「認定NPO法人ビッグイシュー基金/プロジェクトコーディネーター|ホームレス・貧困問題の解決に取り組む認定NPO法人」の転職・求人・仕事情報。日本最大級の【エンジャパン】の転職サイトには、NPO・NGO職員の転職・求人情報が満載です!

プロジェクトコーディネーター|ホームレス・貧困問題の解決に取り組む認定NPO法人
認定NPO法人ビッグイシュー基金
プロ取材
大阪市北区の事務局本部にいらっしゃる理事で事務局長の高野さんに取材。アルバイトからビッグイシュー基金の活動に参加して10年。今でも現場のスタッフと共に活動中。なんでも相談できる頼もしい存在です!
エン転職 取材担当者
中山
取材担当者-中山
掲載期間20/08/3120/11/22
認定NPO法人ビッグイシュー基金

プロジェクトコーディネーター|ホームレス・貧困問題の解決に取り組む認定NPO法人

アルバイト・パート職種未経験OK業種未経験OK学歴不問内定まで2週間面接1回のみ転勤なし
プロジェクトコーディネーター|ホームレス・貧困問題の解決に取り組む認定NPO法人イメージ1
ホームレスの人を中心に困窮者の自立を応援し、「誰にでも居場所と出番のある包摂社会」の形成を目指しています。
やっぱり帰る家があるのはいいね。
路上生活を脱出した人は、そう言って笑顔を見せてくれます。

路上生活を始めた経緯は、人それぞれ。病気で失業した。夢破れて自暴自棄になった。ギャンブル依存症になった。経営に失敗して負債を抱えた。被災した。

キッカケは違っても、共通しているのは「頼れる人がおらず、相談できる場所や機会もなかった」ということ。人とのつながりや希望を失って孤立した時に、人はホームレスになるのです。

誰にでも起こり得る出来事で一度ホームレス状態におちいれば、生活再建のハードルはあがります。住所がなければ身分証を発行できず、仕事探しも住む家を借りることも困難です。食べるために日払いの仕事を見つけても収入は不安定。

そこから生活再建の足がかりを創るために、私たちは存在します。住居の確保や就労を支援し、自立の第一歩を踏み出す応援をしています。ここには、人とのつながりと生きがいを取り戻した人の笑顔があるのです。

この度募集するのは、新たに始まる「おうちをあなたに―コロナ困窮者の住宅確保応援プロジェクト」の職員。参加をお待ちしています。

募集要項

仕事内容
プロジェクトコーディネーター|ホームレス・貧困問題の解決に取り組む認定NPO法人
「おうちをあなたに―コロナ困窮者の住宅確保応援プロジェクト」のコーディネートをご担当いただきます。

<プロジェクトの概要>
新型コロナウイルスの影響により、住居や仕事を失った人、定まった住居を持たない人を支援。東京・大阪を中心とした200世帯を目標に、賃貸住宅の初期費用(最大30万円)、生活物資・家具などの費用(最大10万円)、その両方(総額30万円)を支払い、住居を持ってもらうことを応援します。

プロジェクトの期間は、第一期が8月15日~11月15日、第二期が2021年1月~6月末。ビッグイシュー基金は、ホームレスの人や生活困窮者を支援する18の市民団体と連携しながらプロジェクトを進め、事務局の役目を担います。

<具体的な仕事内容>
【1】市民団体との協働による各種サポート、不動産業者とのやりとり 
市民団体から、相談を受けたホームレスの人について利用申請を受けて、入力作業や連絡調整をします。また、不動産業者や家具家電店との連絡調整や初期費用の支払いをします。

【2】ホームレスの人のヒアリング
サイトや冊子を見てビッグイシュー基金を訪れたホームレスの人から、生活状況をヒアリングします。フォーマットに沿って「収入がどのぐらい減ったのか」「居住はどうなったのか」「入居後の家賃をどうするのか」「生活保護を利用するか」「就業支援を受けるのか」などを聞き取り、必要な社会資源につなげます。

