1. エン転職TOP
  2. 転職 公務員、団体職員、その他
  3. 転職 公務員
  4. 転職 国家公務員
  5. 防衛省の転職・求人情報
  6. 宇宙海洋政策室部員 ◎防衛省が新たに立ち上げた部署で活躍します。の転職・求人情報

「防衛省/宇宙海洋政策室部員 ◎防衛省が新たに立ち上げた部署で活躍します。」の転職・求人・仕事情報。日本最大級の【エンジャパン】の転職サイトには、国家公務員の転職・求人情報が満載です!

宇宙海洋政策室部員 ◎防衛省が新たに立ち上げた部署で活躍します。
防衛省
プロ取材
新宿区にある防衛省・市ヶ谷庁舎を訪問し、防衛政策局戦略企画課長の松本さんに取材しました。採用される方は防衛省でも特に重要な仕事を担うそう。真に実効的な防衛力を高めるために欠かせない存在だと言います。
エン転職 取材担当者
藤原
取材担当者-藤原
掲載期間20/11/1920/12/16
防衛省

宇宙海洋政策室部員 ◎防衛省が新たに立ち上げた部署で活躍します。

正社員完全週休2日
宇宙海洋政策室部員 ◎防衛省が新たに立ち上げた部署で活躍します。イメージ1
防衛省が掲げる重要な政策の陰に、政策室部員の活躍がある。意義深い仕事です。【防衛政策局 松本戦略企画課長】
防衛省の “新たな変化” を担う、政策まわりの舵取り役。
従来、防衛省が向き合う領域は陸・海・空が中心でした。しかし近年は、宇宙・サイバー・電磁波といった分野にまで拡大。軍事技術が進歩し、より高次元で軍事活動が活発化しており、今まで以上の防衛力強化が急がれています。

そこで、「宇宙・海洋政策室」を2020年に立ち上げました。組織のミッションは、諸外国に引けを取らない宇宙・海洋領域での政策を形にし、“国防”の機能を高めること。今回お迎えする方は、そのための幅広い実務を担当します。

防衛力で日本が優位性を発揮できる施策を実現させるために、専門家に話を伺って助言を得ることもあれば、立案に向け省内外の様々な人と調整・交渉を行なうことも。政策の検討~実現における“舵取り役”として、日々奔走していくのです。

日々の仕事一つひとつは地道です。政策が形になるまでに長い期間を要することも。それでも、私たちの仕事があってこそ、防衛省は重要な政策を掲げられます。掲げた政策が、自衛隊員の活動にも役立ちます。

――防衛省が向き合う新たな変化。あなたの活躍で推し進めてください。

募集要項

仕事内容
宇宙海洋政策室部員 ◎防衛省が新たに立ち上げた部署で活躍します。
近年ますます重要性が高まっている宇宙・海洋分野の防衛力強化を目指して、新たに「宇宙・海洋政策室」が誕生しました。あなたには、防衛力強化につながる政策を形にするための様々な実務をお任せします。政策の検討・企画・立案から、防衛省内外の関係部署との調整や意見交換、省内幹部への報告、国会対応等まで、幅広くご担当ください。

※部員とは、他省庁における課長補佐に相当します。

<以下に関連する業務です>
■宇宙分野
・宇宙状況の監視に関すること
・宇宙領域を活用した情報収集、通信、測位等の各種能力の向上
・機能保証のための能力や、相手方の指揮統制・情報通信を妨げる能力の強化
・宇宙領域における諸外国との連携強化

⇒例えば、宇宙利用の在り方が変化している近年は、大型の高機能衛星を数少なく打ち上げる方式から、小型衛星を大量に打ち上げる方式に変化しています。衛星の種類や搭載センサーによって得られる効果に影響もあるため、「どんな衛星にするか」「防衛省が単独で実施するか、民間企業とパートナーを組むか」「諸外国の打ち上げる衛星への対応は」などを検討。専門家に意見を伺って文書をまとめたり、話し合いの場を設けたり…など行動します。

■海洋分野 
・海洋状況の把握
・国境離島の保全
・その他、海洋に関する安全保障上の重要課題

⇒例えば、排他的経済水域の保全についての政策です。諸外国から物を輸入する際の航路をいかに安全に確保するかだったり、日本の領海に侵入してきた船の対応について検討・企画立案します。関係各所はもちろん、諸外国とも情報交換(英語力は不問)するなどして、幅広い海洋問題に向き合います。

※宇宙・海洋政策室は新組織。特に宇宙分野の業務は、これまで専門的に取り組む組織はありませんでした。室長の指示も仰ぎ自ら考えて行動しましょう。
応募資格 下記2点に該当される方が対象です。
■大学卒業後、民間企業・官公庁・国際機関等において、正社員・正職員(またはそれに準ずる雇用形態)として従事した経験が7年以上ある方(令和3年2月1日現在)

