1. エン転職TOP
  2. 転職 エンジニア系(IT・Web・ゲーム・通信)
  3. 転職 社内SE
  4. 転職 社内情報戦略・推進、情報セキュリティ
  5. 防衛省の転職・求人情報
  6. AI・サイバーセキュリティ推進室長(AI・サイバー領域の司令塔)★防衛省の重要ポジション募集ですの転職・求人情報

「防衛省/AI・サイバーセキュリティ推進室長(AI・サイバー領域の司令塔)★防衛省の重要ポジション募集です」の転職・求人・仕事情報。日本最大級の【エンジャパン】の転職サイトには、社内情報戦略・推進、情報セキュリティの転職・求人情報が満載です!

AI・サイバーセキュリティ推進室長(AI・サイバー領域の司令塔)★防衛省の重要ポジション募集です
防衛省
プロ取材
防衛省整備計画局の情報通信課長の有田さんにお話を伺いました。AI・サイバーセキュリティ推進室で、サイバー領域の安全保障を担う仕事。その仕事の影響力に魅力を感じた取材でした。
エン転職 取材担当者
藤原
取材担当者-藤原
掲載期間20/11/1920/12/16
防衛省

AI・サイバーセキュリティ推進室長(AI・サイバー領域の司令塔)★防衛省の重要ポジション募集です

正社員完全週休2日面接1回のみ
AI・サイバーセキュリティ推進室長(AI・サイバー領域の司令塔)★防衛省の重要ポジション募集ですイメージ1
重要性が増す“新たな分野の防衛力”を強化するために、ぜひ経験を活かしてください。(整備計画局 有田情報通信課長)
「新領域」のリーダーを求めます。
現実の話として、政府機関への標的型攻撃やマルウェア攻撃は頻繁に発生しています。国防の要である防衛省・自衛隊のセキュリティが突破されれば未曾有の危機が訪れる可能性もあります。

例えば自衛隊の作戦行動が明るみに出たら。国防に関わる機密が流出したら。組織の要を担うキーパーソンの個人情報が漏れたら。考えたくないことではありますが、その懸念を無視するわけにはいかない。だから「AI・サイバーセキュリティ推進室」では防衛省・自衛隊のさらなるサイバーセキュリティ強化のために日々取り組んでいます。

そしてあなたには、その陣頭指揮を執る室長の任を託したい。期待するのは、国内最高峰のセキュリティ体制構築。これまで培ってきた知見を活かし、組織内でのセキュリティ規則などを確立。その上でサイバー攻撃発生時には司令塔として実務の取りまとめをお願いします。また、AIの導入・活用促進も進めており、プロジェクト管理やAI人材の育成が必要です。

AI・サイバー領域の安全保障を担う大任です。ぜひ経験豊かなあなたの力を貸してください。

募集要項

仕事内容
AI・サイバーセキュリティ推進室長(AI・サイバー領域の司令塔)★防衛省の重要ポジション募集です
防衛省整備計画局情報通信課に設置されているAI・サイバーセキュリティ推進室の室長。防衛省・自衛隊のサイバーセキュリティの基準を決めると共に、AIを活用するための分析などに携わっていただきます。部下を率いて政策の検討・企画・立案や防衛省内外の関係部署との調整・意見交換、省内幹部への報告等もお任せします。

▼サイバーセキュリティ関連業務
省内の情報システムやネットワークのセキュリティ対策や緊急時対応、防衛関連企業向けの支援、諸外国との調整、各種動向調査、資料収集等に携わっていただきます。

▼AI関連業務
防衛省・自衛隊内におけるAIの導入推進などに携わっていただきます。どういった部分にAIを取り入れるのか、そして実際にどのように導入するのかといった点を考えてください。

※サイバー攻撃が発生した際は、実務の取りまとめ役として対応を行なっていただきます。その場合は他省庁との連携・調整などにも関わってください。
※AI・サイバーセキュリティ推進室は10名規模の部署で、部下のマネジメントもお任せします。

