1. エン転職TOP
  2. トップメッセージ一覧
  3. 社員全員の力で、日本を代表する企業に到達したい。
クラウドサービスの法人営業 ◎20年連続売上アップ/『楽楽精算』などシェアトップクラスの自社サービス
株式会社ラクス(東証一部上場)
株式会社ラクス(東証一部上場)
募集職種
クラウドサービスの法人営業 ◎20年連続売上アップ/『楽楽精算』などシェアトップクラスの自社サービス
トップメッセージ詳細

社員全員の力で、日本を代表する企業に到達したい。

代表取締役
中村 崇則

1973年生まれ、山口県出身。1996年に神戸大学経営学部を卒業し、NTTに入社する。1997年に合資会社デジタルネットワークサービスを設立し、まだ珍しかった電子メーリングリストサービス事業を開始。日本でインターネット業界が急速に発展した2000年に株式会社化(インフォキャスト)して、国内トップクラスに成長。2000年12月アイティーブースト(現ラクス)を設立し、メールを一元管理するグループウェア「メールディーラー」を開発する。

我が社の現状と今後の展開

2020年の経済悪化を乗り越え、2021年3月に東証一部に上場しました。2015年のマザーズ上場から売上も社員数も約4倍になり、直近3年間の年平均成長率は30%。ビジョンは日本を代表する企業になることですが、東証一部上場によってそこに一歩近づきました。

業績は好調です。精算業務の手間を削減できるクラウドサービス「楽楽精算」の導入企業は累計7000社超。働き方改革や人材不足の時代背景にマッチしますし、精算業務がない会社はありませんので、業種を問わず導入されています。

「ITシステムが“楽”に使え、中小企業で働く人が仕事も人生も楽しくなるように」という願いを込めたラクスのサービスですが、たとえば楽楽精算であれば従業員数が50名から1000名の企業が対象です。今後も中小企業を強くする支援を続け、約10年後に時価総額TOP100以内に入り、社員全員の力で日本を代表する企業に到達したいと考えています。

仕事をする上で大切にしていること

トップメッセージイメージ1
日本にある企業の9割以上は中小企業で、約400万社。働く人の約6割は中小企業に所属しています。日本が安心で豊かな社会であるためには、中小企業が強くなる必要があります。ラクスは資金面や人材面で制約を抱える中小企業にも導入しやすいITサービスを提供して、中小企業の成長と働く方々の幸せに貢献したいのです。

少子化が進み労働人口が減少する日本、特に中小企業においては限られた人材で生産性を高めていくことが重要です。ラクスのサービスは業務を効率化して生産性を向上させるもの。社会課題解決の一助となるサービスの有用性を証明するためには、社員にも業務の効率化と生産性向上を求めます。業務に忙殺される日々から解放されることで、「未来を考える時間」を取り戻してほしいのです。ラクスが本当に提供したいのは「心の豊かさ」。みんながもっと未来を考える時間を持てたら、もっと豊かな社会を作れると信じています。

今回入社される方に期待すること

キャラクターによって好かれる営業よりも、課題解決ができる営業になることを期待しています。ラクスのITサービスは運用費用を継続的にいただく積み上げ型です。そのため、各企業の規模や成長フェーズによって変わっていく課題をキャッチし、解決のための提案を続けられる営業になっていただきたいのです。

現在立ち上げ中の新しいサービスもありますし、それを自分の手で普及させるチャンスもあります。新しい顧客も増え続けていますし、千差万別のニーズに高機能かつ多彩なサービスで応えることができます。別のサービスを扱う部署と連携して、クロスセルの提案もできます。

「ただモノを売る営業ではなく、お客様のニーズに寄り添ったソリューションを提供する営業として成長したい」という方には、働きがいのある会社です。探客のための電話や飛び込みは必要ありませんから、営業の本質的な面白さをたっぷり味わってください。
個人名の表記について
企業に1週間だけあなたのパーソナルシートが公開されます。企業から、応募のお願いや、レジュメ入力リクエストが届く可能性があります。
エン転職は、世界一 信頼性の高い求人情報を目指しています。
エン転職は、求人企業が発信する情報にエン転職取材担当、松本の取材によるコメントを加え、さらに元社員や現社員からのクチコミ情報など多角的な情報を収集し、より信頼性の高い求人情報を提供しています。
もし、求人情報の掲載内容と事実に相違があった場合はエン転職事務局までご連絡下さい。調査の上、対応いたします。入社後に判明した相違点についても、情報をお寄せください。