【3】支援に関連する各種業務
生活保護や就業支援を行なう行政の窓口への同行、収入を得るための雑誌販売の紹介、引っ越しの手伝いなど。また、プロジェクトの報告書も作成。英語での文章作成ができる方には、助成金元の米国コカ・コーラ財団に提出する報告書の作成をお願いします。
応募資格 <学歴・ブランク不問。職種・業種未経験者、社会人経験10年以上の方、歓迎!>
■パソコンで文字入力ができる方

<以下の方は、なお歓迎します!>
◎居住支援の経験のある方
◎WordやExcelを扱える方
◎不動産業界での実務経験をお持ちの方
◎英語で文章作成ができる方
募集背景 <新規プロジェクトの発足に伴う増員です!>
米国The Coca-Cola Foundation(コカ・コーラ財団)より、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、仕事や住居を失った人々を支援するための資金として、50万ドル(5357万3500円)の助成を受けました。そのことで「おうちをあなたに―コロナ困窮者の住宅確保応援プロジェクト」が発足。ビッグイシュー基金が事務局の役目を担い、東京・大阪などでホームレスの人を支援する市民団体と連携しながらプロジェクトを進めることになりました。そこで事務局運営を手伝ってくださる新たなメンバーをお迎えします。
雇用形態 パート・アルバイト
※試用期間はありません!
勤務地・交通
■事務局本部/大阪府大阪市北区堂島2‐3‐2 堂北ビル4階
■東京事務所/東京都新宿区水道町4-28 JC江戸川橋ビル2階
※希望の勤務地を選べます。転勤もありません!
※必要に応じて在宅勤務OK!
交通
■事務局本部/大阪市高速電気軌道四つ橋線「西梅田駅」より徒歩4分
■東京事務所/東京メトロ有楽町線「江戸川橋駅」より徒歩5分
勤務時間 10:00~19:00(実働8時間)
※残業手当は全額支給します!
給与 時給1300円
休日休暇 ■シフト制(月9~12日)
福利厚生・待遇 ■交通費全額支給
■社会保険完備(雇用・労災・健康・厚生年金)
■残業手当
■社内禁煙
■私服勤務OK
■副業OK
入社後の教育 ホームレス支援の基本知識や活動内容についてのレクチャーを行ないます。入社後はまずそれを受けていただき、その後はプロジェクトに従事し、協働団体とやりとりをしたり、資料を読み込んだりしながら、実務を覚えていきます。また、大学の教授やNPOの代表などの専門家と一緒に、住宅問題やギャンブル依存症など、ホームレス問題に関わる社会問題に対して研究・調査も行なっています。過去の報告書などから社会問題や貧困問題の理解を深めることができますし、プロジェクト終了後もそうした調査・提言活動にもご参加いただけるかもしれません。
配属部署の紹介 職員は、現在7名(女性3名・男性4名)。30代~40代が中心のチームです。前職で子どもを支援するNPO法人や病院などで働いていた方もいれば、現在も病院や社会福祉施設で働いている方、カウンセラーの方、自分でTシャツショップを経営している方などが、パート・アルバイトとしてビッグイシュー基金の活動に参加しています。「ホームレスの人が販売する雑誌『ビッグイシュー日本版』を知っていて、自分も活動に関わりたいと思った」「専門家などと進めるギャンブル依存症や住宅政策などの調査・提言活動に興味を持った」など、ビッグイシュー基金の活動に共感して入社したスタッフが多いです。
転職・求人情報イメージ1
路上生活を脱出された人は、ホームレス日本代表サッカーチーム、英語クラブ、ダンスチームなどの活動を通して生きがいや夢を見つけています。
転職・求人情報イメージ2
空き家を活用したステップハウスの運営や、ギャンブル依存症や住宅政策問題の調査・提言など、多彩な活動を行なっています。

プロフェッショナル取材者のレビュー

動画でCheck! 職場風景
取材から受けた会社の印象

ビッグイシュー基金の母体は、有限会社ビッグイシュー日本。イギリスで発祥したホームレスの人や生活困窮者に「雑誌販売」という仕事を創る社会的事業を展開し、日本では2003年に第一号創刊。路上で販売すると定価の50%以上がホームレスの人や生活困窮者の収入になります。その活動を通して「自立には就業を含めた総合的なサポートが必要だ」と、2007年に非営利団体ビッグイシュー基金を設立。2008年にNPO法人の認証を受け、支持者からの寄付で運営しています。