<入省後の流れ>
まずは防衛省の組織構造などから学んでいただき、それから実務に挑戦していただきたいと考えています。即戦力として期待しているため、ぜひ早期よりご活躍ください。
応募資格 <大卒以上>
▼以下、全ての資格を満たす方
■IT系業務の実務経験を16年以上お持ちの方
■チームのマネジメント経験をお持ちの方(10名程度)
■ビジネスレベルの英語力をお持ちの方(英語での行政文書の作成や国際会議参加のため)
募集背景 日本の平和と独立を守る役目を果たす防衛省。近年、軍事技術の進歩などにより、わが国を取り巻く安全保障環境は一層厳しさを増しています。防衛省が向き合う領域は陸・海・空だけではなく、「宇宙・サイバー・電磁波」という範囲にまで拡大しているのです。また、今後自衛隊の広範多岐にわたる分野にAIを適用していきます。このため、今回はAI・サイバー領域の強化を図るため、「AI・サイバーセキュリティ推進室長」として活躍していただける方をお迎えすることにしました。
雇用形態 正職員(6ヶ月の試用期間があります。その間の給与・待遇に違いはありません)
※任期付職員募集となります。任期は採用日から2年間を予定しております。業務の進捗状況等により、採用日から5年を超えない範囲内で、必要に応じて任期の更新もあり得ます。
勤務地・交通
防衛省/東京都新宿区市谷本村町5-1
交通
■JR中央・総武線/東京メトロ有楽町線・南北線/都営新宿線「市ヶ谷駅」より正門まで徒歩約10分
■JR各線/東京メトロ丸ノ内線、南北線「四ツ谷駅」より正門まで徒歩約10分
■都営新宿線「曙橋駅」より正門まで徒歩約10分
勤務時間 9:30~18:15(実働7時間45分)
※フレックスタイム制の働き方を選ぶこともできます。その場合の標準労働実働は7時間45分、コアタイムは10:00~16:00となります。
給与 月給59万円
※年齢・経験・スキルを考慮します。
※上記月給には地域手当、本府省業務調整手当、管理職手当を含みます。
年収例
880万円(30代後半)
休日休暇 完全週休2日制(土曜・日曜)
祝日
夏季休暇
年末年始休暇
有給休暇
介護休暇
産休・育休(取得・復職実績あり)
結婚休暇
忌引き休暇
子の看護休暇
ボランティア休暇
福利厚生・待遇 昇給・給与改定 年1回
賞与 年2回(6月・12月/昨年度実績4.4ヵ月分)
通勤手当(月5万5000円まで)
社会保険(労災・健康・厚生年金)
家族手当(配偶者:月6500円、子1人:月8000円)
住宅手当(月2万8000円まで)
財形貯蓄
退職金制度
託児所あり
オフィス内禁煙
食堂・コンビニ・飲食店あり(牛丼チェーンや有名コーヒーショップも省内にあります)
転職・求人情報イメージ1
こちらがオフィスの様子です。メンバーのマネジメントも担当し、ぜひ円滑な組織運営を行なってください。
転職・求人情報イメージ2
会議の様子です。関係各所と調整し、着実にサイバーセキュリティの質を高める。そんな仕事ぶりを期待しています。

プロフェッショナル取材者のレビュー

動画でCheck! 職場風景
取材から受けた会社の印象

テクノロジーの発展により、陸海空の防衛だけでは国防は不十分になってきました。その中で注目が集まっているのが、宇宙・サイバー・電磁波の各領域。実際に防衛省でも、これらの領域に力を入れており、次世代の国防の要として位置づけているのだそうです。そして今回募集されることになったのが、サイバー領域の国防力を高めるために必須のポジション。国内でも最も重大な機密を扱う組織ということもあり、求められるセキュリティ水準は当然国内最高峰。これからの国の行く末を決める極めて重要な存在と言えます。そんな環境で業務に取り組むスケール感は、他では感じることはできないもの。これまでの経験の集大成として活躍し、その影響力を感じる。そういった毎日には大きなやりがいありそうだと感じた取材でした。