■組織や上司の方針に基づく適切な判断力、論理的な説明能力、計画的・効率的な業務遂行能力、関係部署との円滑な連絡・調整・コミュニケーション力を有している方

<宇宙分野に関する経験者歓迎>
宇宙分野に関する知識・実務経験を有している方を歓迎します。仕事の中で宇宙に関する何かしらの業務に携わっていた方、実務経験はないけど興味を持って勉強していた方は、その知識を活かせます。担当していただく実務も、特別な専門知識というより、周りを巻き込む力や意見を汲み取る力などが大切になってきます。
募集背景 <新たな組織で活躍する人材を、お迎えします>
日本の平和と独立を守る役目を果たす防衛省。近年、軍事技術の進歩などにより、わが国を取り巻く安全保障環境は一層厳しさを増しています。防衛省が向き合う領域は陸・海・空だけではなく、「宇宙・サイバー・電磁波」という範囲にまで拡大しているのです。

だからこそ、これまで以上に多様な施策を進め、防衛力を強化することが必要不可欠。そのために「宇宙・海洋政策室」という部署を立ち上げました。今回は、こちらで活躍してくださる方の募集。様々な経験を取り入れることが防衛省の活性化につながると考え、中途採用を実施します。
雇用形態 正職員 
※6ヶ月の試用期間があります。その間の給与や待遇に変更はありません。
※任期付職員募集となります。任期は採用日以降の2年間を予定しております。業務の進捗状況等により、採用日から5年を超えない範囲内で、必要に応じて任期の更新もあり得ます。
勤務地・交通
防衛省・市ヶ谷庁舎/東京都新宿区市谷本村町5-1
交通
■JR中央・総武線/東京メトロ有楽町線・南北線/都営新宿線「市ヶ谷駅」より正門まで徒歩約10分
■JR各線/東京メトロ丸ノ内線、南北線「四ツ谷駅」より正門まで徒歩約10分
勤務時間 9:30~18:15(実働7時間45分)

<フレックスタイム制での勤務も選択可能です>
コアタイム/10:00~16:00
※1週間の所定労働時間38時間45分を維持し、当該1週間内の勤務時間を割り振る形として運用します。
給与 月給38万円以上
※経験やスキルを考慮して決定します。
※上記月給には一律支給の手当(地域手当及び本府省業務調整手当)が含まれます。
※超過勤務手当は別途支給します。
年収例
600万円(30代前半)
休日休暇 ■完全週休2日制(土日)
■祝日
■夏季休暇
■年末年始休暇
■有給休暇
■介護休暇
■産休・育休制度(取得・復職実績共にあり)
■結婚休暇
■忌引き休暇
■子の看護休暇
■ボランティア休暇
福利厚生・待遇 ■昇給・給与改定年1回
■賞与年2回(6月・12月) ※昨年度実績:4.4ヶ月分
■社会保険(労災・健康・厚生年金)
■通勤手当(月5万5000円まで)
■時間外手当
■家族手当(配偶者:月6500円/子ども1人あたり:月8000円)
■住宅手当(月2万8000円まで)
■財形貯蓄制度
■退職金制度
■託児所・育児サポートあり 
■オフィス内禁煙
■食堂・コンビニ・飲食店あり(牛丼チェーン店やコーヒーショップも省内にあります)

<家庭との両立を応援します>
市ヶ谷の本省内には保育所があり、職員は利用することができます。また、「育児休業などを取得する職員のための代替要員制度」なども用意。職員が育児・介護などと仕事を両立するための様々な制度を整備しています。
入省後の流れ まずは「防衛省」という組織について学ぶため、簡易的に研修を実施します。その後、配属先となる部署にて実務をスタートしてください。幅広い業務があるため、入省時点の経験・スキルで担当できそうな仕事からお任せします。仕事は複数名のチーム体制で進めており、日頃からメンバー同士コミュニケーションを取っていきましょう。また、宇宙・海洋政策室には室長もいますので、指示に従って行動します。
転職・求人情報イメージ1
こちらはスタートアップ意見交換会の様子。政策の立案に向けて、様々な会議も調整していきます。
転職・求人情報イメージ2
日本の防衛力を世界レベルに追いつかせるために、一緒に努力していきましょう。

プロフェッショナル取材者のレビュー

動画でCheck! 職場風景
取材から受けた会社の印象

「専門知識に長けている必要はありませんよ」
取材に答えてくださった担当者の方のお言葉です。今回は宇宙・海洋分野に関連する業務を進めるポジションですが、宇宙・海洋の知識はなくても大丈夫なのだとか。「もちろん専門知識があれば活かせるので歓迎しますが、入省後に覚えてくだされば問題ありません」とのこと。

そもそも防衛省が中途採用を実施する背景には、様々な経歴・知見を持った方と出会い、組織を活性化させたいという狙いもあります。だからこそ経験を問わず採用を行なうのです。

また、政策室の部員として担当する業務は、「意見を伺って文書にまとめる能力」「関係各所に働きかけて交渉・調整を行なう能力」など、専門分野ではないスキルで活躍できる側面が強いのです。この点も実務・業界未経験からスタートできる確かな根拠でしょう。防衛省の中途採用というレアなチャンスは、多くの人に門戸が開かれていました。