現在路上で生活する人の数は3992名(厚生労働省2020年度調査)で13年前より8割減少。一方で、いわゆるネットカフェ難民は都内だけで一晩4000名と推計されています(2018年東京都調査)。統計に現れない「見えないホームレス」を合わせると甚大な数の人が不安定な場所で夜を過ごしています。そんな人を本気で支援したいという気持ちが最も求められています。

この仕事のやりがい&厳しさ
やりがいホームレスの人が、住居を得て、収入を得て、生きがいのある生活をつづけていく。その支援ができたときに大きな喜びを感じるそうです。また、社会問題や貧困問題について最前線で解決に取り組む市民団体の方や、1000名にも及ぶボランティアの方との出会いによって、多くを学べるとのこと。このつながりからあらゆるアイデアがひらめくようになり、貧困問題や社会問題の解決に一層貢献できるやりがいを感じているそうです。
厳しさ支援したくても制度の限界などで難しいケースがあります。たとえば、行政が生活保護や就労支援の対象外と判断した場合。また支援の対象となっても、孤立や依存症などが原因で、結果的にホームレス生活に戻る人がいらっしゃる場合もあるそうです。「何かしてあげたい!」という気持ちだけでは、上手くいかないことも少なくなく、現実的な支援を模索することが必要です。
この仕事の向き&不向き
向いている人NPO法人の仕事に熱意を持って取り組める方に向いています。また、様々な社会問題や貧困問題を解決する制度や仕組み、支援を受けることができる条件について学び、できることとできないことを学ぶ意欲のある方が活躍できます。
向いていない人感情移入しすぎる方には向いていないかもしれません。あるべき支援の理想と、実際の結果にギャップがあることもあり、特定のホームレスの人に感情移入しすぎると、「わかりあえない」「思い通りにいかない」といった理想と結果の狭間で悩んでしまうことになります。

会社概要認定NPO法人ビッグイシュー基金

設立 2008年9月
代表者 共同代表/稲葉剛、枝元なほみ、米本昌平
資本金 NPO法人のため、資本金はありません。
従業員数 7名(2020年8月現在)
事業内容 ■ホームレスの人たちを中心に困窮者の生活自立応援
■ホームレス問題解決のネットワークづくりと政策提案
■ボランティア活動と市民参加
事業所 事務局本部/大阪府大阪市北区堂島2‐3‐2 堂北ビル4階
東京事務所/東京都新宿区水道町4-28 JC江戸川橋ビル2階
企業ホームページ https://bigissue.or.jp/

応募・選考について

入社までの流れ
STEP1
Web履歴書による書類選考
STEP2
面接1回(Webでも来社でもOK)
STEP3
内定
※ご応募から内定までは2週間以内を予定しています。
※ご応募から最短で1ヶ月以内の入社が可能です。
※面接日や入社日はご都合に合わせますので、お気軽にご相談ください。
※面接はWebか来社のお好きなほうをお選びいただけます。
応募受付方法 当ページの応募フォームよりご応募ください。確認後、こちらからご連絡します。
面接地 事務局本部/大阪府大阪市北区堂島2‐3‐2 堂北ビル4階
東京事務所/東京都新宿区水道町4-28 JC江戸川橋ビル2階
連絡先 事務局本部/大阪府大阪市北区堂島2‐3‐2 堂北ビル4階
担当採用担当
TEL06-6345-1517
個人名の表記について
企業に1週間だけあなたのパーソナルシートが公開されます。企業から、応募のお願いや、レジュメ入力リクエストが届く可能性があります。
エン転職は、世界一 信頼性の高い求人情報を目指しています。
エン転職は、求人企業が発信する情報にエン転職取材担当、中山の取材によるコメントを加え、さらに元社員や現社員からのクチコミ情報など多角的な情報を収集し、より信頼性の高い求人情報を提供しています。
もし、求人情報の掲載内容と事実に相違があった場合はエン転職事務局までご連絡下さい。調査の上、対応いたします。入社後に判明した相違点についても、情報をお寄せください。