この仕事のやりがい&厳しさ
やりがいこのポジションは、いわば防衛省におけるAI・サイバー領域の司令塔。サイバーセキュリティとAIに関わるリーダーとして、国の安全保障に関わる影響力の大きな仕事に挑戦することができます。そのため、自分の仕事の意義を実感できることも多いでしょうし、誇らしさを感じられる瞬間もたくさんあるはずです。
厳しさAI・サイバー領域の司令塔ということで、極めて大きな責任がのしかかります。万が一誤ったセキュリティ基準を設けたり、サイバー攻撃への対処に失敗してしまうと、国防力を下げることに直結します。少しの失敗でも取り返しがつかず、国の運営にも大きな悪影響を及ぼしてしまう。そういったプレッシャーがあるため、精神的な負担は大きいはずです。
この仕事の向き&不向き
向いている人民間企業に比べて、仕事のスケール感が極めて大きな環境です。「国に関わる仕事がしてみたい」「影響力の大きな仕事に挑戦してみたい」といった方に向いています。
向いていない人あなたの下した決定は、国防において大きな意味を持ちます。とはいえ、スピード感が求められる瞬間が多いのも事実。「慎重かつ迅速に動けない」という方には向いていません。

会社概要防衛省

設立 1954年7月
代表者 防衛大臣 岸 信夫
資本金 官公庁のため、資本金はありません。
従業員数 24万7117名(2018年3月現在)
売上高 官公庁のため、売上はありません。
事業内容 ■防衛政策の策定
■国防に関する情報の収集・分析
■防衛力整備
■自衛隊の運用
■国際的なパートナーとの協力
■地域社会・国民との連携強化
事業所 〒162-8801
東京都新宿区市谷本村町5-1
企業ホームページ https://www.mod.go.jp/
採用ホームページ 防衛省 私たちと一緒に働きませんか?
https://en-gage.net/mod_saiyo1

応募・選考について

入社までの流れ
STEP1
エン転職よりエントリー ※今回の中途採用では通常の公務員試験は実施いたしません。
STEP2
履歴書・職務経歴書の提出
STEP3
面接
STEP4
内定
◎今回の中途採用においては、通常の公務員試験は実施いたしません。書類選考と面接にて選考を行いますので、幅広い方からのご応募をお待ちしております。
◎入省時期は最大限考慮しますので、就業中の方もお気軽にご相談ください。

<応募について>
エン転職よりエントリーいただきましたら、応募フォームのご案内をいたします。提出書類の詳細をお送りしますので、そちらよりご提出ください。応募フォーム以外からのご応募(郵送等)は受け付けません。また、エン転職での掲載終了は【12月16日(水)中】となっております。

提出物/職務経歴書、履歴書
受付期限/12月20日(日)中
応募受付方法 まずは下記の応募ボタンからご応募ください。(エン転職での掲載終了は【12月16日(水)中】となっております)その後、エン転職経由で応募受付メールをお送りいたします。メール内には応募フォームのご案内がありますので、そこから必要書類を添付の上、ご応募ください(その際、応募経路は必ず『エン転職』を選択してください)。
面接地 〒162-8801
東京都新宿区市谷本村町5-1
連絡先 〒162-8801
東京都新宿区市谷本村町5-1
防衛省大臣官房秘書課任用第6係
担当採用担当 藤原・磯野
TEL03-3268-3111(内線20209)
E-MAILsaiyou6@ext.mod.go.jp
個人名の表記について
企業に1週間だけあなたのパーソナルシートが公開されます。企業から、応募のお願いや、レジュメ入力リクエストが届く可能性があります。
エン転職は、世界一 信頼性の高い求人情報を目指しています。
エン転職は、求人企業が発信する情報にエン転職取材担当、藤原の取材によるコメントを加え、さらに元社員や現社員からのクチコミ情報など多角的な情報を収集し、より信頼性の高い求人情報を提供しています。
もし、求人情報の掲載内容と事実に相違があった場合はエン転職事務局までご連絡下さい。調査の上、対応いたします。入社後に判明した相違点についても、情報をお寄せください。