この仕事のやりがい&厳しさ
やりがい■仕事に誇りを持てる。
「北方領土を含む極東における軍事活動の活発化」「核・ミサイル発射問題」…こうした諸外国の動向も踏まえた上で、日本がどのように防衛力の面で優位性を発揮するか、防衛省は今問われています。このような問題と専門的に向き合い、近年注目が集まる宇宙海洋分野の政策を形にするために「宇宙・海洋政策室」は誕生しました。防衛省があなたの仕事に寄せる期待は特に大きなものです。

政策を検討・企画・立案するために専門家に話を聞いて文書にまとめたり、関係各所と調整を行なったり…。政策の採用までには長い期間を要しますが、宇宙分野における政策が形になった前例はまだ少なく、自分が関わった政策が採用されるチャンスも豊富。関心の高い宇宙分野の話題はニュースや新聞で報道されやすいため、日々の仕事の意義の大きさを強く実感できるでしょう。
厳しさ■試行錯誤を繰り返す大変さも。
「宇宙・海洋政策室」が誕生したのは2020年に入ってから。組織の役割や担当する業務は決まっていますが、何を・いつ・どのように進めていくか、明確に決まっていないことも多いです。一例ですが、新たな政策を検討する際に過去事例をもとに考えることができず、「誰に話を聞いて、どんな情報を集めれば、上司に報告できるようになるかが分からない」という状況に陥ることも。仕事を進めていく中で「これはどうすればいいのか」といった壁にぶつかっても、自分で情報収集や問題解決に努めなければいけません。“手探り状態”だからこそ頭を悩ませ、「役割を果たせるか…」といったプレッシャーを感じることは日常茶飯事です。
この仕事の向き&不向き
向いている人■人々や世の中のためになる仕事がしたい方
入省後に担当する仕事が、国の平和を守る政策の実現につながり、それを元に防衛力強化に向けて自衛隊が活動できます。結果として、人々が安心して暮らせる社会がつくられます。真に人々のため、世の中のためになる仕事を手がけたい方にピッタリでしょう。
向いていない人■自ら考えて行動できない方
仕事の進め方を1から10まで丁寧に研修で学ぶようなことはありません。まずはできる仕事から挑戦し、壁にぶつかりつつも、自分で判断して行動する姿勢が大切になります。「どうするべきか」を自分で考えない指示待ちタイプの方では活躍が難しいです。

会社概要防衛省

設立 1954年7月
代表者 防衛大臣 岸 信夫
資本金 官公庁のため、資本金はありません。
従業員数 24万7117名(2018年3月現在)
売上高 官公庁のため、売上はありません。
事業内容 ■防衛政策の策定
■国防に関する情報の収集・分析
■防衛力整備
■自衛隊の運用
■国際的なパートナーとの協力
■地域社会・国民との連携強化
事業所 〒162-8801
東京都新宿区市谷本村町5-1
企業ホームページ https://www.mod.go.jp/
採用ホームページ 防衛省 私たちと一緒に働きませんか?
https://en-gage.net/mod_saiyo1

応募・選考について

入社までの流れ
STEP1
エン転職よりエントリー ※今回の中途採用では通常の公務員試験は実施いたしません。
STEP2
履歴書・職務経歴書の提出
STEP3
面接
STEP4
内定
◎今回の中途採用においては、通常の公務員試験は実施いたしません。書類選考と面接にて選考を行いますので、幅広い方からのご応募をお待ちしております。
◎入省時期は最大限考慮しますので、就業中の方もお気軽にご相談ください。

<応募について>
エン転職よりエントリーいただきましたら、応募フォームのご案内をいたします。提出書類の詳細をお送りしますので、そちらよりご提出ください。応募フォーム以外からのご応募(郵送等)は受け付けません。また、エン転職での掲載終了は【12月16日(水)中】となっております。

提出物/職務経歴書、履歴書
受付期限/12月20日(日)中
応募受付方法 まずは下記の応募ボタンからご応募ください(エン転職での掲載終了は【12月16日(水)中】となっております)。その後、エン転職経由で応募受付メールをお送りいたします。メール内には応募フォームのご案内がありますので、そこから必要書類を添付の上、ご応募ください(その際、応募経路は必ず『エン転職』を選択してください)。
面接地 〒162-8801
東京都新宿区市谷本村町5-1
連絡先 〒162-8801
東京都新宿区市谷本村町5-1
防衛省大臣官房秘書課任用第6係
担当採用担当 藤原、礒野
TEL03-3268-3111(内線20209)
E-MAILninkituki@ext.mod.go.jp
個人名の表記について
企業に1週間だけあなたのパーソナルシートが公開されます。企業から、応募のお願いや、レジュメ入力リクエストが届く可能性があります。
エン転職は、世界一 信頼性の高い求人情報を目指しています。
エン転職は、求人企業が発信する情報にエン転職取材担当、藤原の取材によるコメントを加え、さらに元社員や現社員からのクチコミ情報など多角的な情報を収集し、より信頼性の高い求人情報を提供しています。
もし、求人情報の掲載内容と事実に相違があった場合はエン転職事務局までご連絡下さい。調査の上、対応いたします。入社後に判明した相違点についても、情報をお寄せください。