土壌等は仮置場で保管・管理され、その後可能な限り減容化され、中間貯蔵施設で貯蔵されます。後者の場合、同様の流れをたどり、貯蔵もしくは埋立処分施設で処理。中間貯蔵施設にある土壌等は、福島県外で最終処分されることになっており、土壌等の再生利用に向けた取り組みは、まさに今進められている段階です。

採用されると、これらの取り組みを行なう事務所の庶務、広報、会計等の業務を行なうことになります。私たちも、少しでも環境再生事業を後押しできればと思います。

この仕事のやりがい&厳しさ
やりがい■復興に向けて尽力する組織を支える、縁の下の力持ちです。
職員の皆さんが円滑に業務を進められるよう、バックオフィスからサポートを行ないます。約500名規模の大きな組織なので、総務一人ひとりの果たす役割も大きく、陰ながら組織に貢献している実感を得られるでしょう。また、自身の日々の業務が、福島県の復興という大きな目標につながっている点も魅力。事務所施設の管理を行なったり、報道機関へと情報を提供したりと、間接的な関わり方ではありますが、社会的な意義を感じながら働けるのではないでしょうか。
厳しさ■官公庁特有のシステムに戸惑うことも。
各省庁で共通している独自のシステムを活用するため、操作方法を覚えるだけでも1ヶ月はかかるとのこと。総務の業務経験に自信がある方でも必ずぶつかる壁ですので、慣れるまでは業務をスムーズに進められないもどかしさを感じるかもしれません。
この仕事の向き&不向き
向いている人◎周囲と連携を取って働ける方
事務所内と外部をつなぐ窓口ともいえるポジションです。事務所内での連携はもちろん、関係各所と連絡を取ることも多くなりますので、コミュニケーション能力がある方や、協調性を大切にできる方に活躍いただけるでしょう。
向いていない人▲復興を後押しする意識のない方
バックオフィスとはいえ、復興という目標に向かって取り組む姿勢や思いがなければ、組織の風土ともミスマッチが起こります。復興というミッション自体に興味がない方や、環境省のネームバリューに惹かれたという方の活躍は難しいでしょう。

会社概要環境省

設立 2012年1月
代表者 所長 秦 康之
資本金 公的機関のため、資本金はありません。
従業員数 550名(2021年4月現在)
売上高 公的機関のため、資本金はありません。
事業内容 環境再生事業の実施等
事業所 福島地方環境事務所・県北支所/福島県福島市栄町11‐25 AXCビル
県中・県南支所/福島県郡山市大町1-1-8 NKビル
県中・県南支所富岡分室/福島県双葉郡富岡町中央2-36
浜通り南支所/福島県双葉郡広野町大字下北迫字折返57‐2
浜通り北支所/福島県南相馬市原町区錦町1-25 アースム
浜通り北支所浪江分室/福島県双葉郡浪江町大字権現堂字上続町12 朝田ビル
中間貯蔵施設浜通り事務所/福島県いわき市平字小太郎町2-6 いわきフコク生命ビル
放射線健康管理事務所/福島県いわき市平字小太郎町1‐6 いわきセンタービル
特定廃棄物埋立処分施設管理事務所/福島県双葉郡富岡町大字上郡山字太田713
企業ホームページ http://fukushima.env.go.jp/index.html

応募・選考について

入社までの流れ
STEP1
第一次選考:書類選考(小論文、履歴書、職務経歴書)※書類の郵送をもってエントリー完了となります。
STEP2
第二次選考:面接による人物試験(福島地方環境事務所)
STEP3
内定
STEP4
入省 ※任期:令和4年4月1日より令和7年3月31日まで
<応募書類について>
エントリー後、下記の応募書類を「連絡先」のメールアドレスまでご送付ください。
※令和3年12月3日(金)必着

■小論文
「福島の復興に向けた環境再生事業等の現状と課題について」を1600字程度で論述してください。
※「環境再生事業等」とは、除染・家屋解体、放射性物質に汚染された廃棄物の処理、中間貯蔵施設の整備、除去土壌の再生利用、または放射性物質の健康影響に関するリスクコミュニケーションなどを指します。小論文は、これらを一括して論述するか、または個別の事業について論述してください。

■履歴書(写真貼付)
※「免許・資格欄」等に、取得した国家資格等の名称、取得年月日をご記載ください。
※「本人希望記入欄」等に、必ず、希望勤務地と希望職種をご記載ください(採用となった場合でも、ご希望に添えない場合がありますので、あらかじめご了承ください)。
※「本人希望記入欄」等に、パソコンワープロソフト(Word、一太郎、Excel、PowerPoint等)による文書等の作成の経験についてご記載ください。
※連絡用に携帯電話番号、およびEメールアドレスもご記載ください。

■過去の業務経験一覧
※これまでの職歴を主な担当業務の内容とともに、時系列で記述してください。

<応募にあたっての備考>
※給与等については、学歴、経歴等を勘案して一般職の職員の給与に関する法律に基づき決定されます。
※採用内定者に選考された場合、健康診断を受診(自己負担、任意の医療機関で実施)し、その結果を提出していただくことになります。
※採用内定者に選考された場合、最終学歴に係る卒業(修了)証明書および過去に在籍した会社等への在籍証明書を提出していただくことになります。
※採用内定者に選考された場合、現在職に就いている方は、採用時に当該所属先から退職していただく必要があります。
※応募書類の返却は行いませんので、あらかじめご了承ください。
※以下に該当する方はご応募できません。
・日本国籍を有しない方
・国家公務員法(昭和22年法律第120号)第38条の規定により国家公務員となることができない方
※ご応募にあたっては環境省の採用HPも必ずご覧ください。
http://fukushima.env.go.jp/career.html
応募受付方法 【応募期限:令和3年12月3日(金)必着】
エン転職の応募ボタンよりエントリーした後、下記「連絡先」に応募書類を必ず郵送またはメールで提出してください。

メールの場合応募書類はWord、Excel、一太郎、PDFのいずれかの形式で、件名は「人事院規則に基づく任期付職員等(令和4年4月1日採用、福島地方環境事務所)応募書類」としてください。本文中に「エン転職経由での応募」である旨の記載をお願いします。
面接地 【福島地方環境事務所】
〒960-8031
福島県福島市栄町11-25 AXCビル6階

※新型コロナウイルスの感染拡大の状況により、面接試験会場を変更する場合があります。
連絡先 【福島地方環境事務所】
〒960-8031
福島県福島市栄町11-25 AXCビル6階
担当環境省福島地方環境事務所総務部総務課 職員採用担当
TEL024-573-7330
E-MAILF-SOUMU01@env.go.jp
個人名の表記について
企業に1週間だけあなたのパーソナルシートが公開されます。企業から、応募のお願いや、レジュメ入力リクエストが届く可能性があります。
エン転職は、世界一 信頼性の高い求人情報を目指しています。
エン転職は、求人企業が発信する情報にエン転職取材担当、寺田の取材によるコメントを加え、さらに元社員や現社員からのクチコミ情報など多角的な情報を収集し、より信頼性の高い求人情報を提供しています。
もし、求人情報の掲載内容と事実に相違があった場合はエン転職事務局までご連絡下さい。調査の上、対応いたします。入社後に判明した相違点についても、情報をお寄せください。