1. エン転職TOP
  2. 転職 営業系
  3. 転職 人材コーディネーター、キャリアコンサルタント、人材系営業
  4. 転職 人材コーディネーター、派遣コーディネーター
  5. アジア人材育成事業協同組合の転職・求人情報
  6. 外国人技能実習生のコーディネーター(実習生のサポート/受入企業の開拓・巡回)の転職・求人情報

「アジア人材育成事業協同組合/外国人技能実習生のコーディネーター(実習生のサポート/受入企業の開拓・巡回)」の転職・求人・仕事情報。日本最大級の【エンジャパン】の転職サイトには、人材コーディネーター、派遣コーディネーターの転職・求人情報が満載です!

外国人技能実習生のコーディネーター(実習生のサポート/受入企業の開拓・巡回)
アジア人材育成事業協同組合
プロ取材
大阪府泉佐野市の本部にて、張代表に取材しました。同組合は、海外からやってきた技能実習生を “学生” と考えて成長をサポートしています。その丁寧な支援体制が喜ばれているそうです。
エン転職 取材担当者
伊藤
取材担当者-伊藤
掲載期間21/03/2221/05/16
アジア人材育成事業協同組合

外国人技能実習生のコーディネーター(実習生のサポート/受入企業の開拓・巡回)

契約社員職種未経験OK業種未経験OK完全週休2日残業月20h以内内定まで2週間転勤なし
外国人技能実習生のコーディネーター(実習生のサポート/受入企業の開拓・巡回)イメージ1
技能実習生受入れ実績は、総計1000名以上。それぞれの個性や悩みに向き合い、夢の実現に向けて寄り添っています。
育むのは、国境を超えた師弟愛。
「技術を学びたい」と日本へ来た若者たちが、技能実習を終えるまでの数年間。彼らを “学生” と考え、技術指導とは別の形で支えるのが私たちの仕事です。

道のりは平坦ではありません。たとえば、ミャンマーから来たおっとりした学生は、慌ただしい介護の仕事に慣れずホームシックに。ベトナムから来た学生は、ごみ出しルール違反を叱責されて驚く。中には同僚とギクシャクしてしまう人もいます。

私たちは “先生” のつもりで支援します。彼ら自身に変わる必要があれば、一緒に考える。受入企業側にも改善点があれば、協力を依頼する。甘い誘惑に負けそうになる学生には、根気強く伝えます。いま決まりを破ったら君の夢は叶わないのだと。それは、自分にとっても悲しいことだと。

目が回るように忙しい日もあります。しかし、自信のついた表情を見たとき、受入企業の指導者から「成長していますよ」と聞いたとき、帰国後に「◯◯先生へ」と元気な近況報告がやってきたとき、諦めなくて良かったと思うのです。

募集要項

仕事内容
外国人技能実習生のコーディネーター(実習生のサポート/受入企業の開拓・巡回)
外国人技能実習制度を通じて、アジアの若者たちに教育と成長のチャンスを提供する組合です。彼らが高い技術を身につけ、母国の成長に貢献しながらキャリアを築いていけるように支えることが、コーディネーターの役割。実習生を「学生」と呼び、コーディネーターは先生のような立ち位置で関わります。

---当組合の活動実績---
中国・ベトナム・ミャンマーなどの送り出し機関(日本で実習したい技能実習生を募集し日本へ送る機関)と連携し、面接・出国前教育、日本での実習中のフォロー、帰国後のフォローまで行なっています。

---具体的な仕事内容---

<学生のサポート>
関東支部は2名・札幌営業所は1名のコーディネーターが在籍。入国~実習~帰国まで支援をします。学生たちは、日常会話は問題ない日本語能力を持っています。

■送り出し機関と連携した面接採用活動
■日本への渡航に必要な行政手続きのサポート
■教育計画の立案(資格取得の支援など)
■日常生活サポート(寮の巡回・生活指導・相談へのアドバイスなど)

<受入企業の開拓・巡回>
受入企業として重視するのは「SDGs(持続可能な開発目標)」への理解・共感があるかどうか。特に私たちは「質の高い教育をみんなに」「ジェンダー平等を実現しよう」などの目標を重視しています。

■受入企業の新規開拓
■受入企業の巡回(定期的に訪問し企業側の指導担当と面談)
⇒製造業・介護業などの企業が中心です。学生の在籍人数により担当企業数は異なります。

※技能実習制度に関する行政手続や、各種申請書類の作成なども並行して行ないます。
応募資格 <業界・職種未経験歓迎>
■何らかの折衝業務の経験(営業・人材コーディネーターなど)
■Excel/Word/PowerPointの基本操作スキル
※大卒以上

◎意欲や興味関心を重視した採用です。
人の成長を支えること・若者たちの未来を作ることに関心がある方を歓迎します。現在活躍しているメンバーは、教育・福祉などに関わる分野出身。海外でのボランティア経験を活かして働く人もいます。
募集背景 ■外国人技能実習生の成長を支援するメンバーを増員します!
2005年より、技能実習制度を通じて世界各国の若者たちに質の高い教育を提供することに尽力してきた私たち。グローバルな取り組み「SDGs(持続可能な開発目標)」もふまえて「教育の機会均等」「生涯学習の促進」を経営課題とし、人材育成に力を入れ続けています。今後もより活動を発展させていくためには、技能実習生たちの成長を支えるポジションが重要。よって、関東支部・北海道営業所にて増員を行ないます。
雇用形態 契約社員(3ヶ月間の試用期間あり/待遇の差異なし)
※原則更新(人事評価、業績評価による)
勤務地・交通
<希望考慮/転勤なし>
関東支部または札幌営業所への配属となります。

■関東支部
東京都中央区新川1-24-12 SHビル7階

■札幌営業所
北海道札幌市中央区南2条西13丁目319番地20 南大通ビル二条館6階
交通
■関東支部
東京メトロ東西線「茅場町駅」より徒歩8分

■札幌営業所
札幌市営地下鉄東西線「西11丁目駅」より徒歩6分
勤務時間 9:00~18:00(実働8時間)
※残業は月平均10時間ほどです。
給与 月給25万円~29万円

※経験や能力などを考慮して決定します。
※月10時間分の固定残業代(15000円以上)を含みます。超過分は別途支給します。
休日休暇 ■完全週休2日制(土日休み)
■祝日
■夏季休暇
■年末年始休暇
■有給休暇
福利厚生・待遇 ■昇給年1回(4月)
■賞与年1回(12月/2年目から支給)
■各種社会保険完備(雇用・労災・健康・厚生年金)
■交通費支給(月2万5000円まで)
■時間外手当(固定残業代の超過分)
転職・求人情報イメージ1
国際社会で必要とされる人材を育成するため、単なる「管理」ではなく「実習終了後の将来をつながるサポート」を行なっていきます。
転職・求人情報イメージ2
企業で働きながら技術を学ぶだけでなく、日本の文化にも親しんでもらえる機会を作っています。様々な場で成長していく様子を見られるでしょう。

プロフェッショナル取材者のレビュー

動画でCheck!
取材から受けた会社の印象

同組合は、外国人技能実習生が適正に実習を行えるように監理する「監理団体」のひとつです。しかし代表曰く「私たちの組織は、実習生にとっての学校のようなものだと思ってほしいです。ですから、実習生ではなく “学生” と呼びます」とのこと。それだけ「実習生の成長支援」に重きを置いているということですね。

実際、グループ会社がミャンマーで専門教育機関を運営するなど、入国前の若者たちにも学習の場を提供することに力を入れています。今回の募集ポジションも “先生” や “キャリアコーディネーター” に近しい立ち位置。だからこそ、受入企業の開拓時にもむやみに取引先を増やさず「学生を大事にしてくれるか」「組合として大切にするSDGsの観点に共感があるか」などを重視して吟味するというお話でした。

こうした方針の組織であれば、誠心誠意 「未来を担う若者のために」という姿勢で仕事に臨むことができそうですね。

この仕事のやりがい&厳しさ
やりがい■実習生の成長を間近で感じられる喜び
日本に来たばかりの頃は、多くの実習生が不安を抱えています。言葉の違い・文化や生活習慣の違い・初めて取り組む仕事に戸惑い、弱気になる実習生もいるそう。その相談に乗ったり、壁を乗り越えるためのアドバイスをしたりする中で、出来ることが増えて少しずつ自信をつけていくのを見られることが嬉しいというお話でした。

また、同組合では実習生のことを “学生” と考えて接するため、実習生との関わりが深まるほどに「◯◯先生!」と呼ばれて慕われるのだとか。そうした交流からも、若者の育成に携わっている、一番近いところで力になれていると感じるそうです。
厳しさ■毎日違うことが起こる目まぐるしい日々
実習生が働く企業を訪問する合間を縫って、これから入国する実習生のために渡航用の書類準備をサポートしたり、資格取得を目指す実習生のために計画を立てたり。さらに、まったく予期しないタイミングでトラブルが起き、急に指導を行なわなくてはならない……ということもあります。そのため、予定を組んでいてもその通りにいかない場合が多いそう。トラブル対応で他の仕事が進まない日や、数十名の実習生と数十社の担当企業のうち「何から優先して対応すべきか?」と悩む日もあるでしょう。
この仕事の向き&不向き
向いている人◎人の成長を支援したい方
外国人技能実習制度を利用する若者たちが成長できるように、継続して支援していくポジションです。「頑張る人を支えたい」「人の成長を近くで見届けたい」といった方に向いています。実際、教育系・福祉系などから転職された方々が活躍されています。
向いていない人▲異なる価値観への理解がない方
中国・ベトナム・ミャンマーなど、日本とは文化も生活様式も異なる国々から来た若者と接します。よって、まずは相手を理解しようとする姿勢が重要です。「異なる文化は受け入れがたい」「自分の考え方を押し付けがち」という方には不向きです。

会社概要アジア人材育成事業協同組合

設立 2005年6月9日
代表者 代表理事 張 俊
従業員数 13人(2021年3月現在)
売上高 2億5400万円(2020年3月期)
事業内容 ■外国人技能実習生の受入、サポート及び指導
■受入先企業へのサポート
■新規企業の開拓

・有料職業紹介 許可番号 27-ユ-301274
・一般監理事業(優良組合)許可番号 1708001094

<国内活動実績>
2005年の設立以来、北海道、関東、中部、関西、四国、九州の企業に対して、外国人技能実習生の受け入れを行ない、巡回訪問ともに指導およびサポートを実施。

<海外活動実施>
中国、ベトナム、ミャンマーに展開し、現地の送り出し機関および教育機関と連携し、技能実習生の面接・出国前教育を行ない、実習終了後の母国でのフォローアップ活動を実施。
事業所 ■本部(関西支部)
大阪府泉佐野市りんくう往来北1番 SiSりんくうタワー1808室

■関東支部
東京都中央区新川1-24-12 SHビル7階

■札幌営業所
北海道札幌市中央区南2条西13-319-20 南大通ビル二条館6階
設立目的 外国人技能実習制度のもとで開発途上の国々から日本にやって来た若者たちが、いずれは祖国発展の礎となることを願い、教育を通じて彼らを支援することを目的として設立いたしました。

私たちは、彼らに生涯学習の機会を広く提供することにより、[1] 若者たちが高い技術的・職業的スキルを身に着け、[2] 女性の地位向上と社会的弱者の自立を促し、[3] 生産性向上と経済成長による格差や貧困の克服を目指します。さらには、[4] 日本が直面する超高齢化社会に備えた取り組みとして、外部機関と連携して介護人材の育成にも力を注ぎ、SDGsの理念のもとに活動を続けています。
企業ホームページ http://www.achr.jp/

応募・選考について

入社までの流れ
STEP1
Web履歴書による書類選考
STEP2
面接(2回)
STEP3
内定!
<選考スケジュールについて>
■ご応募から内定までは2週間以内を予定しています。
■ご応募から1ヶ月以内のご入社が可能です。

<面接について>
■来社面接の場合、面接中もマスク着用のままで結構です。面接官も、マスク着用・消毒・換気などの感染症対策を徹底します。何かご不安なことがあればお問い合わせください。
応募受付方法 当ページからエントリーしてください。追ってこちらからご連絡いたします。
面接地 下記いずれかにて実施します。

■本部(関西支部)
〒598-0048 大阪府泉佐野市りんくう往来北1番 SiSりんくうタワー1808室

■関東支部
〒104-0033 東京都中央区新川1-24-12 SHビル7階

■札幌営業所
〒062-0922 北海道札幌市中央区南2条西13-319-20 南大通ビル二条館6階
連絡先 〒598-0048 大阪府泉佐野市りんくう往来北1番 SiSりんくうタワー1808室
担当総務
TEL072-469-2877
個人名の表記について
企業に1週間だけあなたのパーソナルシートが公開されます。企業から、応募のお願いや、レジュメ入力リクエストが届く可能性があります。
エン転職は、世界一 信頼性の高い求人情報を目指しています。
エン転職は、求人企業が発信する情報にエン転職取材担当、伊藤の取材によるコメントを加え、さらに元社員や現社員からのクチコミ情報など多角的な情報を収集し、より信頼性の高い求人情報を提供しています。
もし、求人情報の掲載内容と事実に相違があった場合はエン転職事務局までご連絡下さい。調査の上、対応いたします。入社後に判明した相違点についても、情報をお寄せください。